児玉源太郎/国立国会図書館蔵

明治・大正・昭和時代

謙虚だった天才・児玉源太郎~日露の勝利は彼の貢献度が大きい?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
児玉源太郎
をクリックお願いします。

 

ロシア軍の規模の大きさやシベリア鉄道で迅速に次の部隊や物資が補給されること。
講和交渉にかかる期間。
日本側の戦費や死傷者数の大きさなどを考えてのことだったのでしょう。

それでもグズる陸軍でしたが、海軍大臣の山本権兵衛が児玉に同意したことで、ようやく講和への道を探り始めます。

撤退中のロシア軍/wikipediaより引用

日本の勝利が決定的になったことで有名な日本海海戦は奉天会戦の後ですが、その間、約2ヶ月空いており、ポーツマス条約で講和が決まったのは日本海海戦からさらに約3ヶ月後のことです。

つまり、もし講和を始めたのが日本海海戦の後だったら、また陸か海かで同規模の戦闘が起き、日本は戦費や兵数の不足によって押し切られ、負けていたかもしれません。

そうなった場合、おそらく朝鮮半島はおろか日本のどこかを割譲していた可能性もなくはないでしょう。ああおそロシア。

ですので、ある意味児玉のおかげで日露戦争に勝てたということもできるのです。

 

お好きな項目に飛べる目次

日本のナポレオン!→本人否定

とはいえ、児玉本人はたいした功績とも思っていなかった節があります。
晩年、浅草で日露戦争に関する展示が行われた際のエピソードに、こんなものがあるのです。

展示会場で、児玉を同じく小柄で優秀な軍人として有名なナポレオンになぞらえ「児玉参謀長は日本のナポレオンに違いない!」というようなことを言っていた若い軍人たちがいた。
そのとき、背後から「児玉はそんなにたいした人間ではありませんよ」とささやく声が聞こえた。

ムッとした軍人は振り返りながら「なんて失礼なことを言うんだ!」と反論したら、そこにいたのが他ならぬ児玉本人だったのですからビックリ仰天。
見事ドッキリを成功させた児玉はご満悦だった――。

背後から囁くなんて仕事人か乙女ゲーの男性キャラでもなきゃやらないと思うんですが、さすが児玉さん!おれたちにできないことを(ry

この手の自虐ジョークは昔から言っていたそうで、ほぼ成り上がり者だった児玉が身分の上下問わず慕われたのはこういうところからきていたのかもしれません。

そういう面を知ると、勲章をたくさんつけた軍服姿の写真も何だか愛嬌があるように見えてくるから不思議なもの。
お偉いさんほどユーモアを持つのが大切ということですかね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

日露戦争をスッキリ解説!仁川沖海戦に始まりポーツマス条約をマトメるまで

続きを見る

西南戦争が起きた本当の理由をもう一度深掘り「視察」が「刺殺」の真相は?

続きを見る

不平士族の反乱マトメ(佐賀の乱・神風連の乱・秋月の乱・萩の乱・西南戦争)

続きを見る

乃木希典――妻と共に明治天皇に殉じた悩める軍人の生き様とは?

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
児玉源太郎/wikipedia
日露戦争/wikipedia

 



-明治・大正・昭和時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.