日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まり先生の歴史診察室 江戸時代

江戸時代に13回も大流行した『命定め』 犬公方・徳川綱吉も”麻疹”で亡くなった

更新日:

 

古今東西、女性に年齢を聞くのは失礼な話です。

が、昔は◯◯という病気のせいで年齢がバレました。『命定め』なんて物騒な名前でも呼ばれたこの病気、いったい何だと思いますか?

答えは麻疹(ましん・はしか)です。

 

一度感染すれば免疫が付き一生かからない

麻疹は発熱と皮疹を特徴とする急性感染症で、原因は麻疹ウイルスです。

非常に強い感染力を持ち、感染すると1-2週間の潜伏期の後、風邪症状と38度くらいの発熱。この熱は一旦下がりますが半日ほどで再び39-40度の高熱となり身体に発疹が生じます。

発疹に先立ち口の中に白い斑点ができるのが特徴的で、2度目の発熱の際、口腔粘膜の荒れのせいで痛みを生じることが多く、経口摂取の低下と併発する下痢で脱水をおこしやすくなります。また角膜の損傷で失明したり、予後の悪い脳炎をおこしたり意外に怖い病気なのです。

しかし、1度かかると免疫がつき一生かかりません。

予防注射がなかった頃は幼いうちに麻疹にかかり免疫がついたことから、若い時期に趣味や色恋沙汰に没頭することを「はしかのようなもの」と表現するのはここからきています。

日本は麻疹対策に遅れをとっていましたが、昭和53年からはじまった予防接種開始および平成18年からの追加接種の結果、平成21年には約1万人、平成23年には293人と稀な病気になりつつあります。平成14年には年間患者数20万人(アメリカでは100人程度)でしたので、その効果は我々にも実感できるでしょう。

 

スポンサーリンク

天然痘が『もがさ』で、麻疹が『赤もがさ』

麻疹の死亡率は日本などの先進国では0.1%程度です。が、全世界でみると3-5%と高い数字です。

江戸時代以前の死亡率もこのくらいか、もう少し多かったのではと推測。『麻疹』という名前自体は、皮疹の色や形が麻の実に似ていることから付きましたが、もともとは中国由来の言葉です。

実際、日本で麻疹と呼ばれるようになったのは江戸時代以降で、それまでは『赤もがさ』と呼ばれておりました。『もがさ』は天然痘のことで発熱と皮疹という症状が似ているからでしょうね。

ちなみに天然痘は【見目定め】、麻疹は【命定め】の病と呼ばれました。

もちろん死亡率は天然痘の方が格段に高く、あばたも残しませんが、その割りにあっけなく死んでしまうことから命定めと呼ばれたんでしょうね。

 

スポンサーリンク

江戸時代には13回の大流行 綱吉、64歳で亡くなる

さて、麻疹が原因で死んだ有名人としては犬公方こと徳川5代将軍『徳川綱吉(1646~1709)』がいます。

綱吉は宝永6年1月3日、当時流行していた麻疹にかかり同月10日に死亡しました。享年64歳。成人が麻疹にかかると子供よりも重症化しやすく後遺症も残しやすいのです。

このとき老年の域にあった綱吉は重症化して亡くなったんですね。

綱吉と聞いてすぐに思い出すのは『生類憐みの令』ですが、彼の死後、すぐに廃止となりました。ちなみにこの法律は、動物を保護するいくつかの法を差しており、そのままズバリ同名の法があったわけではありません。

さて、綱吉の命を奪った麻疹ですが、江戸時代には13回ほど大流行した記録があります。

麻疹は先に説明した通り1度かかれば生涯かかりません。予防注射のなかった江戸時代、流行時に麻疹にならなければ、前の流行時にかかって免疫があると推測できます。

江戸時代にこんな川柳があります。

麻疹で知られる傾城(けいせい)の年

傾城とは、美女が転じて遊女のことも指します。彼女らが「私は18歳でありんす」と年齢をサバ読みしても、「あれ? 姐さん、麻疹にかからないけど前の流行は23年前でしたよね……」となるんですね。

ところで馬渕まりは何歳なのかって? えーっと22歳ですよ? 医学部には飛び級で卒業した……なんてウソついたらいけませんね、てへへ。

徳川綱吉

 

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

 

【編集部より】

アマゾンの戦国本ランキングで1位に返り咲いた、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

yahoo楽天でも定価1,728円(1,600円+税)発売しておりますので、皆さまご愛顧よろしくお願いしますm(_ _)m

 

【参考】

スポンサーリンク

麻疹/wikipedia 厚生労働省 栄研化学株式会社 大阪府立公衆衛生研究所 徳川綱吉/wikipedia 葬仙ネットワーク





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-まり先生の歴史診察室, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.