歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

余市で生まれたリンゴ緋の衣

ゴールデンカムイ特集 幕末・維新 マッサン

余市のリンゴ「緋の衣」と会津藩士たち 北海道移住の敗者は赤い実に未来を賭けた

更新日:

生涯をウィスキーに捧げる壮大な物語・朝ドラ『マッサン』では風間杜夫さん演じる【森野熊虎】という人物が出てきます。

5才の時に北海道へ移住した、元会津藩士の息子。
主役のマッサンこと亀山政春と意気投合し、様々な世話を焼いてくれる役どころです。

リンゴ栽培がうまくいかず、酒に溺れた父を嫌いながらも、会津藩士の子というルーツを捨てきれない。
そんな熊虎を見ていて不思議に思った方も多いかもしれません。

なぜ会津藩士は、余市という場所へ移住したのでしょうか。

 

戊辰戦争に敗れ、北海道へ流される

慶応4年(1868年)、9月22日。

必死になってかき集めた布で縫い合わせた白旗が、会津若松城に掲げられました。
およそ一ヶ月間にわたる凄惨極まりない会津戦争の籠城戦が終わり、会津藩は降伏したのです。

会津戦争後に撮影された若松城/wikipediaより引用

敗戦で、会津藩士たちの苦労が終わったわけではありません。

むしろ本当の苦難はこれから。
彼等は、住み慣れた土地を離れ、流刑にも等しい措置が待ち受けていました。

会津戦争から3年後の明治4年(1871年)。
慣れない北の大地を耕すため、旧会津藩士たちが選んだのが北海道の余市でした。

なぜ、北海道なのか。
これには理由がありました。

安政6年(1859年)から、蝦夷地(北海道)の紋別から知床、野付半島までが会津藩領とされました。ロシアに備える警備のため、幕府から与えられていたのです。
奥羽の主要な藩も、同様に蝦夷地に藩領を得ていました。

しかし、戊辰戦争が勃発し、奥羽諸藩が戦乱に巻き込まれると、蝦夷地は空白化してしまいます。
この空白地に、奥羽の旧諸藩士を入植させればよいのではないか?
政府はそう考えたのです。

「厄介払いができて、しかも警備と入植ができる!」
いわば一石二鳥の妙案ですが、思わぬ事態が起こりました。

もともと北海道開拓を狙っていたのは、長州系の兵部省と佐賀系の北海道開拓使でした。
両者牽制しあい、脚を引っ張り合っていたのです。やがて兵部省が手を引き、樺太移住の話まで浮上するほど。

そうこうしているうちに、会津藩は斗南藩として再興することが決まってしまいました。

困ったのは、先に東京謹慎から北海道に移っていた宗川茂友・団長の会津藩士200名ほどです。
斗南藩にも受け入れる理由はなく、かといって会津に戻れるわけでもない。
彼等は宙ぶらりんとなってしまいました。

樺太移住の話が出た際、会津藩士は開拓使・黒田清隆に血判書を出して直訴。
樺太に行く前に余市に立ち寄りたい、と希望しました。

かくして会津藩士たちはやっと余市に腰を押しつけることとなり、樺太行きの話も立ち消えとなります。
北海道上陸から、既に一年半が経過していました。

ちなみに熊虎は逆算すると慶応2年(1866年)頃の生まれ。
会津戦争当時は幼児であったという計算になります。

明治6年を描いた今村三峰の「小樽港之図」/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

配られたリンゴの苗

余市は、地理的には恵まれていました。
小樽に近く、海もあれば、余市川も流れています。

とはいえ、入植当時は原野です。それを整備するのは並大抵の苦労ではありません。

それでも彼らはくじけませんでした。

「俺たちが立派に開拓すっこどで、少しでも殿の罪が軽くなんなら、それが忠義心つうもんだべ」

彼らは必死で開拓を続けます。
後進の育成のため、閉鎖された藩校「日新館」にならった「日進館」を開きました。教育を忘れることなく、新天地で暮らし始めたのです。
熊虎は、新天地で育つことになった若い世代にあたりました。

明治8年(1875年)、北海道開拓使が果物の苗木を余市の入植者に配布しました。

アメリカから輸入されたもので、サクランボの他に洋梨やスモモなど。リンゴも含まれていました。

どんな実がなるのかすらわからないまま、彼らは栽培を始めます。
あえなく枯れてしまう苗も、たくさんありました。

栽培マニュアルもろくにないまま、刀を農具に持ち替えた旧会津藩士たちは、慣れぬどころか未知の果物栽培に挑んだのです。

日本古来のリンゴは「和リンゴ」と呼ばれるもので、ミカンくらいの大きさです。
酸味が強く、西洋リンゴの普及によって廃れています。たまに入手できることがありますが、確かに味では劣るのですね。

