蘇我入鹿

蘇我入鹿首塚と甘樫丘/photo by Saigen Jiro  wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

実は秀才だった蘇我入鹿~古代の悪人代表は捏造エピソードも多そうで

大化元年(645年)6月12日は乙巳の変が起きた日。

つまり中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が、蘇我入鹿を殺し、蘇我蝦夷が自害へと追い込まれた日となります。

この蘇我氏親子って、歴史の授業でも悪役として描かれがちですよね?

例えば『日本書紀』でも蘇我蝦夷・入鹿についてボロクソに書いていて、そうした影響も強そうですが、では実際はどうだったのか?

蘇我氏の悪行とはどんなものだったのか?

当時を振り返ってみましょう。

 

祖父は馬子で父は蝦夷 本当にやりたい放題?

蘇我入鹿は飛鳥時代の豪族で、大臣を務める一族に生まれました。

パパは蘇我蝦夷で、やはり大臣。

権力を握った彼等は驕り高ぶり、こんなことをしたと伝わっております。

・由緒正しい場所(高宮)に祖先の廟を建て、天子にしか許されない舞を行った

・自分たちの墓を国民大動員で作らせ、天皇家にしか許されない「陵」という名称で呼ばせた。またその工事で聖徳太子の一族の領民も使役した

・皇極天皇の跡継ぎに、蘇我氏の血を引く古人大兄皇子を推挙し、対立候補である聖徳太子の息子・山背大兄王(やましろのおおえのおう)を【入鹿の独断で】攻め滅ぼした

・自分の家を「宮上の門」と呼ばせ、子供たちを「皇子」と呼ばせた

結果、こうなります。

自分が天皇になったつもりか!?

そんな横暴な蘇我氏は滅ぼされて当然だよね!

中大兄皇子が入鹿グサッ!(645年 乙巳の変)

とまぁこんな流れなわけですが、これはクーデターで勝った側の補正が多分に入っているでしょう。

倒した相手は悪人のほうが都合がいいですからね。

 

蒸米(645)で祝う大化の改新ではなく

実はクーデターを起こした側、藤原氏の歴史書には「帰国した僧の私塾で入鹿ちゃんが一番優秀でした」と書かれており、賢い人物であったことはまず間違いないようです。

山背大兄王攻めにしても同じく藤原氏の書に「軽皇子ら反山背派が共謀してやりました」と書いてありますし、他の項目に関しても近年は擁護意見が多数あります。

また聖徳太子の行った政治に関しても聖徳太子1人が行ったワケでなく、蘇我氏と聖徳太子が共同で行った政治とする見方もあり、極端な説では「聖徳太子は実在せず、太子のやった政策を行ったのは蝦夷と入鹿」とするものまで!

どうでしょう?

入鹿の悪行が全てねつ造とは言いませんが、かなり盛られている感が伝わったでしょうか?

ざっくりまとめると「入鹿ちゃん、大臣の地位でちょっと調子に乗っていた」程度の悪人であったと考えられます。

よって今回は少なめの★2つ(日本史ワル査定の過去記事)。

入鹿という名前は本名ではなく、後のヒトがつけた蔑称だそうです(諸説有り)。

蛇足になりますが、私が日本史を習った時代は645年に蘇我入鹿が殺された事件が『大化の改新』でした。

現在は事件そのものは【乙巳の変】とされ、変の後で行われた政治改革が【646年大化の改新】になっているのがいささかショックです。

悪人度 ★★☆☆☆
影響力(権力)★★★★★
名前がおかしい度★★★★★

イルカ

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

あわせて読みたい関連記事

足利尊氏
足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍~生誕から室町幕府までの生涯とは

続きを見る

平将門の乱
平将門の乱はいつどこでナゼ起きた?首塚伝説を含めてスッキリまとめ

続きを見る

藤原時平
藤原時平は天神様を太宰府送り~お茶目な逸話もある左大臣の評価は?

続きを見る

日本初のキリシタン大名・大村純忠は過激すぎ!改宗に従わぬ者は

続きを見る

家臣の妻の風呂を覗く師直
家臣の妻の風呂を覗いて大コーフン 人妻大好き黒執事・師直は星4つ

続きを見る

森忠政
磔(はりつけ)大好き森忠政! 可成や長可とはタイプの違う森家跡取り

続きを見る

天智天皇
天智天皇による政敵粛清が圧倒的!諱の由来は紂王の「天智玉」か

続きを見る

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪(→amazon』が発売中です!

【参考】
国史大辞典
海音寺潮五郎『悪人列伝 古代篇 (文春文庫)』(→amazon
蘇我入鹿/wikipedia
現代ビジネス(→link

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-