まんが戦国ブギウギ

進め清正亀甲車!小西は呆れて厭戦モード まんが戦国ブギウギ121話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
マンガ戦国ブギウギ121話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次


婿舅

◆文禄の役が始まる前に、朝鮮との交渉を請け負ったのが、対馬の宗氏(宗義智・よしとし)。

秀吉からの強硬的な要求を改変し、穏便にコトを進めようとして失敗、結局、合戦へと発展してしまいました。

これには西行長も協力しており、互いの努力は水泡に帰するのですが、行長の娘・マリアを妻とし、両者の関係は深まるのでありました。

小西行長
商人から戦国武将へ なぜ小西行長は豊臣政権で大出世できたのか?

続きを見る

秀吉からの圧迫と朝鮮への出兵で、両者の苦悩はハンパじゃなかったでしょうね……。

※宗義智は関ヶ原でも行長と同じく西軍に属しますが、朝鮮との交渉役としての立場もあり、徳川政権下でも所領は安堵されます。何か一つ特技があると強いすね

 


新兵器

◆亀甲車(きっこうしゃ)とは何ぞや?

国史大辞典によりますと「簡単な木製の四つ車の上に生牛の皮を覆って作り、その覆のなかに軍士が入る構造」とあります。

後に、日本で活躍したという話を聞かないことから、さほどの効果はなかったんでしょうね……。

なお、このとき清正が合戦を強硬したため、明との講和を進めていた小西行長・石田三成との仲違いが決定的となり、後の両者の関係に大きく影響したとされます。

秀吉が自ら朝鮮入りして、陣頭指揮をとっていればこんな事態にならなかったんでは?

とは思うのですが、このとき家康に止められ、現実にはそうなりませんでした。

家康、やっぱり老獪ですね。


あわせて読みたい関連記事

豊臣秀吉
豊臣秀吉のド派手すぎる逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

徳川家康
史実の徳川家康は三度の絶体絶命をどう乗り越えた?天下人の生涯75年

続きを見る

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ


 



-まんが戦国ブギウギ

×