歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ヒュースケン襲撃の想像図(あくまで想像です)/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

ヒュースケン殺害事件~幕末の日本を愛したオランダ人好青年の哀しい予感

更新日:

嘉永6年(1853年)の黒船来航以来、多くの日本人は危機感を募らせました。

島津斉彬阿部正弘勝海舟のように
「まずは国力強化をしなければならない」
と考える者は少数派で、それよりも先に立つ感情は【外国人への反感】です。

「穢らわしい夷狄を叩き斬る!」
こうした思想は「攘夷」と呼ばれ、多くの犠牲者が出ることになります。

そんな攘夷事件の一つに「ヒュースケン殺害事件」があります。

幕府が多額の賠償金を負うことになった――。
そんな影響が語られるものの、
『そもそも被害者ってどんな人だったの?』
といった本質が意外と知られていない同事件。

振り返ってみたいと思います。

 

求む! オランダ語・英語ができる者

嘉永7年(1854年)。
日本とアメリカの間で、日米和親条約が締結されます。
対応に追われた幕府がアタフタしたことで知られますが、実はアメリカも同様でした。

初代駐日本アメリカ合衆国弁理公使として任命されたのは、タウンゼント・ハリス。
厳格な聖公会信徒で、生涯純潔を貫いたような人物です。

そんなハリスと日本側の行き違いで「唐人お吉」の悲劇も起こったわけですが、

現在では本人ではない……との見方もある斎藤きちの写真/wikipediaより引用

【関連記事】唐人お吉

今回の主役は、ハリスの通訳であるヒュースケンです。

アメリカ側が頭を悩ませたのは、言葉の問題でした。
「日本人はオランダ語ならばわかるらしいが、英語は駄目。英語とオランダ語ができる通訳はいないだろうか」

そんな募集条件を見て、大いに喜んだ者がいました。
ヘンリー・コンラッド・ジョアンズ・ヒュースケンです。

 

スポンサーリンク

貧しい移民として苦労した

1832年、ヒュースケンは石鹸職人の息子として、オランダのアムステルダムで誕生。
父の死後、一旗揚げようとアメリカに移住しました。

しかし、彼のように何のツテもない移民にとって、アメリカのニューヨークでの暮らしは楽ではありません。

オランダ人コミュニティの中で、低賃金の職を転々としながら生きる毎日。
希望の欠片もないドン底生活の日々が続き、アメリカン・ドリームは日増しに薄れていきました。

1855年、そんなヒュースケンにチャンスが訪れます。
彼はとある求人情報を見て「これだ!」と思いました。

「求む オランダ語・英語ができる通訳兼助手 赴任先:日本」

23才のヒュースケンは、この求人に応募し採用されました。
ドン底の日々にも終わりが来たぜ!と、ワクワクしたことでしょう。

「でも日本ってどんな場所だろば」
期待に胸をふくらませ、ハリスと共に日本へ向かいました。

ハリスとヒュースケンが乗り込んだUSSサンジャシント号/wikipediaより引用

 

いざ日本へ!

このとき、ハリスは53才。
ヒュースケン、23才。

貧しい移民で、職を転々としたヒュースケンは、ハリスの目から見れば無邪気と言いましょうか。
深い思慮を感じさせない青年でした。

「私が思うに、ヒュースケン君の気にすることときたら、いつ食べ、いつ飲み、いつ眠るかだけ。その他のことを気にする様子もない」
ハリスはヒュースケンのマイペースで暢気な性格に、当初は苛立ちすら覚えようです。
後のことを思えば、彼が慎重で神経質であったほうが、悲劇は起こらなかったかもしれません。

明るく無邪気なヒュースケンは、日本に到着すると、好奇心いっぱいのキラキラした目と心で周囲を観察します。

「日本に来て、まず下男を雇った。今度は馬も手に入れたぞ! この調子だと、馬車を持って皇帝の姫君に結婚を申し込むことになるかも。そうなったらぼくは植民地総督だね」

こんなことまで書き記すヒュースケン。
当時、馬車を持つというのは現在で言うところの高級車と運転手を抱えるくらい、凄いことでした。

最低賃金でやっと働いていた若者が、いきなり高級車を手にした――今で言うならば相当な出世でしょう。
貧しい時代では考えられないほど生活の質が上がり、舞い上がっている青年の様子が想像できるではありませんか。

このあと彼を待ち受ける運命を考えると、暗い気持ちになりますが……。

ハリスとヒュースケンが見た下田の図/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

日本に愛おしさを感じるヒュースケン

ハリスとヒュースケンは、自分たちの使命を痛感していました。

日本へ一番乗りしたからには、他国に先んじられてはなりません。
何としても、一番乗りで日本の扉をこじ開けたい――そんな使命感が重くのしかかっていました。

とはいえヒュースケンは根っからの陽気者で、楽観的。
澄み切った瞳で周囲を観察し、日本での滞在を楽しむことを忘れません。

江戸に向かう途中で日本人を見たヒュースケンは、その態度に驚きます。

道ゆく人々は、異国人である彼らに対し、敵意を向けてはいません。
ヒュースケンは、キリスト教徒の迫害について知っていましたから、驚きました。
警戒心は解け、親しみすら感じ始めます。

