歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イギリス公使館焼打事件/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

幕末の訪日外国人たちは日本をどう見てた?銃でも勝てない日本刀にガクブルの日々

投稿日:

煙をモクモクあげながら、接近してくる黒船――。

蒸気船には強力な大砲が備わっていて、強引に開国を迫るペリーら外国人たちは非常に威圧的な印象を受けます。

が、実のところ、彼らも日本側に対して、相当気を遣っていました。

例えばペリーは幕臣相手に酒や料理をふるまい、ハグまでしております。

【関連記事】ペリーの接待術

ペリーのあとに来日した外国人たちも、人種差別感情や高圧的な態度だけを抱いていたわけではありません。
彼らは襲撃に怯えつつ、日本人の価値観を探り、余計な刺激をしないように生活せざるを得なかったのです。

天真爛漫な人々が暮らす、清潔なワンダーランド。
日本人の庶民がそう評価される一方で、彼らは危険極まりない存在も同時に畏怖しておりました。

そうです、SAMURAIです。

【殺すと決めたら必ず実行にうつし、その襲撃を防ぐことは不可能に近い――シゲキスルナ】

外国人が「SAMURAI(サムライ)!」なんて騒いでいると、現代の我々は、
『ったく、大げさ連中だな』
なんて思いがちですが、幕末当時の彼らは本気も本気で怖がっていて、もしかしたらその印象が今も残されているのかもしれません。

本稿では、外国人から見た、開国当初の日本を見て参りましょう。

 

興味津々の庶民たちは、天真爛漫だった

幕末に来日した外国人たち。
まず彼らの目を引いたのは、自分たちに対して【興味津々】と言った様子の庶民たちでした。

礼儀正しい彼らは、外国人と見て罵ったり、何かを投げつけたりするようなこともありません。
おとなしく、好奇心にあふれた様子で眺めてくるだけで、敵意を感じさせたりもしない。
むしろ天真爛漫で、幸福そうにすら見えました。

後に攘夷事件の犠牲者となるアメリカ人通訳・ヒュースケンは、日本の民衆が持つ純真さを愛していました。
自分たち西洋人が、こうした純真さを壊してしまうのではないかと、気に病んでいたほどなのです。

イギリス人画家ワーグマンの描いた日本の庶民/wikipediaより引用

「ハッピーな人々が暮らす、清潔で秩序溢れる国だなあ」
彼らは、そんな好意的なまなざしで、日本を見ていたのですね。

しかし、スグに気づきます。
この国には、恐ろしい者たちがいるということを。

 

スポンサーリンク

「日本のスパルタ教育」すなわち郷中教育

恐ろしき存在とは、すなわち武士階級のことです。

庶民のような天真爛漫さは皆無で、野獣のように危険極まりない。
武士相手に無用な侮辱をしたら、彼らは即座に殺しにかかってきてもおかしくない――。

そんな警告が、外国人たちの間で共有され始めます。

ロシア人は、薩摩藩士についてこう書き残しています。

「幼い時から完全なスパルタ教育を受け(中略)、犬の屍肉を喰らったり、必要もないのに自分の体を傷つけたりする」


※↑映画『300』より、アゴギ=スパルタ教育の場面

 

確かにスパルタ教育と郷中教育には共通点があります。少年を組み分けして、苛烈なまでに厳しく接する点もそうです。
スパルタでは裸足で行動しなければならず、郷中でも冬場での防寒具禁止です。

ともかく理不尽なまでに自らを痛めつけるその姿を見て、
「スパルタ教育がこんなところにあったとは……」
と驚かれたとしても、まったく不思議はありません。

それでも藩に所属しているだけマシで、浪人こそ最も警戒すべきものという認識がありました。
尊皇攘夷をふりかざし、名をあげるために襲撃してくる浪士たち。

彼らこそ最も危険な存在とみなされておりました。

 

サムライソードの恐ろしさ

その武器は美しい。
されど銃よりも恐ろしい――。

来日外国人は日本刀に対しても並々ならぬ畏怖の念を抱き、あるフランス人などは
「ハンマーのような剃刀」
と形容しました。

西洋人にとって、打撃と斬撃が一体化した武器は衝撃的だったのです。

というのも、当時、西洋で用いられていたサーベルは、そこまで威力がありません。

19世紀初頭フランスのサーベル/photo by Rama wikipediaより引用

サーベルは騎兵が馬で走りながら、振り下ろす攻撃手段です。
馬でスピードをつけないと、斬れないわけです。

 

それが日本刀と来たら。
加速動作なしで、いきなり高速で抜いて、斬る。
なんでそんなことできるんだよ、おかしいでしょ!! ホワ~イ、ジャパニーズ、サムラ~イ! って話で。

刀の前では、ピストルが無力であるということも、彼らはよく理解していました。

「ピストルがあればないよりはマシだけど、それよりも相手を刺激してはいけない」
これが鉄則です。

幕末の暗殺事件では、ピストルを構えた相手が発射前に斬られる事件も発生しておりまして。
武士の攻撃ヒット前に、確実に仕留めることは相当難しいものでした。

今でも、外国製のゲームやハリウッド映画にサムライソードはしばしば登場しますよね。
前述のとおり、その恐怖感は、幕末に刷り込まれ、未だ印象に残っているのかもしれません。

ただ、それよりもクレイジーで恐怖の対象が【切腹】でした。

切腹については「堺事件」がことのほか激しく、彼ら外国人も顔面蒼白でドン引きしておりますので、以下の関連記事をご覧いただければと存じます。

堺事件は、生麦事件より生々しい? フランス人にハラワタ見せつけた土佐藩士の意地

 

