富士川の戦い

富士川と富士山

源平・鎌倉・室町

富士川の戦いは甲斐源氏武田軍vs平維盛軍だった?水鳥で逃亡は嘘?

治承四年(1180年)10月20日、源頼朝軍と平維盛軍の間で【富士川の戦い】が勃発し、頼朝が勝利を収めました。

「夜中に水鳥の羽音がバサバサバサ~! こりゃ大軍が来たか! と間違えて平維盛軍が逃げ出した」

そんな身も蓋もないエピソードで有名ですね。

一体なにが起きていたのか?

振り返ってみましょう。

 

大飢饉の真っ最中に追討軍を派兵させ

この頃まだ平清盛は健在でした。

そこへ挙兵したのが源頼朝。

平清盛
平清盛が権力の頂点に立つ! 院政を相手に発揮した類稀な政治力とは

続きを見る

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

関東の諸将を従えた源氏の棟梁を、放っておくわけがありません。

「あんのガキャあ、命を助けてやったってのに目障りなことしやがって! 恩知らずを叩きのめしてこい!!」

孫の平維盛(これもり)に命じて、追討軍を編成させます。

頼朝の挙兵に対して、追討軍を編成させられた平維盛も大変でした。

なんせ当時の近畿地方は大飢饉の真っ最中。兵どころか兵糧すらまともに集まらず、当然士気はダダ下がりです。

しかも出立の日すら維盛と副将・藤原忠清(ただきよ)の間でもめる始末なのでした。

「吉日じゃないと出立したくありません!」とか、出発前から平家軍はグダグダ。

それでも何とか富士川まではやってきました。

もちろん意気揚々とはならず、着いて早々数百人もの投降者を出す始末ですから平維盛も頭が痛かったことでしょう。

おまけにリーダーは、源氏の棟梁・頼朝です。

血筋はばっちり、勢い最高潮で、付き従う甲斐源氏・武田信義ほか坂東武士たちも士気最高潮でした。

 

平氏の信頼、地に落ちる

率いる維盛としても、ここで勝つのは難しいと考えていたのではないでしょうか。

現代でもそうですが、戦においてやる気=士気はかなり重要です。

時に兵の多寡(多い少ない)すら逆転するほどの威力を持つこともあります。

「僅かな兵で大軍を打ち破る」ことに成功した戦いは、士気において相手よりも圧倒的に勝っていることがほとんど。

富士川の戦いは各資料で記録が食い違っているため、どちらがどれだけの兵を率いていたのかはわかりませんが……。

※『平家物語』では頼朝軍185,000・『吾妻鏡』では頼朝軍200,000など、かなりの誇張が見られます

しかも富士川は日本三大急流にも数えられる、とても流れの早い川です。

秋も深まりつつある中、そこへ叩き落されでもしたら何人の兵が犠牲になるかもわかりません。

元々万全の状態には程遠い状態でしたし、損失の面から考えると、全軍撤退という選択はさほど悪くもないんじゃないかという気もします。

そんなときに源義光の血を引き、甲斐武田氏の初代となる武田信義が攻撃を仕掛けようと富士川に馬を乗り入れたところ、平氏サイドは大混乱。

ここで水鳥が一斉に羽ばたき、それに慌てたかどうかはさておき、戦わずに逃げたことにより、平家軍は決定的に信頼を失ってしまいました。

脱走者が相次ぎ、維盛が京都へ着いたときには10人いるかいないかになっていたそうです。

元の人数がわからないので割合は計算できませんが、数千程度はいたでしょうから相当な減りっぷりにはまちがいないでしょう。

シンプルに見れば、富士川の戦いは

武田信義軍
vs
平維盛軍

の戦闘があり、敗北した平維盛が逃亡。

頼朝が到着した時、すでに敵が居なかったから「水鳥の音に驚いて逃げ出した」なんてエピソードが生まれたのでは?という見方が史実のようです。

まぁ、そう考えた方がスンナリ入ってきますよね。

では、逃げた平氏はどうなったか?

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-,