徳川家

戦国屈指の鬼姑が家康も信長もキレさせる? 築山殿の哀しくてジェラシー

織田信長には濃姫

豊臣秀吉には寧々

あるいは武田信玄には三条夫人伊達政宗には愛姫など、戦国時代の英雄たちには著名な奥さんがおられますが、肝心の徳川家康ってどうでしょう?

フィクションでもあまり表に出ない……。

否。大河ドラマ『おんな城主 直虎』をご覧になられた方はピンと来られたかもしれませんね。

菜々緒さんが演じた築山殿

非常に凛とした、旦那の阿部サダヲ家康との対比が印象的で、劇中でもなかなかの存在感を放っておりました。

本日のワル査定は彼女に注目です!

 

義元の姪 今川家のお嬢様だった

江戸幕府を開いた家康の正妻・築山殿――。

さぞかし華やかな経歴だろう、と思いきや、実は生年や本名共に不明です。

築山殿/瀬名姫(家康の正室)は重たい女? 最後の手紙と殺された理由

続きを見る

岡崎城郊外の築山に幽閉されたことから『築山殿』と呼ばれる場合があります。

他にも「駿河御前」や「瀬名姫」など色々な呼び方がありますが、ここは「築山殿」でいきましょう。

彼女は通説だと今川義元の姪。

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

井伊直虎井伊直政のことが書かれた『井伊家伝記』等では井伊直平の孫にあたり、今川家に養女として入った後、家康と結婚したという説もあります。

井伊直虎46年の生涯まとめ!強国に翻弄され“おんな城主”として生きた道

続きを見る

井伊直政―赤鬼と恐れられた42年の生涯まとめ【徳川四天王 参之太刀】

続きを見る

今川家は、将軍家にも連なる名家ですから、そのお嬢様となれば徳川家(当時は松平家)にとっては悪くない話です。

家康との間には一男一女をもうけましたが、では築山殿はどんな人だったの?

というと色々とボロクソに書かれております。

・生得悪質、嫉妬深き御人也

・其心、偏僻邪佞にして嫉妬の害甚し

性格悪くて嫉妬深い――ってことですね。

伝承でも「家康のお手つきで妊娠した女中を裸で木にくくりつけた」なんて恐ろしい話が残っております。

ただし、彼女の生涯を見てますと、かなり可哀想な経緯を辿っているのです。

 

親は自害に追い込まれ夫とも離れ

築山殿の運命の歯車は【桶狭間の戦い】から狂い始めました。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

今川義元が織田信長に討ち取られると、夫の家康は、妻の実家である今川を見限り岡崎城へ入城。

さらに織田と軍事同盟を結んでしまいます。

これにキレたのが新当主・今川氏真(祖母・寿桂尼)。築山殿の親は自害に追い込まれてしまいます。

今川氏真とは?人質だった家康を頼り 親の仇・信長に蹴鞠を披露する不思議

続きを見る

寿桂尼(義元の母)は信玄にも一目置かれた今川家の女戦国大名だった

続きを見る

彼女と2人の子供は、徳川と今川の人質交換によって、生かされました。

ほどなくして夫・家康の元に戻るワケですが、姑である「於大の方(おだいのかた)」と折り合い悪く城に入れてもらえません。

於大の方(家康の母)はなぜ家康を産んですぐに離縁? 75年のその生涯

続きを見る

尼寺での幽閉生活を強いられ、永禄10年(1567年)、息子の松平信康が織田信長の娘・徳姫と結婚した時もまだ城外生活でした。

3年後の1570年。

ようやく城に入れてもらえたと思ったら、夫の家康は浜松へお引っ越し。

息子・松平信康と岡崎に残った築山殿でしたが、嫁の徳姫とも折り合いがよろしくありませんでした。

松平信康(家康の長男)はなぜ自害へ追い込まれた? 謎多き諸説を考察

続きを見る

亀姫(家康の長女)の激情生涯~母は殺され兄は自害で本人も毒姫に?

続きを見る

まぁ、徳姫の父・信長が、今川義元を討ち、その余波で彼女の親も自害することになったんですからね。

湧き出る負の感情を抑えられなかったのかもしれません。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家
-,

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)