まんが日本史ブギウギ

【斬新日本史マンガ】トラブル続きの平安末期 保元前夜はどうなってるの?

平安末期に頻発した武力衝突。
例えば前九年の役やら後三年の役などは、その最たるものであり、主に源氏が台頭してきた戦いでもある。

平将門の乱藤原純友の乱が一過性のもので終わったのに対し、東国における大きな歴史の流れが作られた。

その一方、もっと相関図が複雑で、前者のような反乱や戦いでもなく、政争の要素が強いのが
・保元の乱
・平治の乱
であろう。

両戦い、とにかくややこしい。
大切なのは、キャラを掴むことであり、それには漫画が最適。

ってことで、マンガ「日本史ブギウギ」、第64話、スタート!

 


頼長台頭

 


後継者問題

 

魂胆

 


悲壮な決意

 

清盛登場

 


池禅尼(いけのぜんに)

 

鎮西八郎

 


機は熟した


あわせて読みたい関連記事

前九年の役
前九年の役で源氏が台頭! 源頼義と義家の親子が東北で足場を固める

続きを見る

後三年の役
後三年の役~頼朝の高祖父・義家を武士のシンボルに高めた戦いとは?

続きを見る

保元の乱
保元の乱はまるで平安時代の関ヶ原! 対立関係を把握すればスッキリ

続きを見る

平治の乱
平治の乱で勝利を収めた清盛の政治力~源平の合戦というより政争なり

続きを見る

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

TOPページへ


 



-まんが日本史ブギウギ

×