まんが戦国ブギウギ

清正と行長の対立は天草から始まっていた!まんが戦国ブギウギ109話

25万の豊臣軍による九州征伐の後、秀吉によって肥後の国統治を任された佐々成政

佐々成政
信長の側近から秀吉の反逆者へ! 佐々成政の悲運な生涯53年まとめ

続きを見る

秀吉の陰謀だったのか。

それとも読み通りだったのか。

成政が国人たちに一揆を起こされ、その責で自害をさせるや、

肥後国人一揆で成政が切腹! それは秀吉の政治的策略だったのか?

続きを見る

肥後国統治の後任として遣わしたのが加藤清正小西行長であった。

秀吉子飼いの中でも武闘派の筆頭として知られる清正と、もともとは商家の出で武力よりも外交力で知られる行長。

両者の衝突が、避けられるハズもなかったのである――。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

エリート意識

◆もしも肥後を加藤清正と福島正則に治めさせていたら、豊臣政権はどうなっていたのだろう――。

そんな妄想を抱いてしまうほど、この配置はマズかったのでは……と考えさせられてしまう清正と行長の肥後統治でした。

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

小西行長(秀吉配下の戦国商人)とは? 豊臣政権で出世できた現実的な理由

続きを見る

バランス感覚に長けた秀吉が、両者の資質を見抜けないなんて考えにくいですし、それとも反りが合わないと知っていたからこそ、同じ場所で競わせたんでしょうか。

 

取り次ぎ

◆九州を制圧し、ほとんど天下人となっていた秀吉さん。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

いつの時代も権力というのは人の判断能力を奪ってしまうのでしょう。

怖いです。不安です。三成が危険です。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが戦国ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)