明治・大正・昭和時代

東京奠都で明治天皇お引越し TOKYOは「東の京都だから東京」はマジです

更新日:

冠婚葬祭ほどではないにしても、人生でそこそこ大掛かりなイベント・引越し。
一般庶民でも大変なのですから、これが国の根幹に関わるようなお偉いさんとなれば、べらぼうな手間がかかります。

本日はその最たる例であろう、あの方のお引越しのお話です。

1868年(明治元年)9月20日は東京奠都のため、明治天皇が初めて東京へ向かって出発した日。
「とうきょうてんと」と読みます。

実質的にはこのときから首都は東京扱いになっていたようですが、それまでには紆余曲折がありました。
そもそも戊辰戦争の真っ最中ですしね。

さっそく事の経緯を見ていきましょう。

 

東京奠都になったのは大阪だと反発が凄まじかったから

倒幕の後、明治新政府の中では
「新体制になったことを明らかにするために遷都が必要だ」
と考えられました。

当時まだ東日本の政情が不安定だったため、第一候補は大阪。
その予告的な意味で大阪行幸(天皇のお出かけ)が決まります。

しかし、いざ蓋を開けてみると、遷都を予感した公家や京都市民が大反発し、大阪遷都は白紙となりました。

江戸城無血開城が、そんなタイミングで成立したため、
「やっぱり大坂よりも江戸に都を移したほうがいいな。でないと、将軍を失った江戸には人が住まなくなってしまう」
という意見が出ました。

スンナリそれで決まり……はしませんでした。
公家や京都市民は「まだ戊辰戦争も終わっていない危ないところへ陛下を行かせるわけにはいかないでしょう!」と大反発したのです。大坂よりずっと遠いですしね。

そこで遷都派のお偉いさん方が考えたのが、次のように柔軟な次善策でした。

「今まで皇室と縁のなかった東日本を治めるには、やはり陛下に江戸へ移っていただいて人心をつかむことが大切である」
「江戸を”東の京都”とし、いずれは二つの都を鉄道で繋ぐ」

かくして東京奠都が決まったのです。

 

総勢3,300人を引き連れ東京へ

東京奠都の骨子が決まり、次に徳川家の駿府移転も決定。
いよいよ明治天皇のお引越しが実行に移されることとなりました。

まずは正式に江戸を東京と改称する詔書が出され、”東の京都”だから天皇が行くことには問題がないのだということを広く知らされます。

実は、この後に明治天皇の”即位の礼”が執り行われています。
戊辰戦争に直接関わることはないにしても、宮中もバタバタしていたことがよくわかりますね。

そして9月20日、明治天皇は公家や護衛の武家たち総勢3,300人を引き連れ、東京へ向かいました。

初日の宿泊地は、現在の滋賀県大津市御幸(みゆき)町で、東海道最大の宿場町として有名なところです。
実はあの大津事件の現場も近かったりします。

大津事件が穏便に済んだのはロシア皇太子ニコライ2世が日本びいきだったから?

明 ...

続きを見る

大津事件が起こったとき、明治天皇は「あの町でそんなことが起きてしまったのか」という点でも驚いたでしょうね。

事件前に訪問した長崎でのニコライ皇太子(1891年・上野彦馬撮影)/wikipediaより引用

ちなみに上の写真は、大津事件の前に長崎で撮影されたニコライ皇太子です。

注目していただきたいのは、撮影者でして。
日本初のプロカメラマンと言われ、あの坂本龍馬の撮影にも関わっていたと言われる上野彦馬です。

以下に詳細記事がありますのでよろしければ併せてご覧ください。

あの龍馬の写真にも関わった!? 上野彦馬は日本人初のプロカメラマン

幕 ...

続きを見る

脱線が大きくなってしまいました。
話を東京奠都へ戻しましょう。

 

行ったきり戻らないと今度は京都がヤバい

一行が東京へ到着したのは10月13日のことでした。

当時まだ16歳だった明治天皇は
「江戸城は大きいなあ」
と少年らしい感想をもらしたのは有名な話かもしれません。

しかし、行ったきり全く帰らないのでは、京都の人々の動揺は計り知れません。
いきなり帰ってしまっても東京の人々に疑念が生まれてしまいます。

そこで先代・孝明天皇の三年祭(神道でいう三回忌のようなもの・ただし亡くなった翌年から数えるため、仏教とは一年ずれる)と、皇后を正式に決めるために戻るのだと言い置くことになりました。

実際にこの二つは行われています。

その後も明治天皇と昭憲皇太后は、東西両京の人心を落ち着かせるため、度々行き来をしました。
正式に東京へ留まることになったのは、通称「明治宮殿」と呼ばれる戦前の皇居が出来てからのことです。

ついでですので、明治天皇から現代に至るまでの天皇の住まいについてまとめておきましょう。

・1868~1873年 江戸城西の丸御殿

・1873~1888年 旧紀州藩江戸藩邸=青山御所=赤坂御用地

・1888~1945年 明治宮殿

・1945年5月25日 空襲により明治宮殿焼失
御文庫(皇族用の防空壕を兼ねた建物)を仮の御所、宮内庁庁舎三階を仮の宮殿に

・1968年 新宮殿落成(現在の皇居)

だいたいこんな感じです。

戦後しばらく宮殿が造られなかったのは、昭和天皇が
「国民が難儀しているときに、新しく宮殿を建てることはできない」
とおっしゃっていたからだそうで。

昭和天皇の戦後というと全国巡幸をされたことが有名ですが、あれはいわゆる仮住まい中のことだったんですね。

 

寝殿造に近い構造だった明治宮殿

また、明治宮殿にもちょっとしたエピソードがいくつかあります。

明治天皇は代々続いていた「形」というものを非常に大切にする方だったので、明治宮殿はいわゆる寝殿造に近い構造になっていました。

しかし、これが嵐や冬の寒さに対して無防備、かつ洋装化で薄着になったことにより、秋冬は難儀することも多かったようです。
特に昭憲皇太后や女官たちは十二単から洋装になっていますから、冬の寒さは辛かったとか。そりゃそうですよね。

ちなみに夏の暑さについては、明治天皇いわく「熱いものを食べて汗をかいたほうが良い」ということで熱いものを食べたり、スイカを食べたりしてしのいでいたそうで。
皇室や皇居というと我々庶民にとっては雲の上のような存在ですが、中身はやはり人間なんだなあということがうかがえますね。

引越し一つするだけで何十・何百万もの人心に気を使わなくてはならない分、損な役回りかもしれません。

長月 七紀・記

【参考】
『明治宮殿のさんざめき (文春文庫)』(→amazon link
東京奠都/Wikipedia
明治神宮崇敬会
明治宮殿/Wikipedia



-明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.