スポンサーリンク

攘夷を防ぐ心構え

いかに警戒してようとも、攘夷事件がドコで起きるかわからない。
そして遭遇してしまったら、間違いなく殺されてしまう――。

幕末の彼らの記録には、犠牲者の遺体がいかになまなましく切り刻まれているか、詳細に記されております。

場合によって幕府や藩の護衛が随行しましたが、それだけでは不十分。
彼らなりの自衛ノウハウもまとめていました。

・護衛がいる場合はその指示に従う
・単独行動しない
・相手を刺激しない
・ピストルを携行する
・郷に入りては郷に従え、慣習をよく学ぶこと

現代日本でも著名な外交官アーネスト・サトウは、
「日本に行くからには、テロでサムライに斬殺されるかもしれない……」
と本気で覚悟していたそうです。実際、彼自身も何度か危ない目にあっています。

「サムライやローニンが皆殺人マニアだと言う気はないが……彼らは慎重だ。一度殺すと決めたらかなりの高確率でやり遂げるし、その襲撃を察知することは難しい」

って、想像すると相当怖いですよね。
察知できない上に、かなりの成功率でやってのけるテロリストがいる中で、活動しなければいけないのです。

サトウのような、日本に関する知識のある官僚は、対処がうまくできていました。

危険なのは、商人やちょっと観光地感覚で来てしまった外国人たちでして。
その最悪のケースが、生麦事件です。

生麦事件~そしてイギリス人奥さんは丸坊主にされ、薩英戦争から友情が生まれる

彼らはサムライの危険性を意識していませんでした。
ピストルを持つことよりも、集団行動よりも、イの一番に守らなければいけない鉄則。

【サムライを刺激するな】
を守らなかったのです。

サトウのような経験豊富な外国人は、大名行列はもちろんのこと、道で武士とすれちがった、見かけただけで冷や汗をかいていたそうです。
何が彼らの怒りを刺激するかわからない、どこが地雷かわからない。
そういう相手なのですから無理もないですよね。

生麦事件について、外国のメディアは日本の野蛮さを非難し、最終的には薩英戦争にまで発展することになります。

しかしそれだけではなく、
「あの事件は、そもそも自衛が足りないよな」
という冷静な見方もあったのです。

 

攘夷というヘイトクライム

攘夷――。
その思想は日本を席巻しました。

明治維新の立役者はじめ、多数の幕末の人々が傾倒しており、なんとなく悪いイメージはない言葉かもしれません。

しかし「攘夷」という言葉は、本質的には「外国人排斥思想」でありまして。

その中身をソフトにするために、
「日本を植民地化から守るため、愛国の思想だ!」
などとも言われますが、現在の観点であれば「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」や「テロ行為」としか言いようのないものも含まれていたワケです。

そもそも外国勢力が日本を植民地にしたかったのかどうか。
この点については慎重な検討が必要な話です。

実は、攘夷といっても、その中身は「大攘夷」と「小攘夷」があります。

大攘夷:国を強化し、外国と対等になるよう力を付けたうえで、外国からの政治干渉をはねのける
小攘夷:異人ぶっ殺す=ヘイトクライム

「幕末の攘夷とは、反対派を叩き潰す看板である」
幕臣の江間政発は、こう言い残しております。

「小攘夷」はまさにそんな感じですね。
そこに思想はなく、反対派は拳で黙らせればいい。そんな暴力思想です。

【国を思うためであった・相手は奸悪であったから天誅をくだした】といえば、何でも正統化できた。
そういう悪質極まりないものであることも、認識しなければいけません。

 

スポンサーリンク

勝や福沢、五代らも悪弊を指摘

「小攘夷」は百害あって一利なしでして。
外国人殺傷事件は、主に3つの害悪をもたらしました。

①莫大な賠償金

幕末は大増税が続きました。
外国に対する賠償金の支払いもその一因となっています。

倒幕派は「幕府は弱腰だからだ!」と批判していましたが、明治新政府になってからも支払い義務は消えるわけありませんでした。
見事にブーメランとなって自分たちに帰ってきてしまったのですね。

②内政干渉の口実を与えた

現在でも「自国民を保護するため」というのは、戦争の口実に使われる常套手段です。

幕末でも、攘夷事件が起こるたびに「我が国民を傷つけるというのはどういうことだ!」と外国人たちの態度も硬化してしまし、幕府はそのために頭を下げねばなりませんでした。
弱腰の幕府を作り出した一因は、無謀な小攘夷のせいです

③人命の損耗

そもそもが、貴重な人命が失われているのです。
被害者は外国人だけではなく「外国かぶれの奴だ!」と思われた日本人、外国人警護担当者にも向かいました

このようにマイナスの結果しか残していません。

現在だろうが、150年前だろうが、ヘイトクライムである小攘夷は有害な思想に他なりません。
当時の開明的な人物である勝海舟福沢諭吉五代友厚らも、その悪弊を指摘するほどです。

幕末というのは、ドラマや小説では、英雄が活躍するワクワクした時代かもしれません。
それだけではなく、ヘイトクライムの嵐が吹き荒れる、危険極まりない時代であったことも、忘れてはならないでしょう。

ワーグマンが描いた、引き回しに会う攘夷事件犯人/wikipediaより引用

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
外国人が記録した幕末テロ事件』北影英幸
幕末史』半藤一利

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.