官職と二官八省

飛鳥・奈良・平安

官職と二官八省がわかる~日本史全体が楽しくなる基礎知識まとめ

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
官職と二官八省
をクリックお願いします。

 

八省【右弁官局管轄】

兵部省(ひょうぶしょう)著名な武士多し

武官の人事や軍事を担当しています。現代だと防衛省や自衛隊でしょうか。

歴史上で内乱の話が取り上げられやすいためか、トップである「兵部卿」には有名な人がたくさんいます。

ほんの少しご紹介すると、

などが兵部卿の経験者です。

刑部省(ぎょうぶしょう)三成の盟友・吉継

現代だと法務省+裁判所にあたる、司法や訴訟を扱う役所です。

しかし、しばらくしてから検非違使(けびいし)など他にも治安維持や刑事事件を担当する職が増えたため、実際の仕事量は……。

「刑部」と呼ばれていた人物としては、戦国武将の大谷吉継が有名でしょうか。

吉継もやはり、三成と同じタイミングで正式に叙任されています(位階は三成と同じく従五位下)。

吉継の性格などを察するに、刑部省のような仕事はピッタリだったでしょう。

また、2人が等しく豊臣秀吉に重用されていたことも窺えます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉のド派手すぎる逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

真田丸』で演じられた片岡愛之助さんが印象的でしたよね。

大蔵省(おおくらしょう)経済部門を担当

現代で例えるのは難しいところですが、経済産業省が近そうです。

度量衡や朝廷の出納などを担当していました。

全く同じ名前のお役所が近年まで存在していましたが、明治時代に一度再編されているので、ずっとそのままというわけでもないのが面倒なところです。

宮内省(くないしょう)皇室のプライベート

ある意味、ここが一番やっかいかもしれません。

現代は宮内“庁”、二官八省のほうは宮内“省”です。受験生の方はご注意ください。

年代でいえば、昭和二十四年(1949年)以降が宮内“庁”です。

実は途中で宮内“府”なんて名前になったこともあります。

名前が同じだけあって職務も似ており、現代の宮内庁の侍従職や東宮職などが宮内省に相当すると思われます。

中務省との区別がややこしくなるところですが、二官八省においては「中務省が皇室の公的面、宮内省が私的生活をサポートしていた」と考えれば良いかと。

 

戦国時代の官職は実態を伴わないけど

これで古代の官位はバッチリ!

しかしそう思って戦国時代や江戸時代を眺めてみれば、名称は同じでも実態が大きく異なるものもあるので注意が必要です。

エンタメ的な見方で、戦国大名の官位(自称も含めて)と、実際の仕事内容を比較すると楽しいかもしれません。

例えば上記のように三成と吉継は、それぞれにピッタリなイメージでした。

また、戦国武将などによくみられる「国名+守(かみ)」というのは本来、国司(地方の長官、現在の知事に相当)を意味する官職です。

戦国時代に官職は、単なるお飾りではありましたが、ときに他国へ攻め込むための口実にも使えた――ゆえに官職を自称する武将も多かったのです。

さらに、武将は自ら好き勝手に官職を名乗るだけでなく、配下の武士に「◯◯守」とつけてあげました。

「国名」はざっと68(66国と2島)あるので、自分をのぞいて67人の部下にもっともらしい呼び名を与えることができる、便利な称号だったのです。

いちいち、名乗るのに朝廷の許可はいりません。

なんせ戦国時代の朝廷には地方に及ぶ実権がなかったからです。ただ、より権威をつけるため、正式に朝廷から入手する例もあります。

例えば三河を支配した徳川家康

今川氏に対抗するため、室町幕府を通じて朝廷へ工作(つまるところ献金)し、1566年に「三河守」を正式に手に入れてます(それに合わせて松平から徳川に改姓)。

徳川家康
史実の徳川家康は三度の絶体絶命をどう乗り越えた?天下人の生涯75年

続きを見る

もともと今川氏は三河出身の足利一族です。

今川義元の時には、室町幕府の正式な官職である駿河守護に加え、三河の隣の遠江(とおとうみ)守護に任命されておりました。

室町時代は、実態のない古代の「守」より、幕府の組織である「守護」のほうが上。

当時の家康も、本音を言えば「三河守護」が欲しかったのでしょう。

しかし、落ち目とはいえ、足利一族の今川氏真が健在である以上、なんぼ金をつまれても家康に「三河守護」を与えるわけにはいきません。

そこで幕府の「伝奏」を使い、幕府とは関係なく朝廷が今はなき「守」を与えたという形にしたと考えられます。

すっかり戦国時代の説明も長くなってしまいましたが、古代の官職については、源氏物語などの古文で楽しむことができます。

二官八省の役職名で呼ばれている人がたくさんおりますので。

受験勉強にせよ、大人になってから嗜むにせよ、そうやって楽しんでこそ歴史の醍醐味ではないでしょうか……って、なんだか偉そうでスミマセン^^;

なお、位階については下記の記事リンクからご確認どうぞ~。

あわせて読みたい関連記事

官位と位階
モヤッとする位階と官位の仕組み 正一位とか従四位ってどんな意味?

続きを見る

令外官
関白・検非違使・中納言「令外官」を知れば『光る君へ』も日本史全体も見えてくる

続きを見る

藤原道長
藤原道長は出世の見込み薄い五男だった なのになぜ最強の権力者に?

続きを見る

紫式部
紫式部は道長とどんな関係を築いていた?日記から見る素顔と生涯とは

続きを見る

清少納言
『光る君へ』清少納言は史実でも陽キャだった?結婚歴や枕草子に注目

続きを見る

石田三成
石田三成・日本史随一の嫌われ者を再評価~豊臣を支えた41年の生涯

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「位階」「官職」

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-

×