笛吹峠にある石碑/photo by 京浜にけ wikipediaより引用

鎌倉・室町時代

笛吹峠の戦い 新田・上杉を撃破した足利尊氏が関東王になる!

更新日:

日本史や中国史で楽しい、戦場の風流エピソード。
項羽の「虞や、虞や、汝をいかにせん」とか、今回はそんな感じの逸話が残されたお話です。

正平七年・文和元年(1352年)閏2月28日、笛吹峠の戦いが行われました。

時代としては、南北朝の動乱まっただ中のこと。
足利尊氏と足利直義(ただよし)による史上最大の兄弟喧嘩こと「観応の擾乱(1349年-1352年)」から少し経った頃です。

戦ったのは、南朝方(主に新田家の生き残り)vs足利尊氏であり、関東の覇権を巡るものでした。

 

閏2月の「閏」って何なん?

本題に入る前に、まずは少し暦(こよみ)について説明しておきたいと思います。

ここに出てくる「閏2月28日」の「閏」って一体なんのことだ?
って思いませんか?

結論から申しておきますと、この年は
【1月→2月→閏2月→3月→4月……12月】
となり、1年が13か月になる計算です。

つまり2月と3月の間に「閏2月」が加えられたんですね。

ではなぜ、そんなコトになるのか?

旧暦は一年で約354日間しかありません。
つまりは365日間まで約10日ほど足りず、それを調整する必要がある。

そのため約3年に一度、閏月を挿し込んで日数のズレを調整しているのですね。
年によっては閏7月もあれば閏11月もあり、1352年の場合は、2月の次が閏2月になりました。

前述の通り、この年(1352年)の2月26日は「観応の擾乱」の末、尊氏の弟・足利直義が亡くなった日です。

笛吹峠の戦いが行われた閏2月は2月の次に来ますので、直義の死から約一ヶ月後ぐらいの合戦になりますね。

てなわけで旧暦の閏月についてスッキリできたところで、本題へ参りましょう!

 

尊氏討伐の呼びかけに義貞の息子たちが

この頃の時代になると、南朝方の代表的武将だった新田義貞も楠木正成もこの世におりません。

新田義貞の騎馬像

そこで起きた北朝方の内輪揉め「観応の擾乱」を、南朝方は見過ごしませんでした。

なんせ足利尊氏らを潰す絶好のチャンスですからね。

『神皇正統記』で著名な北畠親房がこれに気づき、
「尊氏潰したい人、一緒に殺ろうぜ!!」(※イメージ)
と呼びかけました。

これに応じたのが、新田義興・新田義宗(義貞の次男と三男)たちです。
さらには尊氏の弟・足利直義派だった人々も、各所で兵を挙げました。

彼らはまず、鎌倉を奪うべく動き出します。
そして一時は鎌倉の占領に成功したのですが、足利方の反撃も素早いものでした。

鎌倉付近で戦闘が勃発。
決着がつかず、それぞれ撤退して再び兵を整えます。

新田兄弟も一時別れて再起を図り、弟の義宗が退いた先が、笛吹峠という風流な地名の場所でした。

正確に言えば、この戦いの後についた地名なのですが、まぁ、先へ進んでつかぁさい。

 

追い込まれた上杉は尊氏暗殺を狙ったが……

ここで弟の義宗が兄の義興を待っているうちに、上杉憲顕や後醍醐天皇の皇子・宗良親王(むねよししんのう)など、他の南朝方と合流することができました。

しかし、他の人がやってくるということは、尊氏らも体勢を整える時間があったということ。
そして、義興よりも先にやってきたのが、そうです、尊氏です。

足利尊氏/wikipediaより引用

当然のことながら、激しい戦闘が始まりました。

ノリにノッているときは抜群の統率力を見せ、ダメなときは徹底してダメな尊氏。
この戦いの時は「ノッてる」ときでした。

新田・上杉軍は苦戦し、このままでは敗北か……という形勢の中で、一計を案じる者が現れます。
上杉憲顕の兵のうち、二人が足利方の兵に化け、尊氏の首を直接取ろうとしたのです。

彼らは首尾よく足利方の陣へ忍びこむことには成功しました。

が、暗殺は失敗。
残念ながら二人の顔を見知っている者がいたためにバレてしまったのです。

ここでうまくいっていたら、その後の歴史は全く違うものになっていたのでしょう。
戦場という非日常の場でも、顔がわかるような者同士で殺し合う――というあたりが何とも無情ですね。

 

切っても切れない「戦場と軍人と笛」

上杉憲顕がこの計画を知っていたかどうか?
それはハッキリしませんが、日が暮れて彼我の陣地に灯る火の数から戦力差を思い知り、上杉軍は先に撤退してしまいます。

新田軍もこのままでは分が悪いと考え、義興と合流できないまま越後へ退いたといわれています。

そこで「笛吹峠」という名称に注目です。

この戦いの最中、とある夜、宗良親王が月明かりを見て笛を吹いたことからきているのだとか。
「月夜に笛を奏でる貴公子」とは、絵物語のような情景ですよね。

実際には敗色濃厚で「もののあはれ」を感じている場合じゃないんですが、それを忘れるほど見事な月夜だったのでしょう。
古来「戦場・軍人・笛」という取り合わせはよくあります。

武田信玄が、笛の音に聞き惚れていたときに狙撃され、その結果、亡くなった――なんて伝説もありますね

ただし……この戦い自体は中々激しかったようで、後に付近の工事をしたときに大量の人骨が出土したと言います。

この戦いに勝利した足利尊氏は、関東を完全に平定。
観応の擾乱が始まった1349年、尊氏の四男・足利基氏が第二代・鎌倉公方に就任しておりましたが、その体制がより堅強なものとなっていきます。

とはいえ、この鎌倉公方を巡って関東も後に戦国時代へ突入するのですが、それはまた別の機会に。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
笛吹峠(埼玉県)/Wikipedia
武蔵野合戦/Wikipedia
足利尊氏/Wikipedia

 



-鎌倉・室町時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.