徳川和子

徳川和子/wikipediaより引用

江戸時代

皇室に嫁いだ秀忠の娘・徳川和子の苦悩~その他の姫たちはどうなった?

元和六年(1620年)6月18日、徳川秀忠の娘・徳川和子後水尾天皇の後宮へ入内(じゅだい)しました。

入内というのはカンタンに言えば皇室に嫁ぐことです。

幕府と朝廷の結びつきを強めるこの結婚。

輿入れの当初から彼女の立場は、ほとんど嫁ぎ先と実家との板ばさみになってしまっています。

一体何があったのか?

見てまいりましょう。

 

幕府が朝廷にアレコレ言い過ぎ?

徳川和子が苦労した理由。

それはひとえに「幕府が朝廷にアレコレ言い過ぎた」ことです。

例えば、後水尾天皇が他の女性との間に男の子をもうけていたことに対し、幕府はこんな処分を言い渡しました。

「ウチの娘を嫁がせる前に、その女性とお子さんを処分(流刑に)させてもらいますね^^」

この時代、乳幼児の死亡率は今よりずっと高いのですから、皇統継続のためには何人子供がいても安心しきれなかったというのに、さすがに横暴な話です。

江戸時代以前の乳幼児死亡率は異常~将軍大名家でも数多の子が亡くなった

続きを見る

それでなくても“禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)”で

「皇室の方々はこうこうしてください」

「公家はなんたらかんたらすべき」

等々、徳川家から皇室や公家に対し干渉しまくっていたので、当然、朝廷の人々は日頃からムカついていました。

そんな敵陣に等しい場所へ嫁ぐことになったのですから、和子はさぞ緊張していたでしょう。

 

夫婦仲はよかった

いざ嫁いでみると、夫婦仲は意外に良好でした。

後水尾天皇と和子の間には二男五女が生まれており、男の子2人はすぐ亡くなってしまったものの、女の子はほぼ天寿を全うしています。

二人とも芸術を好む面があったので、和歌や絵画などの話が弾んでいたとも思われます。

また、和子は苦しい立場ながらに嫁ぎ先と実家のバランスを考えることのできる女性でした。

後水尾天皇は後々幕府の態度にキレて突然、娘の明正天皇に譲位してしまうのですが、女性天皇はもともと”中継ぎ”の役割が大きく、生涯独身を通して子供を産まないことになっていました。

後水尾天皇が春日局にキレて譲位! 朝廷と江戸幕府の難しい関係とは

続きを見る

となると、さらにその次の皇位継承者を考えておかなくてはなりません。

そこで和子は、後水尾天皇と他の女性との間にできた皇子を皇太子に据え、両方の顔を立てたのです。

「天皇家の外戚」としてずっと権力を持ちたかった徳川家としては歯噛みしたかもしれませんが、これは和子の作戦勝ち、もしくは運命の皮肉ですかね。

もしも、和子の産んだ皇子が生きていたら、また違った展開になったでしょう。

こんな感じで和子の生涯は緊張が続いていたわけですが、実は徳川秀忠の5人の娘の中ではまだ幸せなほうです。

豊臣秀頼に嫁いだ長女・千姫については以下の過去記事に譲るとして、

千姫
千姫(家康の孫で秀吉が義父)は大坂城から脱出した後どうなった?

続きを見る

他の三人について簡単に見ておきましょう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)