日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)




日本史悪ミシュラン 飛鳥・奈良・平安時代

天神様を太宰府送りにした藤原時平は★2つ お茶目な一面も持ち合わせた左大臣のリアルな評価は?

更新日:

 

学問の神様と言えば『菅原道真』ですね。
学者の家に生まれて宇多天皇に可愛がられ、その息子・醍醐天皇の時代には右大臣まで出世。しかし、それを妬んだライバルに『謀反を企んでいる』と嘘のチクりをされてしまい、結果太宰府に左遷されて非業の死を遂げます。

その後、讒訴したライバルが早死にしたり、疫病が流行ったり、朝廷に雷が落ちたり(清涼殿落雷事件参考記事はコチラ)……。
天災が続いたため「これは無実の罪で死んだ道真の祟りじゃ~」となって、道真公は神として祀られたわけですが、いったい醍醐天皇に讒訴した人物は誰なのか?

前置き長くてすみません。それが今回の主役・藤原時平です。

%e8%97%a4%e5%8e%9f%e6%99%82%e5%b9%b3

 

道真が謀反を(娘婿を皇太弟にしようと)企んでいる!

藤原時平は藤原北家の生まれです。
父の基経はものすごーい権力を持った人物でしたが、宇多天皇が即位した時に『阿衡事件』というイザコザを起こしております。

これを看過できなかった宇多天皇は、基経の死後に藤原外しの政策を展開。基経の嫡男・時平を参議にはしますが、同時に藤原氏以外の有能な人物も多数抜擢しました。
その代表格が菅原道真です。

宇多天皇に続いて醍醐天皇の代になると、時平は左大臣、道真は右大臣まで出世します。これが面白くなかったのでしょう。

時平がとった行動は、
・「道真が謀反を(娘婿を皇太弟にしようと)企んでいる。」とデッチ上げ
前述の通り、菅原道真は太宰府の長官に左遷されたのでありました。

このことが「無実のライバルを妬み、ウソの話で追い落とした悪人」というイメージをもたらしているんですね。歌舞伎などでも、めちゃくちゃ悪辣に描かれておりますが、【道真も完全にシロではない】という説や【醍醐天皇が宇多法王の権力を削ぐべく行った処置】といった解釈もあるので、必ずしも讒言ではなかった可能性もあるのです。

 

スポンサーリンク

書記官のオナラがツボり、笑いすぎて仕事がでけんw

実際、醍醐天皇と時平の仲は良好でした。

天皇が貴族の贅沢を諌めようと思った際は2人で共謀し、時平が派手派手な服で参内して、天皇の叱りを受けて謹慎したこもがあります。
もちろん演技です。が、その噂が広まって都での贅沢がおさまったという逸話があるのです。
また、若い頃から秀才と言われ、荘園整理などの政治改革も行い、醍醐天皇の親政を助けており、決して無能ではなかったようです。

ただ、他の悪事も挙げるとすれば……
・女好きで、叔父の美人妻を取ってしまった。
なんてのもありました。

それと、悪事ではありませんが
・笑い上戸であり、書記官がオナラをしたことがツボに入り笑いすぎて仕事ができなかった
という微笑ましいエピソードも大鏡に記されております。

とはいえ「デッチ上げ」の罪は重く、時平を庇いすぎて学問の神様に嫌われてもいけませんので★2つにしておきましょう。

悪人度  ★★☆☆☆
影響力(権力)★★★★☆
祟られ度 ★★★★★

 

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

【編集部より】

アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

yahoo楽天でも定価1,728円(1,600円+税)発売しておりますので、皆さまご愛顧よろしくお願いしますm(_ _)m

【参考】

菅原道真/wikipedia 藤原時平/wikipedia 阿衡事件/wikipedia 天満宮菜種御供/wikipedia 国史大辞典




スポンサーリンク


 





1位 伊集院須賀
西郷隆盛最初の妻、どんな人?


2位 徳川慶喜一橋慶喜
西郷どん・ヒー様の正体?


3位 橋本左内
風間俊介さんで西郷どん登場!


4位 月照
西郷とBL?的な清水寺住職


5位 明治天皇
その功績とエピソード


6位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


7位 ホントは熱い!徳川家康


8位 勝海舟
異端の幕臣は西郷に何を


9位 桂久武
西南戦争に突如参加の親友


10位 阿部正弘
幕府を支える若きエリート老中



注目! 安藤百福まんぷくモデル
50歳からチキンラーメンを開発!


注目 日露戦争
なぜ日本は勝てた!?




わろてんか毎日の感想レビュー

-日本史悪ミシュラン, 飛鳥・奈良・平安時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.