西郷どん特集 幕末・維新 ゴールデンカムイ特集 新選組

新選組の天然理心流はナゼ殺人剣法に?幕末関東は『リアル北斗の拳』だった

投稿日:

260年間にわたる江戸の平和な日々は、黒船来航で崩れてしまう――。

よくある幕末の見方であり、2018年大河ドラマ『西郷どん』でもそういった趣旨のナレーションが流れていました。

しかし、そんなに単純な話でありません。

天災がしばしば襲いかかる日本列島は、社会システムが自壊してしまう宿命を背負っておりました。

安政の大地震(安政江戸地震)を中心とした幕末の天災 倒幕にどれほどの影響を与えたか

江戸幕府もまた例外ではなく、中期以降は全国いずれの地域でも藩政が行き詰まり、改革につぐ改革を実行。

しかし、いかなる名君や家臣が努力しても、その効果は自然の驚異から見れば限定的です。

そこに降り掛かってきたのが19世紀以降の外圧。
異国船という形で姿を見せるようになると、もはや隠し通せるものではなく……。

幕末を迎える前から、人々は社会システムの限界を感じていたのです。

 

絹一揆、老中を殺す

2018年正月時代劇『風雲児たち』では、草刈正雄さんが老中・田沼意次を演じました。

劇中で田沼は、社会システムが揺らいでいることを意識した台詞を述べましたが、これは史実に沿ったもので。

18世紀後半、幕府の屋台骨を揺るがすような事件が起きました。

◆郡上一揆:宝暦年間(18世紀半ば、1754年〜1758年)に発生、美濃国郡上藩金森氏改易に繋がった大規模な一揆
◆中山道伝馬騒動:明和元年(1764年)閏12月下旬〜翌明和2年(1765年)年1月にかけて発生。主要街道の一つであった中山道沿いで発生した一揆
◆絹一揆:天明元年(1781年)、絹市に関する課税反対運動

郡上一揆の義民を讃える石碑/photo by のりまき wikipediaより引用

百姓が非武装化された江戸時代以降、一揆が起こらなかったわけではありません。
ただし、この場合のように幕府が鎮圧に手こずり、広範囲まで広がることは異例です。

絹一揆に至っては、恐ろしい結果を残しました。

一揆勢が老中首座・松平輝高が藩主を務める高崎藩に侵入。
幕府はやむなく絹への課税を撤回し、しかも松平は心労のあまり急死してしまったのです。

江戸の庶民の間では、こんな噂が広がりました。
「一揆勢が老中を殺しちまったってよ」
「ひえ〜っ!」

一揆といえば、一方的に鎮圧されるものと決まっておりました。
それが、一揆勢の要求が通ったばかりではなく、老中の命まで縮めてしまったのですから、その驚きたるや……。

これは社会変革に取り組まねばいけないと考え、経済政策に力を入れたのが老中・田沼意次でした。

しかも田沼は有能でした。
彼の経済政策は一定の効果をあげ、経済を潤します。

田沼意次は賄賂政治家というより優秀な経済人!? 現代になって評価の見直し進む

しかし、その恩恵が庶民に届くまでには至りません。
田沼政治で潤ったのは、中間搾取する商人ばかりでした。

そのため、庶民からすれば、格差が拡大する汚い時代に思えてしまいます。
田沼が賄賂まみれの汚い政治家扱いされたのは、そうした要因もありました。

 

ルール破りの「天保(甲州)騒動」

そんな中、ついにもはや世紀末状態であると思われる事件が、甲州で発生します。

天保7年(1836年)。
天保の大飢饉の影響を受け、甲州は大変な状態でした。

至るところに餓死者、流行病に罹った患者、行き倒れ、捨て子が溢れ、まさに地獄のような光景。
そんな甲州の郡内で一揆が発生するのですが、この一揆はそれまでのルールを破るものでした。