「日本人はぼくたちを嫌ったり、憎んでいたり、しない! きっと保守的で頑迷なダイミョーたちが、善良な民にそう思い込ませていただけなんだ」

来日してから日数が長引くにつれ、ヒュースケンは日本の光景や、人々に対して深い愛情すら覚えるようになります。

素朴で、飾り気が無く、子供たちの無邪気な笑いが満ちていて、どこにも悲惨さがない。
まるで天国のような国というのが、ヒュースケンの日本評でした。

おそらく彼は、最下層の人々が住む場所を見てはいないのでしょう。
攘夷に思いをたぎらせた武士たちの会話を見聞きしたこともなかったのでしょう。

彼にとって、やっと成功を手にした土地であるというバイアスもあったとは思います。
それを差し引いたとしても、ヒュースケンが日本に心から愛着を抱いていたことは確かです。

生涯純潔を貫いたハリスとは異なり、ヒュースケンには愛した日本人女性もいました。
お福、おきよ、おまつ、おつるという女性の名が伝わっています。

彼の著書『The Japan Diary, 1855―1861』New Brunswick, 1964(邦訳『日本日記』)には、彼が見た日本の姿がありありと記されています。

ハリスとヒュースケンが滞在したアメリカ公使館がある善福寺

 

幕府は警告したものの……

純粋で、無邪気で、母からの手紙が届くと喜ぶ、そんな若きヒュースケン。
彼にとって日本はパラダイスであり、チャンスに満ちた別世界でした。

しかしその裏に、恐ろしい冷酷さや危険が潜んでいたことに気づきませんでした。

安政4年(1857年)、幕府は、ハリスとヒュースケンを狙った浪人たちを捕縛しました。

「この国には、あなた方外国人を殺傷しようとする浪人が、至る所にいます。警備することはできないほどです。どうか外出をなるべくお控えくださいますよう」

ハリスは、浪人の処罰を求めませんでした。
信心深く寛大なハリスは、処罰よりも許しと日米友好を求めたのです。

そのあと、ハリスは重病に罹ることもありましたが、執念深く幕府との交渉にのぞみます。

安政5年(1858年)、ついにハリスは日米修好通商条約を締結。
他の国もアメリカに続き、条約調印へ向けて前進することになります。

 

スポンサーリンク

好青年、異国に散る

日米修好通商条約の締結後、ヒュースケンの仕事は更に増えました。
英語とオランダ語ができる貴重な通訳として、他の国からの依頼も殺到したのです。

好青年のヒュースケンは、こうした依頼を快諾しました。
自分こそ、愛する日本と他の国との間を取り持てる、そんな善意もあったのでしょう。

ヒュースケンは、プロイセンからの依頼をこなすため、連日夜遅くまで仕事にあたりました。
安政6年(1859年)、買い物中のプロイセン人3名が斬殺される事件が起こりました。

彼は日本人の素晴らしさだけではなく、そうした事件についても気にすべきでありました。

そして運命の1861年1月14日(万延元年12月4日)。
この日も、ヒュースケンはプロイセン宿舎の芝・赤羽接遇所で遅くまで仕事をこなしました。

夜は、プロイセン側の担当者と夕食を採り、3名の幕府からの護衛とともに、アメリカ公使館がある善福寺へ。
その途中、赤羽の橋で事件は起こります。

馬上のヒュースケンは、突然、両方の脇腹を何者かに刺されたのです。
なんとか馬にしがみつき、180メートルほど走ったものの、落馬。
手の施しようがない重傷であり、翌日ヒュースケンは絶命しました。
享年28。

ハリスはヒュースケンの死を嘆き、その貢献にふさわしい盛大な葬儀を行ったと伝わります。

幕府は、母ジョアンネに対して、扶助料6千ドルの計1万ドルを弔慰金として支払って事件を落着させることになるのです。

光林寺にあるヒュースケンの墓/photo by Fraxinus2 wikipediaより引用

襲撃犯の正体は薩摩藩士で、首謀者・伊牟田尚平や益満休之助らでした。

伊牟田は捕縛され、鬼界ヶ島に流罪。後に罪を許されると、西郷隆盛の密命を受け、益満休之助らとともに、江戸幕府を挑発するために破壊工作を行っています。
そして最期は様々な罪を着せられ、慶応4年(1868年)に切腹させられました。
享年37。

幕末に多発した攘夷事件。
そんな事件もあったね、と軽く流してしまいそうになりますが、被害者ヒュースケンの人となりを知ると悲しくなりませんか?

苦労を重ね、チャンスを見いだし、一生懸命働いたヒュースケン。
明るく無邪気で、日本と日本人をこよなく愛した好青年です。

彼は、日記にこんな懸念を記しています。

「この国の幸福な情景は、終わりを迎えつつあるのではないか。西洋人が重大な悪徳を持ち込もうとしているように思えてならない……」

皮肉なことに、彼と同じことを考えた日本人がいました。
そうした日本人に、悪徳を持ち込む者として襲われ、ヒュースケンは若い命を散らしたのでした。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
幕末維新人物事典』泉秀樹
国史大辞典

 

-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.