『西郷どん完全版第壱集Blu-ray』/wikipediaより引用

西郷どん感想あらすじ

『西郷どん』感想あらすじ視聴率 第39回

まっとうな幕末大河が見たい――そんなアナタに朗報です。

2018年の11月4日、11日、18日、25日の4回に渡り、幕末大河の傑作『八重の桜』総集編がついに再放送されます!

◆再放送情報 「八重の桜」総集編 (→link

これは期待するほかありません。実質的に最後のまっとうな幕末大河になってますので。
本音を言えば、
『ナゼこれをNHKで再放送せんのか?』
ってコトなんです。

まぁ、みなまで言うなって話で、それをすると今年との出来がね……。

◆鈴木亮平主演の大河「西郷どん」第38話は10・2%!1週で2ケタ回復(→link

タイトル見ると、二桁に戻しただけで快挙みたいになってますけど、これでエエの?
つくづく悲しいことです。

【TOP画像】
『西郷どん完全版第壱集Blu-ray』(→amazon

 

【1分あらすじ】新政府をブン投げロハスライフ

明治2年(1869年)、西郷どんはいろいろ面倒な明治政府の仕事を丸投げし、鹿児島でロハスライフを満喫。
借金も返し終えて、愛人の産んだ子供も引き取ることになりました。

そういう話どうでもエエのに、菊次郎がナレーターという設定であるせいか、くどいくらいにやります。
なぜ、ウケない――ってことを『花燃ゆ』から学べなかったのか。

大久保は仕事でパンクしそうで、西郷どんを引っ張ろうとします。
信吾改め西郷従道ですら説得できないのに、菊次郎が腹話術人形的な台詞を言うことで、西郷どんが動くようです。

何がビックリって、新政府の場面が5分程度しかなかったことです。
愛人の子を引き取った描写と、ペース配分が逆でしょうがっ!

気を取り直して、レビュースタート!

 

福島出身者に菊次郎を演じさせるって……

本日は西郷菊次郎が京都市長になるところから。

なんだかイキナリ、時代考証の先生の顔が見えましたが……「磯田屋」のネーミングといい、こういう関わり方はちょっといかがなものでしょう?

西田敏行さんはどうか、って?
彼が西郷本人を演じたことは、問題視しません(『飛ぶが如く』)。

しかし、この東北を踏みつける愚作に出演してしまったこと自体は、残念でなりません。まぁ西田さんの責任ではなく、悪いのは全て本作の制作チームですけど。

◆『翔ぶが如く』隆盛役の西田敏行、西郷どんの息子役に!「ハメられた感じ」(→link

「ハメられた」とは穏やかじゃないんですよね。
いや、これは西田さんのリップサービス的な笑いどころですが、なんだか【ガチでハメられた!】とでも思っていそうでシャレにならん。
今回、ナレーターの正体が判明するわけです。

西田さんが西郷の息子・西郷菊次郎。
福島県民にこれをやらせるとは、何たる罪なことよ……。

西郷菊次郎
西郷菊次郎(西郷の息子)は戦争で右足失い台湾へ 68年の生涯まとめ

続きを見る

いや、福島県民に薩摩藩士を演じさせたらダメってワケじゃないんです。

実はディーン・フジオカさんも福島出身。

彼の五代友厚はよかった。
しかし本作は……チェストー!(現実逃避の叫び声)。

五代友厚(五代才助)史実の人物像に迫る!薩摩の経済人49年の生涯とは

続きを見る

 

ポンコツ助役、仕事しなさいよ

ここで菊次郎の功績が、説明セリフでガーッと語られます。

西郷家の嫡男でないことすら調べてこないボンクラ助役のせいで、そのあたりを菊次郎が説明するはめになっております。

んで、このポンコツ助役、なんなんですか?
着任早々の上司に、仕事のことではなくて家族について語れと迫る。仕事をしたくない?

