まんが日本史ブギウギ

忠邦の賄賂が平八郎の爆死へつながり幕末へ!まんが日本史ブギウギ205話

生活に困窮する民衆を救うために起きた大塩平八郎の乱

乱自体は、半日程度で終わりますが、元役人が武装蜂起したこともあってか、歴史の授業でも割と大きく取り扱われます。

江戸幕府の崩壊というか。

幕末乱世の予兆というか。

長く平和が続いた江戸時代もいよいよ制度疲労を起こし、カオスへ向かう。

その始まりは水野忠邦とも言えるかも……ということで、マンガ『日本史ブギウギ』第205話は水野忠成とのやり取りからスタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

猟官運動

◆【天保の改革】で知られる水野忠邦さん。

猟官運動、つまり賄賂で出世を果たすわけですが、この水野忠成(ただあきら)さんが凄まじい賄賂大好き老中首座でした。

 

藩主独断

 

残された人々

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