ゴールデンカムイ特集

『ゴールデンカムイ』ファン必読の関連書籍3冊レビュー!重い読後感の先に

投稿日:

連載が始まってからというもの、日の出の勢いの『ゴールデンカムイ』。

決して大げさな表現ではなく、アシリパが大英博物館の展示ポスターに選ばれるほどであり、その評価はうなぎのぼりです(TOP画像)。

◆大英博物館で日本漫画展「Manga マンガ」開催 シンボルは『ゴールデンカムイ』のアシリパさん - ねとらぼ

物語もクライマックスを迎える最中、ファン必読の書籍も刊行。
今回は、その中からオススメの3冊を紹介させていただきます。

※アシリパの「リ」はじめ、アイヌ語表記とは異なる部分がございます。ご了承ください。

 

『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』

アシリパの表紙が美しい一冊。

それが『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』です。

本書については、この一言で終わります。

「ゴールデンカムイファンなら読め! 以上!」

読めば読むほど、あの作品が楽しくなる、そんな必読の書。
これで終わらせてもよいところですが、具体的にドコを読むべきか、ファン以外にも価値はあるのか、併せて解説したいと思います。

アシリパの斬新性

中川氏も指摘しておりますように、アシリパというヒロイン像はかなり斬新だと思います。

読者ならばご理解いただけるでしょう。
彼女は従順性があるヒロインではありません。

比較対象として『サムライスピリッツ』のナコルル(アイヌの巫女)がわかりやすいかと思います。

 

ナコルルの特徴は、こんなところです。

・性格は聖なる巫女タイプである
・動物を含め、殺しを好まないように思える
・言葉遣いは丁寧であり、いつでも穏やかな口調だ
・表情は柔らかいことが多く、おしとやかなタイプに見える
・合理的というよりは情緒的

紫ナコルルといったバリエーションやパロディは、ここでは横に置きまして。
これはどうも、こう言いたくなってしまうのです。

あ、アシリパが格闘ゲームキャラクターとして高性能である点も、ここでは関係ありませんからね。

ナコルルは、こんな存在ではないでしょうか。
【マジカル・アイヌ】

元となる言葉は【マジカル・ニグロ】です。

◆「マジカル・ニグロ」、米ハリウッド映画に見る人種差別問題

マジョリティにとって都合良く、優れた才知があっても、あくまで手助けとなるだけであり、歯向かわない。
彼らは賢く敬愛されていないから、差別じゃない。
そういう言い逃れも通りかねません。

しかし、そういうものでしょうか?
それでいいのでしょうか?

ナコルルだって、人気キャラクターではあります。
しかし、だからといって平等な扱いをされたアイヌであるか。そこは議論の対象となるものでしょう。

ところが、アシリパは結構なバッドガール。
罠や弓矢で獲物を仕留め、杉元や白石が引くほどの残酷さで、淡々と食材にしてしまいます。

おまけに、ネタバレとなるのでここでは触れませんが、彼女には秘めた目的があるかもしれないのです。
時に狡猾であり、相手を騙し抜く手だって持っています。

無邪気で可愛い少女かって?
そりゃ違うでしょ!

この違いは、ディズニーにおけるポカホンタス、メリダやモアナの変化にも通じるものがあります。

 

心優しいナコルルやポカホンタス。
それに対して、アシリパ、メリダ、モアナは武器を持って立ち上がり、不敵な笑みを浮かべて困難へと立ち向かってゆきます。

 

スポンサーリンク

アイヌは魔法の世界に生きているのか?

そんな強くたくましく、思考回路は徹底してクールであり、合理的なアシリパ。
その源流が、本作からはみえてきます。

読めば読むほど、脳内にあったぼんやりしたアイヌ像が消えてゆくのです。

アイヌは自然を愛していて、傷つきやすく、繊細。
そんなエコロジスト的なイメージが、ぼんやりとある方も多いと思います。私もそうでした。

しかし『ゴールデンカムイ』のアイヌは違いますよね。

あの漫画は、鶴見や尾形を筆頭にして、どこか二面性があり、策略に長けている人物が多数出てきます。

アイヌも、この中に入るでしょう。
アシリパの父であるウイルク、キロランケ、インカラマッ。
どこか二面性があり、信頼してよいのかと疑ってしまいたくなる、そんな人物が多いものです。

まだ幼いエノノカだって、そろばんをパチパチと弾いて計算することに余念がありません。
彼女は鯉登あたりより、計算高いかもしれない。

これが、本作が【マジカル・アイヌ】を否定するところではあるのです!

ただ、それは野田先生の意識だけが作り上げたものではない、そう思えて来ます。

本書で解説されるアイヌの知恵は、合理性に満ちています。
厳しい自然の中、狩猟をして生きていくからには、それもその通りだと頷けるのです。

むしろアシリパは、感傷的になる杉元を嗜めることすらあるほど。
それも、アイヌの生き方だったのだな、と深く頷いてしまうのです。

エコロジカルで魔法の世界を生きる、そんなふうにアイヌを定義したいのは、和人の驕りではないか? 高慢さではないか?
そう深いところまで感じられて、もう圧倒されるばかりです。

そして、合理性と知恵だけではない、別の何かもそこにはあります。
敢えて言うのであれば、それが【カムイ】かもしれません。

なぜ、野田先生はこの作品を描いているのだろう?
なぜ、中川先生はこの作品の監修者なのだろう?
なぜ、私たちはこの作品を読み、こんなにも感動しているのだろう?
それはただの偶然ではなくて、何かの力によるものなのでは?

そんな力も、本書からは伝わって来ます。

 

野田先生の考証と創作テクニック

野田先生がいかに気を使っているか。その一方で、大胆に踏み外しているのか。
そこも、本書でわかってきます。

彼の作風はこれですね。
【わかった上で踏み外す】

アイヌ関連の説明は、本書にお任せするとして、一例として、鯉登関連をあげておきましょうか。

・攻撃時に「チェスト!」と叫ばない

興奮していると毛筆手書きでざざっと書いてあるため、わかりにくいのですが「きえー!」です。
これは考証的に正解。
フィクションでは「チェスト!」と叫びながら攻撃する描写が多いものです

考証的に正解である「自顕流の猿叫」

 

考証的には不正解でありながら、採用されることが多い「チェスト!」

・ただし、常にキエエエエ!と叫ぶのは、ただ彼の性格が残念だから

薩摩隼人が怖すぎる!ドリフターズやゴールデンカムイなどで強烈すぎる彼らを検証

正解をわかったうえで、外す。
そんな創作テクニックがわかります。

「チタタプ」や「ヒンナヒンナ!」の正しい意味は使い方もありますから、これはもう読まなきゃね!

そうそう、本作でも紹介されているアイヌ料理は、東京・大久保の居酒屋「ハルコロ」で味わえます。
一度訪れてみてください。

 

スポンサーリンク

『アイヌ民族否定論に抗する』

『ゴールデンカムイ』は、悲惨で哀れなだけではない、強くたくましいアイヌの物語です。それはその通りです。
しかし、歴史の暗い側面を描いていないわけではありません。

アシリパはじめ、アイヌの人々には和人からの収奪と差別がつきまとっています。
杉元のような和人が違うとはいえども、和人全体からの暗い力はあるものなのです。
その歴史こそが、ウイルクやキロランケの動機でもあります。




スポンサーリンク


それは明治時代の過去で終わったことなのでしょうか?
そんなはずはないのです。

次のページへ >



-ゴールデンカムイ特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.