児玉源太郎/国立国会図書館蔵

明治・大正・昭和時代

謙虚だった天才・児玉源太郎~日露の勝利は彼の貢献度が大きい?

嘉永五年(1852年)2月25日は児玉源太郎の誕生日です。

教科書に出てこないのであまり著名な方ではありませんかね?

日露戦争を早めに終わらせることができたのは、実はこの人の考えによるもの。名前でググったときに「天才」という関連用語が出てくるのは、司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』の影響かもしれません。

生まれながらの天才というような扱いになっていたのです。

しかし、少年時代にはかなりの苦労もしておりました。

 

徳山藩で中級武士の家に生まれ

児玉家は、徳山藩(山口県周南市)で中級武士の家。この藩は規模が小さ目な、長州藩の支藩であり、いわば分家のようなものです。

長男だった源太郎は、順当に行けばいずれ児玉家の当主となって藩に仕えていたのでしょう。

ところが、わずか5歳のときに父親と死別という不運に見舞われます。

さすがに5歳で家督を継ぐわけにも行かず、姉婿が一度は当主になりました。この姉婿が佐幕派に惨殺されてしまい、児玉家は収入を失って貧乏生活を余儀なくされます。

それを何とか乗り切り、成長した児玉は戊辰戦争最後の一幕・箱館(函館)戦争で初陣を果たしました。

箱館戦争の様子を描いた麦叢録/函館市中央図書館蔵

 

「児玉がいる限り、日本が勝つだろう」

箱館戦争において、武功に関する記録は特にありません。

その後、陸軍に入り、軍人としての道を着実に進みました。

例えば、1877年の西南戦争にも参加。

西南戦争が起きた本当の理由をもう一度深掘り「視察」が「刺殺」の真相は?

続きを見る

明治時代初期において、不平士族の反乱を鎮圧するうちに経験を積み、いつしか軍の中でもかなりの期待を寄せられるようになっていきます。

不平士族の反乱マトメ(佐賀の乱・神風連の乱・秋月の乱・萩の乱・西南戦争)

続きを見る

まだ若く名門の出身でもないのに「児玉は無事か」という電報を送られたとか、日露戦争の時にはクレメンス・メッケルに「児玉がいる限り、日本が勝つだろう」とまで言われたとか、普通の人だったら天狗になりそうなほどのベタ褒めを受けています。

しかし、児玉にはそういうことがありませんでした。

一言でいえばとにかく謙虚。

実家の困窮のためきちんとした教育を受けていないことによる引け目があったのでしょうか。男性としては当時としてもかなり小柄なほう(150~155cm)だったことも無関係ではないかもしれません。

まぁ、当人の性質というのが一番大きいのでしょう。

 

日露戦争の立役者

それが最も顕著に出たのが日露戦争のときです。

日露戦争をスッキリ解説!仁川沖海戦に始まりポーツマス条約をマトメるまで

続きを見る

このとき児玉は内務大臣だったのですが、対ロシア作戦を立てていた人が急死してしまい、大山巌に請われたため大臣を辞めてまで参謀次長についています。旧軍で降格を了承したのは児玉ただ一人といいますから、身分の高さよりも「必要とされているところに行く」ことを重視していたのでしょう。

また、大山とは個人的に息も合ったようです。

苦戦中に大山が「児玉さん、今日もどこかで戦(ゆっさ)がごわすか」と惚けたことを言ったおかげで空気が丸くなったとか、妻・大山捨松が「大山が一番好きなのは、私ではなくて児玉さんですわ」と評するほどです。

大山巌/wikipediaより引用

乃木希典とも浅からぬ縁があります。

児玉と乃木は同郷であり、少なくとも西南戦争の時には戦友でした。
日露戦争の時には30年近い付き合いだったということになります。

生来謹厳で責任感の強い乃木は、西南戦争のときにも失敗で自責の念を感じ、切腹しようとしたことがあるのですが、これを止めたのが児玉です。

旅順要塞での戦いに関する被害の大きさについて、国民や陸軍内から乃木に対する不信や非難の声が高まったとき「乃木でなければ旅順は落とせない」と擁護したのも児玉です。

後々児玉が亡くなったとき、乃木は大雨の中ずっと棺に付き添っていたそうです。終生、お互いに良い戦友と思っていたのでしょう。

乃木希典――妻と共に明治天皇に殉じた悩める軍人の生き様とは?

続きを見る

 

講和を進めた「軍功」

日露戦争の主な戦闘については別記事で取り上げますが、最後の会戦(大規模な陸での戦闘)である【奉天会戦】で日本軍が勝ったとき、真っ先に講和の準備を始めたのは児玉でした。

一度勝ったからまた勝てるだろうと楽観視する本土の軍人達に、「今講和しなければ負ける、ぐずぐずしている暇はない!」と主張したのです。なぜなら……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明治・大正・昭和時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.