ジョン万次郎

ジョン万次郎/wikipediaより引用

幕末・維新

頭脳明晰ジョン万次郎 14才で無人島に漂流 アメリカで学を修めて帰国

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
ジョン万次郎
をクリックお願いします。

 


薩摩藩での取り調べ

「蘭癖」と呼ばれるほど西洋の学問技術を好み、開国と富国強兵が必要であると理解していた斉彬。

万次郎はまさに歓迎すべき人物でした

一行は手厚い歓待を受け、アメリカで手にした知識を教えるよう依頼されました。

その期間は、47日間。万次郎は、政治的に自分の行動がどういう意味を持つかわからないまま、身につけた知識を惜しむことなく、薩摩藩に伝えました。

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯とは

続きを見る

その後、万次郎は薩摩藩によって長崎奉行へ送られました。

そこで踏み絵を行い、宗教的に問題が無いか調べられ、いきなり9ヶ月もの間、牢に入れられてしまいます。

時代が変わりつつあるとはいえ、当時は黒船前夜です。鎖国を破った万次郎には、厳しい処分が待っていたわけです。

そして万次郎の身柄は、出身地である土佐藩へ送られたのでした。

 


故郷・土佐藩で士分に取り立てられる

久々に踏んだ、故郷の地――。

そこで彼を待っていたのは、藩主の山内容堂と大目付・吉田東洋でした。

山内容堂/wikipediaより引用

薩摩藩と同じく、土佐藩でも万次郎の知識を求めていました。

彼はイキナリ「定小者(さだこもの)」という最下級の士分に取り立てられます。

思えば文政10年(1827年)、中浜村に万次郎が生まれたとき、彼は貧しい漁師の二男に過ぎませんでした。

幼い頃に父を失い、母ときょうだいで苦労してきたものでした。

それがどうでしょう。

アメリカで勉学に励み、ゴールドラッシュも体験し、さらには士分にまで取り立てられたのです。

ジョン万次郎を大河ドラマの主役に!という声が絶えないのも納得のできる話ですね。ここまででも十分にドラマチックです。

土佐の若者たちは、万次郎の話を熱心に聞きました。

その中には、後藤象二郎岩崎弥太郎も含まれていました。

岩崎弥太郎
なぜ岩崎弥太郎は一介の土佐郷士から三菱財閥を築くことができたのか

続きを見る

彼らは万次郎が描いた世界地図を見て、かつての彼と同じように、日本のあまりの小ささに目を丸くしたのでした。

 

黒船来航で今度は直参旗本となる

嘉永6年(1853年)、黒船が来航すると世間は騒然となります。幕府ももはや日和見主義を貫くことができません。

万次郎は、時の老中・阿部正弘により江戸にまで呼び出されました。そして直参に取り立てられ、「中浜」の姓を与えられたのです。

阿部正弘
阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊?勝を抜擢した老中の実力とは

続きを見る

阿部もまた有能な人材であり、無下に咎を責めるようなことはなく、万次郎の才を買ったのでした。

話のできる者がいたことで幕府にとって幸か不幸か、この時点ではわかりませんが……。

いずれにせよ急ピッチで開国へと準備を進める中、英語ができ、知識豊富な彼は重用されます。

万延元年(1860年)。

万次郎は遣米使節団の一員として咸臨丸に乗り込み、恩人たちの待つアメリカに向かいます。

ハワイでは恩人のデーマン牧師と再会を果たしました。

デーマンはホイットフィールドに、彼が育て上げたジョン・マンが、祖国で立派に役割を果たしていると、手紙で伝えます。

ジョン万次郎が描いた世界地図/wikipediaより引用

そのあと、万次郎は日本と土佐藩のため、全力で働き続けました。

豊かな彼の知識は、誰にとっても喉から手が出るほど欲しいもの。まさに引っ張りだこでした。

ただし、彼には政治的な野心はありません。

維新の中で活躍して地位を得ることよりも、ひたむきに知識を伝えることを使命としていたのです。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-幕末・維新
-

×