歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

いだてん特集

最後の箱根駅伝 ゴールの先には戦場が…幻の第22回大会(昭和18年)を振り返る

更新日:

昭和18年1月5日

昭和18年(1943年)の元旦、箱根は曇り空でした。
冬らしい暗い空からは、雪がちらついていました。

そして1月5日――。

大会当日は快晴。参加できたのは11校のみ。
伴走自動車は禁止され、自転車やサイドカーのみが許可されました。

朝七時半、選手たちは全員靖国神社に参拝します。ミッション系の学生もおり、誰もが複雑な胸中だったことでしょう。
参拝後、選手たちはトレーニングウェア姿となり、スタート地点に立ちました。

長距離ランナーは小柄で細身であることが多いものですが、がっちりとした大柄な選手も混じっていました。
前述の通り、投擲選手も参加していたからです。
駅伝初参加という選手もいました。

彼らの顔は神妙な面持ちでした。
この大会を最後に死ぬ覚悟を固めた者もいれば、出征したチームメイトに捧げる気持ちを持つ者もいました。

「ヨーイ、ゴ−!」
合図とともに、選手たちは飛び出しました。

寒空の中、栄養すらろくに取れない、練習すら満足にできない、死の予感すら隣り合わせの選手たち。
それでも走り出した彼らの胸には、駆け抜ける爽快感と喜びがあふれたのです。

 

スポンサーリンク

箱根路のドラマ

しかしスタートして、いったん走り出せば、そこにあるのは箱根駅伝のドラマでした。

走った者しかわからない、特別な大会。
毎年正月に繰り広げられたあのドラマが、昭和18年の新春にも繰り広げられます。

全力で走れた者。
ペース配分に失敗した者。
追い抜く者、追い抜かれる者。
山を登り、坂を下る。

抜きつ抜かれつのドラマが、この年も繰り広げられました。
沿道につめかけた応援の人々も、この日ばかりは戦時下の暗い世相を忘れ、歓声を送ります。

伴走する車も、大変です。
木炭車や自転車では思う様に併走できません。何台もの木炭車が途中で止まってしまいました。

レースは日本大学、慶応大学、法政大学の三つ巴の争いとなりました。

ゴールもスタートと同じ靖国神社です。
激しい争いを繰り広げながら、最後のたすきを受け取った選手たちは、ゴールを目指しました。

真っ先にゴールしたのは……日本大学でした。
二位が慶応大学、三位が法政大学。
参加した11大学が、見事最後までたすきを繋いだのでした。

このときの大会は、チームメイトだけではなく、参加者全校の選手がゴールした選手を出迎えました。
最下位の青山学院大学は首位から3時間近く遅れ、日没近くになってゴールしています。

沿道の人々はそれでも歓声を送っていました。
ゴールでは皆があたたかく迎えました。

興奮と感動の最中、選手も監督も、皆ある予感を抱いていました。

これが最後の箱根ではないか――。

この大会が、戦前における日本陸上競技最後の、沈む夕陽の輝きであることを、皆が予感していました。
そしてその予感は当たりました。

出場選手たちは、その年10月には学徒出陣兵として、戦場へ送り込まれます。
そして箱根駅伝大会は、昭和22年(1947年)まで再開されなかったのでした。

 

箱根から、戦場へ

この年、日本の戦況は悪化の一途をたどりました。

それまで猶予されていた学生にまで、召集令状が届くようになり、次々に戦地へ送られていきます。

南洋の密林を彷徨い、餓死した者。
酷寒のシベリアに抑留された者。
特攻隊員となり、偶然から命を拾った者。

戦地にあっても、陸上部の仲間のことや、箱根のことを日記に記した者もいました。
厳しい捕虜生活を生き抜くため、鍛えた肉体が役立った者もいました。

駅伝と違って、彼らの走った道は、必ずしも往復路があるわけではありません。

復路をたどり復員した者もいれば、死へと向かうだけの往路を辿った者もいたのです。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝の復活

昭和20年(1945年)夏、日本は敗戦を受け入れました。

そしてその2年後の昭和22年(1947年)、箱根駅伝は復活を果たします。
その大会には、昭和18年大会を走った選手たちの一部も、参加することができました。

戦地で罹ったマラリアの後遺症の影響を受け、疲労困憊のあまりゴール直後倒れる選手もいました。
それでも、彼らの感慨はひとしおでした。

今度の大会で、ゴールの向こう側に待っているのは戦場ではありません。

ひたむきに走る幸せを、彼らは噛みしめました。
戦争の苦しみから解き放たれ、のびのびと競技を楽しむ若者の姿が、そこにはあったのです。

戦後、昭和18年の大会は正式な大会としては認められませんでした。
戦争と死の影に覆われた同大会は、写真すら残されておらず、参加者も多くを語りませんでした。

コースも異なり、事情もあまりに他の大会とは異なる――そんな昭和18年大会。
参加者たちはやがて重い口を開き始め、開催するのも参加するのも困難極めたあの大会を語り始めました。

地道な活動が実り、正式に認められたのは昭和35年(1960年)のこと。
現在では第22回大会として、記録にも残されるようになりました。

箱根駅伝公式サイト 第22回大会結果

戦争の影に覆われた中、走ることへの情熱と機転で大会を開催し、駆け抜けた若き選手たち。
彼らの思いを知ると、改めて驚かされます。

東海道戸塚宿のマンホール




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
『昭和十八年 幻の箱根駅伝: ゴールは靖国、そして戦地へ』澤宮優(→amazon link

 



-いだてん特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.