江戸

将軍様お膝元の江戸城内で7度も! 切った張ったの刃傷事件・全まとめ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
江戸城内での刃傷沙汰
をクリックお願いします。

 

⑤延享四(1747年)年8月 板倉勝該事件

被害者:細川宗孝(熊本藩主)

「人違いでブッコロされてしまった」という不運にもほどがある事件です。

以前取り上げているので、こちらも詳細は割愛させていただきますね。

詳しくはこちらで↓。

家紋が似ていて斬殺された細川宗孝!そのとき伊達宗村の一言が熊本藩を救った

続きを見る

 

⑥天明四年(1784年)3月 佐野政言(まさこと)事件

被害者:田沼意知(おきとも・若年寄)

意知は田沼意次の嫡男です。意次の評価については現在見直されつつありますが、当時は「元の身分が低かったのに、老中になったなんてどんな悪事を働いているんだ」と思われていました。

田沼意次はワイロ政治家というより優秀な経済人!? 現代評価の見直し進む

続きを見る

となると、当然意知も有る事無い事言われまくっていただろうことは、何となく想像がつきますよね。

佐野家は徳川家が三河にいた頃からの譜代の臣でしたが、政言の代にはなんと10人きょうだいで男子がたった一人(つまり政言だけ)という状況になっていました。しかも政言は末っ子です。

何よりも跡継ぎが大切な時代・身分でこれでは、幼い頃から相当のプレッシャーを感じて育ったものと思われます。

例によって政言が凶行に及んだ理由ははっきりしていないのですが、予測としてはこんなものがあります。

「佐野家の領地にある神社を、意知の家臣がぶんどったから」

「田沼家の系図を書き換えるため、意次と意知が佐野家の系図を(ry」

「田沼家に賄賂を送ったのに昇進できず、恨んでいた」

上2つについては恨むのもやむなしというところですが、それならそれで裁判に出るという手もあったでしょう。

「相手が老中だから訴えられなかった」というのもありそうですが、他にも老中や奉行はいるわけですし、その中で反田沼派の人を頼ればいい話です。

最後のは完全に私怨としか。まあ、松平定信も似たような理由で田沼家を毛嫌いしていたフシがあるので、当時は珍しくなかったのかもしれませんが。

松平定信は白河藩での手腕が抜群だった! されど江戸幕府では……

続きを見る

幕府は例によって「乱心」の一言で片付けました。

しかし、世間から嫌われてしまっていた意知を殺したことで、政言は庶民から「世直し大明神」と讃えられたといいます。

今も東京都台東区に政言のお墓があるのですが、一般公開はしていないのか、近年訪れた人はいないようです。古い写真によると、墓石の上半分が壊れてしまっていて、何と書いてあったのかわからなくなっています。

 

⑦文政六年(1823)年4月 松平外記事件

被害者:旗本5名

これがこの記事文頭の事件【千代田の刃傷】の別名ですね。

「ここまで6件も同様の事件が起きているのに、防げなかったのか」とかいろいろツッコミどころはありますが、江戸時代というのは平和が強調される一方で「場合によっては藩邸の中でも殺人事件が起こるような時代」ですので、物理的に不可能だったのかもしれません。

その一方で馬に乗れない大名もいたのですから、いやはや「事実は小説より奇なり」ですね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

切腹のルールと現実~もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

続きを見る

春日局(明智家重臣の娘)の波乱万丈~夫と別れて徳川に仕え家光の乳母に

続きを見る

徳川家綱って実はメンタルイケメン将軍? 地味なれど好感度エピソード満載

続きを見る

徳川綱吉は犬公方どころか名君だ! 暴力排除で江戸に倫理を広めた人格者

続きを見る

日清戦争がわかる! 舞台は朝鮮半島―敵国の清は指揮官がポンコツだった?

続きを見る

赤穂事件=赤穂浪士の討ち入り~史実はどんな感じだったのか?

続きを見る

仮名手本忠臣蔵~江戸幕府の監視下で赤穂事件はどう演じられた?

続きを見る

赤穂浪士47名の切腹~執行の日まで最も礼を尽くしたのは細川家だった

続きを見る

寺坂信行(赤穂浪士唯一の生き残り)足軽で討入参加を許された侍の悲しき流転

続きを見る

於大の方(家康の母)はなぜ家康を産んですぐに離縁? 75年のその生涯

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

家紋が似ていて斬殺された細川宗孝!そのとき伊達宗村の一言が熊本藩を救った

続きを見る

田沼意次はワイロ政治家というより優秀な経済人!? 現代評価の見直し進む

続きを見る

松平定信は白河藩での手腕が抜群だった! されど江戸幕府では……

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『江戸三〇〇年 あの大名たちの顚末』(→amazon link
千代田の刃傷/Wikipedia
松平忠寛/Wikipedia
はてなキーワー
田沼意知/Wikipedia
佐野政言/Wikipedia
TAITOおでかけナビ

TOPページへ

 



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.