飛鳥・奈良・平安時代

糖尿病の道長さんが貴族の頂点に立つも「望月」が見えなかった可能性

更新日:

問題です。

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」の作者は?

ご存知ですよね。

答えは藤原道長(966-1027年)。
平安貴族の頂点、関白として栄華を極めた人ですね。

そんな道長さんですが実はある病気にかかっていたのをご存知ですか?

ズバリ「糖尿病」です。

糖尿病は膵臓から出るインスリンの作用不足により高血糖になる病気です。

高血糖が長く続くと血管が傷み様々な合併症を併発。
このうち微小血管障害によっておこる「神経障害」「網膜症」「腎症」は糖尿病に特有の症状であり『糖尿病の3大合併症と』と呼ばれます。

そして道長さんに関する文献には糖尿病を疑わせる記述がいくつか認められるのです。

 

『小右記』や『御堂関白記』に疑惑濃厚な記述あり

同時代の貴族が書いた『小右記』の中に、道長は51歳頃から「口が渇きやたらと水を飲む」ようになったと書かれています。

ここで病気の話に戻りますが、血糖値が高い状態になると、血管内の浸透圧が高まり、細胞から血管の中へと水分が移動します。
結果、血管内の水分量は増え尿量が増えますが、細胞は脱水となるので口が渇き、多飲となります。
(詳しく知りたい方は「浸透圧利尿」で調べて下さい。)

道長の多飲はこの浸透圧利尿によるものと考えられます。

実は小右記の作者さんは結構な実力者だったため道長のことも遠慮なく書いており、ずばり「飲水病(糖尿病)」と言い切っちゃってるんですね~。

『御堂関白記』には道長が目を悪くしていた記述も出てきます。

「二、三尺相去る人の顔も見えず」

これは糖尿病性網膜症ないし、糖尿病による白内障の悪化が疑われます。

道長が「この世をば~」の歌を読んだのは50代。

ゆえに
「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも 実は見えないんだよね!!」
だったのかも知れません。

どう見ても恰幅の良い藤原道長さん『紫式部日記絵巻』より/Wikipediaより引用

 

兄の道隆、叔父の伊尹、甥の藤原伊周が糖尿病です

糖尿病の原因は、肥満や過食などの生活習慣はもちろんです。
が、実は“遺伝的素因”が大きいこともご存じでしょうか?

糖尿病で初診の方には「親、兄弟などの血縁に糖尿病の方はおられますか?」と必ず家族歴を聞きます。

では道長さんにも家族歴を聞いてみますと……。

道長「兄の道隆、叔父の伊尹、甥の藤原伊周が糖尿病です」

疑惑が特濃ですね。

平安時代の食生活は現代と比べれば質素だった模様ですが、貴族のトップとなるとそれなりに贅沢な食事もしていたのではないでしょうか?

当時のお酒は今と違って大量の糖分を含むあま~い濁り酒だったようですし。
当時は贅沢病とされ、現代と比べて患者数も少数でした。

しかし飽食の現代、糖尿病の患者数は増えに増え2010年の調査では糖尿病と糖尿病予備群の合計は2,050万人、国民の5人に1人が該当します。

お金持ちでなくても普通にかかっちゃう病気となりました。皆さまもわが世の春を謳歌するために糖尿病には気をつけて下さいね。ではまた♪

まり先生の歴史診察室藤原道長

文&イラスト・馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪

 



-飛鳥・奈良・平安時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.