歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ

武田・今川・北条の同盟崩れ、モブ氏政は泣き崩れ 氏真は愛妻と一緒に逃避行 【戦国boogie-woogie】vol.16

更新日:

【モブ】って一体なんなの?
編集部内の一部オジサンからも疑問が出ましたので先に解消させていただきますが、モブとはマンガに登場してくる名も無き群衆などの脇役を指します。
たとえば、『はじめの一歩』の試合で、観客席に同じ顔した方たちが多数おるじゃないですか。アレです。
当連載では、その実績から現代も評価が低い北条氏政さんがモブ的位置づけとして連載12回から登場しておりまして、相模の獅子と恐れられた父・氏康との良い対比を見せてくれてます。
その真骨頂がいよいよ発揮されるのが、秀吉の小田原攻め前に最も北条家が大きく揺れた甲相駿三国同盟の崩壊。
今川家の娘が武田家へ嫁ぎ、北条家の娘が今川家へ嫁ぎ、武田家の娘が北条家へ嫁ぐ――その関係が今川義元の死によって崩れたときですね。
奇妙なことに、この3家の跡取り息子(義信・氏政・氏真)たちと嫁たちは、合戦好きのメチャ悪親父(信玄・氏康・義元)たちの険悪な関係がウソのように仲がよく、そのせいで様々な悲劇が生まれていきます。
本日はその第三弾。氏政とその嫁・黄梅院に起きた悲劇にスポットが当たります。
では、ご覧あれ~!

 

信玄の駿河侵攻に対しブチギレと冷静のあいだ

20140614アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆1541年に父・信虎を今川義元のもとでムリヤリ隠居させた武田信玄は、その後、1554年に北条家と今川家の争いをまとめながら甲相駿三国同盟を締結。しかし、1560年に桶狭間の戦いで今川義元が首をとられると、この関係は徐々に、そして一気に瓦解する。1567年、武田信玄は徳川家と「今川領を東西半分コにしよ♪」と話をつけ、駿河へ攻めこむのである。その直前に、自身の嫡男・義信を始末したのは前回ここで報じた通り。かくして不本意ながらも、三国の複雑な争いに巻き込まれていくのが、北条氏政だった・・・。

 

スポンサーリンク

私、氏政の嫁・黄梅院 信玄の娘でもあるけど何か?

20140614アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆戦国最強と恐れられた武田信玄の娘ってどんなんだったんでしょうかねー。氏政もいっぱしの武将であるはずですが、家格から言えば正規の守護大名だった武田家には劣り、その分、男ならばコンプレックスを抱えてしまってもおかしくない場面ではあります。「私、信玄の娘よ」なんて態度でいられたら、そりゃ腹も立つってもんでしょう。
しかし、実際の2人は夫婦仲が良かったと言われており、信玄の娘であり氏政の嫁でもあった黄梅院さんがかなり頭の良い女性だった気がしてきますね。どうしても、氏政の能力が高くてその魅力に黄梅院が惚れまくったとは思えないところ・・・それがモブ氏政。

 

信玄来たら裏切り多数でソッコー陥落

20140614アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆武田家が駿河へ侵攻したとき、北条家からは氏政率いる援軍が出されました。今川領が武田家のものとなれば、当然ながら北条家への圧力も増し、信玄の強大化だけは絶対に避けねばならなかったのです。
しかし!
義元の死後を継いだ氏真さんが、これまたけったいな風流人でありまして。和歌は1000首以上も詠み、貴族のたしなみ蹴鞠も大変お上手だったとか。現代における今川義元が貴族イメージなのは、この氏真さんの影響も多少はあるかもしれません。ないか。
いずれにせよ、こんな氏真さんですから、家臣団の心は離れていき、いざ、合戦をしようにもそのたびに裏切り者が出て、ほぼ戦わずして敗戦に次ぐ敗戦。そして流れ着いたのが・・・。

 

スポンサーリンク

おまえら、ほんと、お気楽だな!

20140614アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆「タイタニック、やってんじゃねーよ! オレの嫁を返せ!」byモブ
このビジュアル系氏真さんを見ていると、ほんと女のヒモで食ってるビジュアル系バンドマンですよねー。ハタから見てる分には、「あはは、バカだな、コイツら」で済みます。
しかし、甲相駿三国同盟の崩壊により、実害を喰らった方はたまったもんじゃありません。
信玄のもとへ送り返された黄梅院は、その後、心を病んだ挙句に出家したとも言われ、27才で亡くなります。先ほどの「マサちゃんは悪くないよ 悪いのはパパ」という冷静な言い回しは、彼女なりの強がりだったんでしょうかね。だとしたら涙が出てきます。
てか、モブキャラらしからぬ怒りに震える氏政さん大号泣!
今後、彼らの運命はどうなっていくか――。

漫画・アニィたかはし




スポンサーリンク


書籍版『戦国ブギウギ』です!




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-まんが戦国ブギウギ
-, , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.