どういうことか?
まずは、それまでの一揆のルールを見てみましょう。

・武器携帯の禁止
・百姓らしい、蓑や笠といった衣装を着用すること
・放火や盗みといった違法行為・暴力は行使しない

一揆というよりデモというイメージではないでしょうか。
太平の世である江戸時代の一揆は、戦国時代と異なり、あくまで為政者の慈悲にお願いすることでした。

それが甲州騒動ではまるで違うものとなります。

・長脇差等の武器を携帯
・百姓らしい衣装ではなく、赤い衣服やカラフルな服を着た「異形」と呼ばれる姿
・放火や盗みといった違法行為・暴力を行い、代官を襲撃、殺害に至る

現代で例えるならば、こんな感じでしょうか。

プラカードを持って、普段着でデモ行進していた一団。
それが、突如、釘バットやショットガンを装備し、モヒカンやレザーマスクを身につけた『北斗の拳』状態に変貌。
「ヒャッハー!」
「フハハハーッ!」
と叫びだし、市役所に乱入した……。

そんなことになったら、市民生活は脅かされ、恐ろしいことになると思います。
彼らはもはや善良な「一揆勢」ではなく、「悪党」と呼ばれ恐れられました。

 

全国で次々に起こる蜂起と事件

「悪党」と化し、力で政治を変えること――。
そんな手段があることに、江戸時代を生きる人々は気づいてしまったのです。

「天保騒動」の前後には、暴力による解決を目指した事件が他にも起こっています。

文政4年(1821年)には、南部藩士・下斗米秀之進らが相馬大作事件を起こしました。
これは参勤交代を終えて江戸から帰国の途についていた津軽藩主・津軽寧親を殺害しようとしたものです。

さらには天保8年(1837年)、小学校の教科書でも習う、大塩平八郎の乱が起きております。
大阪町奉行所の元与力・大塩平八郎とその門人が蜂起したものですね。

更には天保11年(1840年)の「天保義民事件」。
幕府の三方領地替に反対した庄内藩農民が一揆を起こしました。

大きな特徴としては、いずれの乱も、超法規的な解決を目指した事件であり、それまでは考えられないものだったのです。

幕府というシステムに穴があき、そこから何かが漏れ出している――。

当時の人々は徐々に実感するようになりました。

 

関東のお兄さんは、なぜ殺人剣を使えた?

幕末に活躍した人々の出身地といえば、だいたいが藩ごとに偏っています。

薩摩、長州、土佐、佐賀、会津、京都……幕末の政局において、活動していた藩出身者というわけです。

そんな中で、例外がありまして。
それが、関東です。

近藤勇、土方歳三沖田総司ら新選組幹部。
そして「赤報隊」隊長として散った相楽総三

【関連記事】土方歳三

新選組の幹部たちは、天然理心流を習得していました。
この天然理心流というのがおそろしい殺人剣でして。

幕末における実践剣で、西の横綱が薩摩示現流および薬丸自顕流ならば、東の横綱が天然理心流です。
スポーツとして洗練された他の流派とは異なり、この流派は確実に人を殺傷するものでした。

薩摩示現流&薬丸自顕流の怖さ、知ってます? 新選組も警戒した、一撃必殺「一の太刀」

しかし、よく考えてみると不思議ではありませんか。

彼らは、農民出身のお兄ちゃんたちです。
そんな彼らが、なぜ現在で言うならば特殊部隊戦闘員レベルの殺人剣をマスターして、やたら強かったのでしょうか。

多摩市のコンビニ前にうろつくお兄ちゃんたちが、SWATレベルの戦闘力を持っていたらおかしいですよね。
それには理由があったのです。

 

リアル『北斗の拳』状態だった関東多摩地方

天然理心流は、寛政年間(1789年〜1801年)頃に創設した流派で、日野・八王子地域の千人同心を中心に広まりました。

八王子千人同心の任務は治安維持です。
凶悪な犯人を捕縛する人たちの間に広まったのですから、実践的な捕縛・殺人術であるのはごく自然なことといえます。

ところが、天保年間になると「悪党」が関東地方までやって来て、治安が急激に悪化。
リアル『北斗の拳』状態に陥っていくのです。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-西郷どん特集, 幕末・維新, ゴールデンカムイ特集, 新選組

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.