ちなみに滋賀県・彦根市では、和リンゴの「彦根リンゴ」復活計画が進んでいるようですが……。

旧会津藩士たちは「リンゴ侍」と揶揄されつつ、何度も失敗を繰り返しながらリンゴ栽培に挑戦しました。

 

会津の魂のように赤い実が

余市入植から4年目となる明治12年(1879年)。
赤羽源八の家にある西洋リンゴの木に、真っ赤な実がなりました。

リンゴの品種名は「19号」でした。

「このリンゴは会津の誇りだべ、名前は“緋の衣”(ひのころも)だ」

余市で実ったリンゴには、そう名前がつけられました。

緋の衣――それは会津藩主・松平容保の陣羽織。孝明天皇から賜った【緋色の生地】で作ったものです。
文久3年(1863年)、容保が孝明天皇の御前で展覧馬揃えを行った際に着用しておりました。
いわば栄光の色です。

モノクロでわかりづらいですが緋色の陣羽織を着た松平容保/wikipediaより引用

もうひとつ。
会津戦争終結の際、西軍に城を明け渡す際に敷かれた、緋の毛氈「泣血氈」のことを指します。
会津藩士は、この毛氈を小さく切り、無念を忘れまいと保管していたのです。

北の大地に実った赤い実は、まさに陣羽織と「泣血氈」の色をしていました。
栄光と、苦難の歴史の色。
会津の思いがこめられておりました。

 

スポンサーリンク

リンゴの町となった余市に、竹鶴政孝が注目

以降、余市ではリンゴが特産品となってゆきます。

作付面積も、収穫量も増加し、札幌や小樽から大勢の商人が買い付けにやって来ました。
「国光」、「紅玉」も栽培も増え、この3種類が余市リンゴの主要品種となります。

「緋の衣」は味がよく、東京やロシアでまで販売されたほど。
当時最高級の、味のよいリンゴとして、大人気を博しました。

余市で生まれたリンゴ緋の衣

品質に並々ならぬコダワリを持つ竹鶴政孝。
その竹鶴も納得できる、味のよいリンゴの生産地こそ余市でした。

熊虎は、リンゴ生産を辞めて鰊(にしん)漁をしていた設定です。
確かに余市では、鰊漁が盛んであった時期もありました。
しかし、竹鶴政孝が余市に移住してきた昭和前期には不漁が続き、翳りが見えるようになっていたのです。

鰊漁に代わる新産業――。
リンゴを持ち込めば加工してくれるというニッカウヰスキーの前身・「大日本果汁」は、こうした余市を背景として創設された会社でした。

旧猪俣安之丞邸(鰊漁で建てられた「鰊御殿」のひとつ)/photo by 山本昂左衛門 wikipediaより引用

 

「緋の衣」の衰退と、復活

大人気品種であった「緋の衣」ですが、徐々に廃れてしまいます。

特に、品種改良が進んだ昭和20年代以降、他の品種におされて栽培が下火となり、姿を消してゆくのです。
余市の「吉田観光農園」だけが、栽培を続けていました。

そんな「緋の衣」が脚光を浴びたのは、平成になってからのことです。

平成12年(2000年)。
会津のリンゴ農家の白井康友さんは、ある雑誌記事に目を留めました。

余市に移住した、会津藩士の苦労と「緋の衣」の記述。

会津ゆかりのリンゴに興味をもった白井さんは、早速「吉田観光農園」を訪れ、苗木を分けてもらいます。
そしてそれを会津に持ち帰り、縁の地で栽培を開始したのです。

会津藩士の歴史を埋もれさせまい――そんな気持ちを抱いての取り組みでした。

苦難の歴史を越えて、赤く輝くリンゴの実。
作中で思い入れたっぷりに、熊虎らが会津への思いを語るのも、理解できる気がします。

現在、「緋の衣」は余市、会津で栽培されています。
実の大きさや熟度が揃いにくいため、ジュースや菓子といった加工品の利用されており、一部はネット通販でも購入できます。

下記にリストアップしましたので、皆様もよろしければどうぞ。

JAよいち りんご

お菓子の蔵「太郎庵」 バターケーキ「緋の衣の詩」、アップルパイ
※季節限定販売ですので、販売元にお問い合わせください。

復古(レトロ)三兄弟リンゴジュース(100%ストレート)(9本セット)

ニッカアップルワイン
※現在は青森県弘前市で製造しています

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典ほか

 



-ゴールデンカムイ特集, 幕末・維新, マッサン
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.