渋沢栄一と女子教育

津田梅子と渋沢栄一/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

渋沢栄一の女子教育はドコまで本気?単なる労働力と見てなかったか

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
渋沢栄一と女子教育
をクリックお願いします。

 

資本主義と女性の権利は両立するのか?

『青天を衝け』は、吉沢亮さんが主演を務めております。

脇役も草なぎ剛さん、ディーン・フジオカさんたち美男がズラリと並び、女性ファンが多いとされています。

大河は男性向け、朝ドラは女性向け――そんなことが言われてましたが『青天を衝け』は両者の良いところをあわせたハイブリット作品と分類されるのかもしれません。

しかし、同時に考えたいことがあります。

それは渋沢栄一を形容する「資本主義の父」という言葉。

「資本主義」と女性の解放をめざす「フェミニズム」は、対立するとされています。特に近代以降の資本主義はその傾向が強い。

どういうことか?

女性の地位や権利は、時代がくだれば進歩するものでもありません。

工業と資本主義が発展する近代において、女性はそれまでの時代とは異なる立場に置かれます。

産業革命が発達する以前、女性も労働力として活用されたものの、あくまで家庭の周辺でのことでした。

『青天を衝け』で描かれている血洗島の光景を思い出してください。

渋沢家や尾高家の女性は、藍色の栽培に参加しつつ、男性のために家事労働をこなしています。

それが明治以降、女性には別の生き方が生まれてきます。

都市部の工場で働く選択肢です。

資本主義にとって、こうした女性の労働者である「女工」は使いやすいものでした。

女性であるからには、未婚であれば父親、既婚であれば夫に養われる――そんな建前のもと、賃金は安く抑えられる。男性のように家庭を支えることはないのだから、労働力として価値が安い。

そうして女工は搾取に晒されました。

富岡製糸場のような当初は官営工場だったところならいざしらず、民営業者はいかにして女工を安く確保できるのか、悪知恵を働かせます。

富岡製糸場
富岡製糸場は元祖ブラック企業というか最初は超ホワイト環境だった?

続きを見る

殖産興業
まず富岡製糸場と八幡製鉄所が作られた~殖産興業を推進した明治政府

続きを見る

明治維新が作った女の不幸
渋沢栄一の妾たちはどんな境遇で生まれた?明治維新が作った女の不幸

続きを見る

渋沢栄一がその悲劇を知らなかったワケがありません。

なんせ渋沢栄一は、女性や未成年労働者の労働条件を緩和する工場法(労働基準法の前身)に反対し、十年以上阻害しています。

「女性は体が弱く、戦争においては役に立たない」という旨のことを主張しながら、その肉体を保護することに反対とは矛盾以外の何物でもありません。

ただしこれは渋沢栄一だけでなく、資本主義の抱える問題といえます。

 

資本主義は金ありきゆえ

資本主義は、金(利益)がすべて。

女性が担う家庭内の労働を無償とすれば、国家の福祉が担う範囲と予算が抑え込める。

こうした考えが危険なのは、さらに「通俗道徳」へ発展することであり、実際、明治以降の世の中はそうなってしまいました。

通俗道徳とは、強度な自己責任論のことであり、国民に「悪いのは自分」と徹底して叩き込み、不満を抑え、貧しい人々は見捨てられたのです。

通俗道徳
お前が貧乏なのはお前の努力が足りんから 明治時代の通俗道徳が酷い

続きを見る

日本近現代史の暗部
残飯で食いつなぎ 暴力が横行 カネで赤子も殺していた 日本近現代史の暗部とは

続きを見る

そんな状況であるのに『青天を衝け』での栄一は「みんなが幸せになることが大事である」と口にしていました。

大切なのは、その「みんな」の範囲なのです。

例えばフランスで出された『人権宣言』において、人権を有する範囲は、あくまで自国民の男性のみを対象としていました。

これに異議を唱えるように『女性および女性市民の権利宣言』を発表したオランプ・ド・グージュは、些細な罪をでっちあげられ、ギロチンで斬首刑にされています。

近代の人権が規定する範囲は、おおよそこのようなものであり、渋沢栄一も同様でした。

好例がレオポルド2世でしょう。

『青天を衝け』での栄一は、国王でありながら商売の話をするベルギーのレオポルド2世について、興奮しながら絶賛していました。

史実でも似たようなもので、このシーンから渋沢栄一の人権感覚がわかります。

レオポルド2世の商売は、コンゴ自由国の住民を徹底して虐待・搾取する、あまりに残酷な強制労働を課するものだったのです。

レオポルド2世とコンゴ自由国
コンゴ自由国では手足切断当たり前 レオポルド2世に虐待された住民達

続きを見る

住民の権利を無視していたからこそ通じる理論ですね。

「みんなの幸せ」という言葉には甘い響きがある。

しかし、その範囲が恣意的に限定されているなら、これ以上の毒はありません。

果たして自分はその「みんな」に含まれる存在なのか?

そう考えると怖くなってくるのは私だけでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

女遊びが強烈すぎる渋沢スキャンダル!大河ドラマで描けなかった史実

続きを見る

津田梅子
6才で渡米した津田梅子の絶望~それでも女子教育に生涯を賭けて

続きを見る

コメントはFacebookへ

女遊びが強烈すぎる渋沢スキャンダル!大河ドラマで描けなかった史実

続きを見る

新島八重『八重の桜』
最強の女スナイパー新島八重を知れば幕末&会津がわかる!86年の生涯

続きを見る

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考文献】
鹿島茂『渋沢栄一』(→amazon
土屋喬雄『渋沢栄一』(→amazon
若桑みどり『皇后の肖像』(→amazon

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和

×