生駒高俊

生駒高俊/wikipediaより引用

江戸時代

江戸時代のバカ殿騒ぎ代表! 生駒騒動の原因は藩主・生駒高俊のBL?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
生駒騒動と生駒高俊
をクリックお願いします。

 

なぜもっと早く引き上げさせなかった!?

我慢強い高次は、親戚のバカ殿・高俊を根気強く説明します。

が、あまりにもゴネるので今度は高次のほうがキレてしまいます。

「もう知らんわ! うちは手を引くから勝手にしろ!!」

そう言って生駒家に出ていた藤堂家の人間を全て引き上げさせてしまったのです。

それをもうちょっと早くやってれば、そもそもこんな大騒動にならなくて済んだんじゃ……とか言ったらいけませんね。

親戚とはいえ別の家がここまで面倒を見なくてはいけないほど、高俊がアレだったということなのですから。

こうして帯刀は命を拾ったのですが、江戸で切腹の日取りを待っていた前野と石崎は唖然とします。そりゃそうだ。(二回目)

「覚悟の決め損かよ! こうなったら幕府に直接訴えてやる!!」

かくしてブチキレ、幕府に訴状を出すと同時に、高松にいる家族や同志たちに「かくかくしかじかだから、今すぐそこを出るように!!」という手紙を書きました。

高松ではこのとき、武士とその家族・家臣の一団2,300人が武装して引っ越すという前代未聞の大騒ぎになっています。

ちなみに、これはだいたい加賀藩の大名行列に匹敵する人数です。

高松藩の場合はどのくらいの人数だったのかはっきり調べられませんでしたスイマセン。

でも、だいたい似たような石高の秋田藩が1,300~1,400人くらいだったそうなので、これとほぼ同等だと思われます。

つまり、いつもお殿様が国許から江戸へ行くときの1.8倍近い人数が、お殿様もいないのにいきなりフル装備で動き出したわけで……。

そりゃ驚きますよね。女性も子供もいたでしょうし。

 

やっぱり改易、そして流罪!

江戸でもここまでの規模ではないながらに立ち退き騒動が起き、とうとう幕府……というか家光にバレました。

自分で「家中の統治もできないヤツは改易!」という態度を取っておきながら、膝元の江戸で起きたことに気付けないなんてわけがありませんものね。

この間に一方の当事者である前野は病死してしまいましたが、帯刀と石崎をはじめとした両派の主だった人物が江戸城に呼びつけられます。

そして三回も審議が行われました。

結果は……。

「帯刀派は忠義者だから、クビにはするけど命は助けてやろう。それぞれ他の大名家で神妙に暮らすように」

「前野・石崎派はけしからん! 後見を任された先で暴挙を働くとは何事か!! 切腹!!!」

江戸時代というか武家のならいで、前野・石崎派に属した人物の息子たちも切腹や死罪になりました。可哀相に……。

ついでに藩主・高俊については「家中監督不行き届きである! 改易!!」ということで、案の定、流罪になりました。

ただし、途中まで事の経緯を知らなかったからか、当面の生活費として出羽矢島で1万石を与えられています。

「堪忍料(かんにんりょう)」という制度で、武士の遺族や改易された大名に与えられる年金のようなものでした。

他にも福島正則や、加藤忠広(加藤清正の息子)が改易されたときに付与されています。

「路頭に迷わせるほどの罪ではないが、そのままにしておいては他家への示しがつかない」といった場合に「武士の情け」として適用されるものだったようですね。

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

福島正則
福島正則すったもんだの転封&改易劇! 終焉の地は意外にも……

続きを見る

その後の高俊はさすがに反省したらしく、出羽で大人しく暮らしていたようです。

生駒家自体は息子の高清の代になって許され、旗本として残っております。

幕末には明治新政府側につき、大名に返り咲いたり知藩事になったりしました。

たびたび養子を迎えているので、直系の血が続いているわけではないようですが、これだけの大騒ぎになって家がしっかり残ったというのはスゴイですよね。

ムリヤリまとめると、「小さいときの教育は大事である」ということと、「引き際を間違えるな」ってところでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

織田と豊臣の重臣末裔が起こした「名張騒動」悲劇の名張藤堂家邸跡へ

続きを見る

伊達綱宗と伊達騒動
伊達綱宗(政宗の孫)と伊達騒動! 遊び呆けて東北最大の藩も危うく改易

続きを見る

お由羅騒動(お由羅の方)
幕末薩摩の内紛・お由羅騒動! 狙われたお由羅の方は生き残れたか?

続きを見る

山野辺義忠(義光の四男)と最上騒動~御家改易も水戸で復帰し血を繋ぐ

続きを見る

江戸三大お家騒動の一つ・仙石騒動~財政問題が幕府を巻き込み大騒動へ

続きを見る

忠勝が草葉の陰でブチギレ?【九・六騒動】を起こした本多政勝・政利親子

続きを見る

越後騒動(越前松平家の跡目争い)がメチャクチャだ~最後は綱吉も絡んで切腹だ

続きを見る

松賀族之助と小姓騒動
ゲス侍・松賀族之助と小姓騒動~妊婦の妻を献上して御家乗っ取り画策

続きを見る

小笠原忠固と白黒騒動
幕府の老中になりたい!と家臣に無茶振り 小笠原忠固の白黒騒動がヒドい

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

石田三成
石田三成 日本一の嫌われ者を史実から再評価!豊臣を支えた41年の生涯

続きを見る

藤堂高虎像(今治城)
藤堂高虎(戦国の転職王)が七度主君を替えながら家康に信頼された理由

続きを見る

江戸時代の男色・BL
江戸時代の男色・BLをナメたらアカン! とにかくバイオレンスで甘み無し

続きを見る

土井利勝
土井利勝は家康の隠し子? 参勤交代や寛永通宝など江戸時代の基盤を作る

続きを見る

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

福島正則
福島正則すったもんだの転封&改易劇! 終焉の地は意外にも……

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『御家断絶―改易大名の末路 (別冊歴史読本 15)』(→amazon
『御家騒動 大名家を揺るがした権力闘争 (中公新書)』(→amazon
生駒高俊/Wikipedia
生駒騒動/Wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-