歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

高橋泥舟/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

高橋泥舟69年の生涯をスッキリ解説!海舟・鉄舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれた馬鹿正直!

更新日:

江戸の幕府も終わり頃。
「幕末の三舟」と呼ばれる、有能な幕臣がおりました。

名前に「舟」がつくお侍さんで、おそらくや皆さん一人はすぐに思い浮かべられる。

勝海舟です。
坂本龍馬西郷隆盛など、名だたる志士たちに影響を与えた幕府の麒麟児ですね。

では二人目は?
こちらは幕末ファンであればおそらくご存知の……山岡鉄舟です。

江戸無血開城に向けて、西郷隆盛と会談した話が有名ですな。

そして三人目。
勝海舟に「馬鹿正直」と評価された男――それが高橋泥舟です。

泥の舟と書いて「でいしゅう」とは珍妙な字面ですが、TOP画像の肖像を見る限りはキリッとした顔立ちで。俳優の仲代達矢さんみたいですね。

いったい高橋泥舟(たかはしでいしゅう)はなぜ勝にそう評されたのか?
槍一筋に生きた男の生涯を振り返ってみましょう。

 

「幕末三舟」って何をしたの?

時は幕末。
時代の変化を察知し、「これからは海外だ!」と蘭学をひたすら学んだ勝海舟や福沢諭吉のような人物もいれば、時流など一切無視して、ひたすら武術を極めた人物もおりました。

山岡鉄舟の義兄・高橋泥舟もその一人です。

実は鉄舟と泥舟は親戚。
山岡の妻・英子は、高橋の妹だったのです。

山岡鉄舟/wikipediaより引用

泥舟の経歴を見る前に、まずは幕末三舟の年齢から確認しておきたいと思います。

勝海舟:1823年3月12日
高橋泥舟:1835年3月15日
山岡鉄舟:1836年7月23日

参考までに他の志士を掲載しておきましょうか。

西郷隆盛:1828年1月23日
近藤勇:1834年11月9日
坂本竜馬:1836年1月3日

みんな年齢が近く、勝海舟だけが一回り上という印象ですね。

もう一つ、事前に確認しておきたいことがあります!

実はこの三舟、いずれも「江戸開城」と深い関わりがあります。
歴史の授業では、
【西郷隆盛と勝海舟が話し合って決めた】
と簡略化されますが、事前の折衝やら何やらあり、そこにいたのがこの3名だったのです。

勝海舟:西郷と江戸で会談→開城を決めた
山岡鉄舟:西郷と駿府で会談→勝との道筋を整えた
高橋泥舟:当初、使者に選ばれたが、徳川慶喜が側に置きたがったため、山岡に代わった

 

スポンサーリンク

山岡家は鉄舟が、道場は泥舟が

天保6年(1835年)。
高橋泥舟は、江戸の旗本・山岡正業の二男として生まれました。のちに母方の高橋家へ養子に出され、高橋家を継いでいます。

山岡家は、槍術の名人を輩出した家柄。
高橋の兄・山岡静山も、古今無双の達人とされました。

のちに高橋の義兄となる山岡鉄舟が槍を習ったのがこの静山。しかし静山は27才という若さで急死してしまいます。

ここら辺の展開、ちょっと混乱するので、慎重に読んでくださいね。

山岡家:旗本の小野家に生まれた鉄太郎(鉄舟)が、静山と泥舟の妹・英子を娶り、山岡家を継ぐ
槍道場:泥舟(高橋家に養子入りしていた)が道場を継ぐ

静山が亡くなったとき、是非とも英子を娶り山岡家を継いで欲しいと鉄舟に頼んだのは、泥舟(当時は謙三郎と名乗っていた)です。

『めんどくさっ! 弟の泥舟が山岡家と道場を継げばいいじゃん!』
なんて思ってしまうかもしれませんが、そこは武家ですから色々と事情があったのでしょう。

 

槍術で官位までもらった

武芸達者で、天才的な槍術使い。
いつしか「海内無双」と呼ばれるようになった泥舟は、22才の頃には講武所の教授に命じられました。

そして彼は後に、朝廷から【従五位伊勢守】にまで任じられることになります。

勝海舟曰く、
「彼の技量を孝明天皇まで知ることになって、槍一本で伊勢守にまでなった」
とのこと。
「馬鹿正直で命知らずな稽古をやった」とまで言われています。

勝海舟/wikipediaより引用

開明派で『これからは大砲だ、軍艦だ』と思っていた勝にしてみれば、槍などに一生懸命になるのは時代錯誤だよ、というところでしょうか。

しかし、これは小馬鹿にしているわけではありません。
その誠意やひたむきさに対する賞賛も入り混じっての言葉です。

泥舟の真っ直ぐな性格が窺えます。

 

スポンサーリンク

清河八郎と意気投合し、上洛

かように真っ直ぐな性格の高橋。
幕末には、血気盛んな若者らしく、尊皇攘夷思想にその心を燃やしていました。

そして万延元年(1860年)。
槍術の師範になった泥舟は、ある男と知り合います。

庄内藩士の清河八郎です。

清河八郎/wikipediaより引用

新選組ファンを中心として、
「口がうまくて悪企みをするあやしい男」
という評価がありますが、ちょっと再考が必要な人物でしょう。

ただのうさんくさい男と片付けられないほど著名人と親しく交際しており、彼の魅力や交渉力は相当高かったのだと思われます。

文久2年(1862年)。
江戸幕府により浪士組が結成されると、高橋は義弟・山岡鉄舟らとともに、将軍・徳川家茂の供として京都に向かいます。

ここで清河が「将軍のためではなく、尊皇攘夷のために浪士組を集めた」と目的を述べたことで、浪士組は分裂。
近藤勇ら多摩試衛館で剣術を学んできた者たちと、水戸藩士・芹沢鴨らは「壬生浪士組(新選組の前身)」を結成するわけです。

