歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ

大河ドラマで黙殺された官兵衛非道の鳥取城渇え殺し! 吉川経家は首桶と共に…【戦国Boogie-woogie Vol.62】

更新日:

戦国史上、最も過酷な合戦は?
と問われたら、多くの方が「関ヶ原」や「川中島」あるいは「三方ヶ原」を挙げるかもしれない。
なるほど、いずれの合戦も多くの国や家、ツワモノたちが己の命を賭して戦場へ出向いただけに、その中身はたしかに壮絶なものであっただろう。
しかし、過酷というのは、なにも兵士vs兵士による命の奪い合いだけとは限らない――。
2014年の大河ドラマは、ご存知、『軍師官兵衛』であった。
豊臣秀吉の軍師・黒田官兵衛の立身出世を描いたものだが、その途中、画面上から完全に抹殺されたエピソードがある。
「鳥取城渇え殺し」
数千人もの城兵や農民たちが飢えに苦しみ、餓死者も多数出たという日本史上まれに見る残酷な戦い。その中身は、NHKの放送には耐え切れないと判断されたのであろう。
はたして秀吉と官兵衛が敢行した、「鳥取城渇え殺し」とは???

 

城主を追い出し毛利に頼り、やってきたのが経家さん

20150502アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆そもそも鳥取城はなぜ秀吉に囲まれたのか?
それは1581年、織田軍(秀吉)の西進に対して鳥取城主の山名豊国が降伏しようとしたところ、家臣の森下道誉・中村春続に追放されてしまったからです。この両者は毛利を頼り、その結果、吉川元春の命で派遣されてきたのが吉川経家だったのです。※吉川晃司じゃござーせん。
吉川経家さんはすでに悟っていたのでしょう。城へ出向くときには首桶も持参していたとされ、ここから経家も含めた鳥取の悲劇が始まるのです。

 

スポンサーリンク

米はない! 高かったから売っちゃったの(・ω<)

20150502アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆鳥取城を攻める前、秀吉と官兵衛は隣国の商人を使い、米を買い漁りました。相場の何倍だったかは不明ですが、かなりの高値だったのでしょう。
城兵たちはモノの見事に策略に引っかかり城内の米も売却。
秀吉軍に囲まれたとき、すでに備蓄米は平時の3ヶ月分しかなかく、実際には戦時だったため、1ヶ月分ほどしか残っておりませんでした。なぜなら周辺の農民たちも逃げ込んできたからです。
官兵衛と秀吉に米を高値で買ってもらい、それが何倍もの仕打ちになって帰ってきたんすな・・・。
酷い・・・、というか経家さんが悲惨すぎるでしょ。

 

THE TOTTORI HAZARD 1581

20150502アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆三木城のときと同様、秀吉と官兵衛は鳥取城に対して徹底的に「付城」作戦を進め、水路・陸路からの補給を遮断!
みるみるうちに飢えていった鳥取城では、親兄弟も関係なく死者の肉を漁るほどの地獄絵図になったと伝えられております。
大河ドラマで流さないワケですな。
でもね、史実は史実として伝えるべきだと思うんですよね。誰だってこんなことは二度と望んでいないわけで。もし俳優たちのイメージに配慮した演出だとしたら、残念の極みでございます。

 

スポンサーリンク

これぞ武士の鑑!? 吉川経家の最期に誰もが男泣き

20150502アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆援軍もままならず、死者の肉を喰らいあう惨状の中、究極まで粘った吉川経家さんですが、結局、降伏の道を選びます。
1581年10月。6月の開戦から実に4ヶ月間、真夏の包囲網に耐えた精神力は驚くべきものがございます。
降伏の条件は、城兵の命と引き換えに責任者たちが切腹――。
というもので、後の清水宗治さんとソックリな状況ですが、少し事情が違ったのは、このとき信長と秀吉は吉川経家の命を救おうとしていたことでしょう。当初、切腹までは言っていなかったのです。
ところが、経家さんは秀吉からの降伏勧告に対して首をタテにはふらず、自身が責任を取るとして腹を切ったのです。その後、首は信長の元へ送られ、丁重に葬られたとか。
ひるがえって現代。臭いものにフタをしてしまった結果、その中に埋もれていた美談まで腐らせてしまったとしたら、やはり国民的ドラマとしては反省すべき点ではないでしょうか。
ちなみに、経家の子孫はその後、鳥取藩池田家の家臣として江戸時代を通して現代まで残っており、笑点の前司会者(桂歌丸さんの前)・五代目三遊亭圓楽さんがその血筋だったと言います。

 

漫画・アニィたかはし




スポンサーリンク


戦国ブギウギの新刊です!




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.