徳川家治

徳川家治/wikipediaより引用

江戸時代

リアリストで有能だった十代将軍・徳川家治は人情味も兼ね備えていた

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
徳川家治
をクリックお願いします。

 

部下に百両をドンッと!

ある大雨の日、家治は自分の近習(お世話役)がため息をついているのを見かけました。

「あいつ元気がないみたいだけど、何かあったのか?」と別の近習に尋ねてみたところ、「あいつの家は貧しいので、この雨で実家が雨漏りでもして両親が寒い思いをしているんじゃないかとか心配なんですよ」とのこと。

そこで家治、続けて「どのくらい金があれば、あいつの家を直せる?」と聞きました。

すると「百両くらいあれば良いと思います」という返事。

おそらく生まれついてのおぼっちゃま・家治には、雨漏りがどういう状態なのか想像つかなかったんでしょうね。

これを聞いて家治はすぐにため息をついていたほうの近習を呼び出し「これを遠慮なく使え。両親によろしくな」と気前よく百両をやった……という話です。

百両と言われてもピンときませんが、日銀の研究所が出した換算では一両=4~13万円くらいとのことなので、だいたい400~1,300万くらいをポーンとあげちゃったことになります。

幅が広すぎといえばその通りですが、どっちにしろ修理費用ってレベルじゃねーぞ!

「普段はケチるけど使うべきときは一気に使う」タイプだったってことですかね。現代の一般人でいえばボーナス一括払い派という感じでしょうか。ちょっと違うか。

 

親戚づきあいもバッチリで非の打ち所ナシ?

その影響があるのかないのか。

家治は将軍職の人にしては珍しく、親族と争ったことがないようです。

目立った逸話こそないものの、父・家重や弟・重好、そして正室だった倫子(ともこ)女王とも親密だったらしきことが記録されています。

特に夫婦仲は徳川将軍の中でも際立って良かったらしく、二人の女の子に恵まれています。

残念ながら二人とも成人前に亡くなっていますが、もし無事に成長していたら、どこかお嫁に行った先で将軍候補となる男の子を産んでいたのかもしれません。

実際には倫子女王も家治より先に亡くなっていますし、お世継ぎができないというので側室を迎えているのですが、立場上致し方ありません。それに、男の子が生まれてからは側室の下に全く通わなかったといいますから、本当に「立場上の関係」としか思っていなかったのでしょう。

側室の件はともかく、総合して考えると、家治は「金銭感覚がしっかりしていて、思い切った決断もでき、家族とも仲が良かった将軍」ということになりますかね。

やっぱり地味ですが、また何か人柄がわかるような史料が見つかればもっと知られるようになる……かも。

みんなが読んでる関連記事

徳川家重(9代将軍)のアダ名があんまりだ! 小便公方とは酷すぎる

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

徳川家綱
徳川家綱(四代将軍)を地味将軍と言うなかれ 実は好感度エピ満載な人物

続きを見る

徳川秀忠
徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か?二代目将軍の実力まとめ

続きを見る

徳川家茂
徳川家茂(徳川14代将軍)勝海舟にも認められた文武の才 その実力とは

続きを見る

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

徳川家定
徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想~篤姫の夫として期待されながら

続きを見る

徳川家慶
徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

続きを見る

徳川家達
幻の16代将軍・徳川家達が慶喜の跡を継ぎ当主に就任~篤姫の願い叶う

続きを見る

徳川家宣
在位三年で死亡の六代将軍・徳川家宣は清廉クレバー!知られざる実績とは

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
歴史読本編集部『歴史読本2014年12月号電子特別版「徳川15代 歴代将軍と幕閣」』(→amazon
歴史読本編集部『歴史読本2013年1月号電子特別版「徳川15代将軍職継承の謎」』(→amazon
徳川家治/Wikipedia
野村ホールディングス(→link

TOPページへ

 



-江戸時代