残った浪士組は、幕臣・鵜殿鳩翁(うどの きゅうおう)に管理を任されたもののてんでバラバラ。
泥舟が管理役として任命されると、やっとまとまるようになりました。

この上洛の際、家茂から泥舟の槍の技量について聞いた孝明天皇が、従五位伊勢守を与えたとされています。

泥舟、山岡、清河らは「壬生浪士組」が抜けたあとの浪士組を率いて、江戸に戻りました。

壬生浪士組の面々は
「清河八郎、俺たちを騙しやがったな!」
と怒っていたわけですが、泥舟と山岡は違います。

断固として、これからも尊皇攘夷を訴えねばならない――幕臣でありながら二人はそう考えていたのです。

そんな中、泥舟の家を訪れたあと、清河が暗殺されてしまいます。

同時に、幕臣でありながら尊皇攘夷を唱え、清河と懇意だった泥舟も謹慎処分。
世間の動乱から一歩身を退き、槍に打ち込む日々を送るのでした。

とはいえまったく政治に無頓着だったわけでもなく、長州征討に関しては「行うべきではない」という上書を提出しています。

 

将軍様のボディガード

慶応4年(1868年)。
鳥羽伏見の戦いに敗走した徳川慶喜が江戸に戻ると、泥舟も江戸城に駆けつけました。

江戸城は大騒ぎです。
泥舟が何とかして慶喜に面会しようとしても、それどころではありません。

慶喜の方でも泥舟に会いたくてたまらなかったのですが、混乱のあまり、二人が出会えたのは十日ほど待たねばならなかったのでした。

やっと出会った慶喜に、泥舟は恭順を薦めました。
断固徹底抗戦を主張する者も多い中、彼は違いました。心情的に尊皇攘夷に近かったこともあるのかもしれません。

慶喜からこの混乱において頼られている勝海舟は、その知能をフル回転させてこの窮地打開策を練っています。
そして勝は、駿府の西郷隆盛のもとに向かう使者として、泥舟を指名したのでした。

「それは絶対に許さない!」
強硬に反対したのは、慶喜です。

徳川慶喜/wikipediaより引用

「伊勢(伊勢守、高橋泥舟)よ、伊勢よ! お前が江戸から去ったらば、残された無謀な者が、何をするかわかったものではない。お前のような勇者がいるからこそ、ああいう者はおとなしくしているのだ。お前が行ってしまったら、誰がこの江戸をおさめるというのか! ああ、うらめしいのはお前が二人いないことだぞ」

慶喜は、泥舟の腕前と、断固として戦うと主張する者すら抑え込む胆力を、ともかく頼りにしていたのです。

ここで立候補し、泥舟も太鼓判を押したのが山岡鉄舟でした。
彼が代わりに行くなら問題ない。
ということで、山岡が、西郷のところへ向かうことになるのです。

どうにも影が薄い泥舟ですが、この慶喜の頼り方からしても、並の男ではありません。
このあとも、泥舟は慶喜の護衛役をつとめ、混乱の中で最後の将軍を守り抜いたのでした。

 

スポンサーリンク

顔を担保に借金を

明治の世となってからの泥舟は、慶喜に従い一度は駿府に移りました。
その後、江戸に戻り、書画骨董のを楽しむ静かな余生を過ごすことになります。

そんな彼がピンチに陥ったのが、明治21年(1888年)山岡鉄舟の死後でした。
義兄であり、実家山岡家を継いだ鉄舟は、多額の借金を残していました。

さて、困った。
他ならぬ泥舟自身も貧しい暮らしを送っています。

金策に奔走する中、門人の一人が質屋を経営していることを思い出しました。

「1500円、貸してくれんか」
質屋の主人は驚きました。
どう考えても抵当なんてないのです。

「抵当があれば貸します。何があるんですか?」
「この顔でござる。もちろん私は返済するつもりではありますが、死生とははかりがたいもの。もしもというときは、熨斗をつけて私にくださらんか」

主人は呆気にとられましたが、天下の高橋泥舟がまさか踏み倒すつもりもないだろう。
おもしろい方だと感心し、1500円を貸してくれたとか。

彼の人徳、勝が「馬鹿正直」と評価した性格がプラスに働いた、というところでしょうか。

 

槍一筋の生き方に爽快感

そして明治36年(1903年)。
山岡鉄舟の死から15年後、勝海舟の死から4年後に、泥舟も死去。
享年69。

勝海舟をして「あれほどの馬鹿正直は最近いない」と言わしめた高橋泥舟。
策謀が渦巻く幕末において、「馬鹿正直」に生き抜いた、槍一筋の生き方は爽快感があります。

活躍自体は他の二舟より低く、一番影が薄いと言われたりもしますが、慶喜が「お前がいなければどうしようもない!」と嘆いたほど武勇もカリスマもあった人物です。
彼もまた、一流の男であったのでしょう。

※徳川慶喜もまた国内のみならず諸外国から称賛される人物でした(以下に詳しい記事があります)

徳川慶喜(一橋慶喜) 西郷どんの低評価っぷりを覆します!英仏も惚れた超絶タイクーンとは?




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
全国版 幕末維新人物事典』泉秀樹
国史大辞典

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.