って、実はこの菊次郎が語るという構成は、原作から引き継いだ要素なんですね。

はい、ここで薩摩改め鹿児島。
薩摩という地名が消えて鹿児島になったかのような説明ですが、それはなんか違うでしょ!

ここで明治新政府の苦難の歩みをぶん投げて、ロハスな農作業をする西郷どんが描かれます。

彼が政府に参加しなかった理由をすっ飛ばすので、面倒くさいことを大久保に任せただけのクズにしか見えません。
大変なんだよ、明治新政府は。

そして今日のテーマであるらしい、糸が菊次郎を引き取る話をやる宣言です。

皆さん忘れないでくださいね。
西郷どんがアホみたいなホームドラマやっている頃、戊辰戦争で負けた会津藩はじめ東北の人々、そして幕臣旗本は地獄を見ております。
これも歴史なのです。

斗南藩の生き地獄! 元会津藩士たちが追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

 

大事なシーンは置き去り 正妻と島妻にスポットライト

明治政府初期といえば描くことは大量にあります。
準備が大変です。

そもそもどうして西南戦争に突入するか?という大事な場面じゃないですか。
要は見せ所じゃないですか。

それなのに本作では、その準備を怠り、【正妻が島妻と出会う】という、どうにもならん描写に全力投球の模様です。

相も変わらずモテモテスタンスの西郷さん。
史実的には、別にモテていなかった薩摩隼人をモテてモテて困っちゃうエピソードみたいなもんで捏造して、視聴者相手に披露するのやめてほしい。

他にやることあるでしょーに(´・ω・`)

幕末モテモテ
幕末でモテモテだったのドコの誰?一位が久坂で二位が土方~薩摩隼人は……

続きを見る

それと既に諦めていますが、当時の薩摩藩が持っていた島民への蔑視なんて完全無視ですね。
西南戦争の軍資金のため、西郷が島民を散々痛めつけたのも華麗にスルー。

奄美大島での西郷隆盛
奄美大島へ流罪となった西郷はどんな生活を送ったか?狂人と呼ばれて

続きを見る

 

菊次郎が語る西郷家ヒストリーが全然おもんない!

このあと、明治政府のことは無視して、西郷どんのマイホームパパ描写へ。

何度でも言いますよ。
西郷隆盛の一生を描くのに、こんなどうでもいいホームドラマをやる必要あるんですか? 菊次郎が家族の一員になろうがどうでもエエ。

そういえば戊辰戦争後、八重は夫の尚之助と離れてしまったんですよねえ。
あれは泣けたなあ。そういう不幸なんて本作はどうでもエエんすわなぁ

『八重の桜』を見ましょう!!
いやあ、明治新政府の苦労も、負けた側の苦難も踏んづけて、しょうもねえ西郷どんホームコメディやられても、乾いた笑いしか湧いてこないですって。

菊次郎が語る西郷家ヒストリーが、これまでをさらに酷くしたようなつまらなさで、再び視聴率一桁を狙う気満々に思えてしまいます。

中身で勝負できないから、時代考証担当者を出演させたりして、話題を取りに行くしかないのかしら?
ったく、西郷どんの子供の話をいつまで続ける気なんでしょう。

糸も愛加那に会えてよかったとか言ってるしなぁ。
これもゲス男ファンタジーでしょう。妻が笑顔で愛人を許してくれるんだもの。

一応史実準拠だけど、なんでそんなもん見なきゃならん?

昨年の直虎と井戸シャウト、『八重の桜』のうらと時栄の描写が懐かしいです。
『花燃ゆ』における、文vs辰路すらマシに思える日が来るなんて思いたくなかった……。

 

だから久光をアホに描きすぎなんだってば

版籍奉還についてざーっと説明されます。
また【島津久光がアホだ】という描き方をするつもりだとはわかりました。

けれども、久光にだって言い分はあるでしょうよ。

薩摩藩士がともに苦労しているならば、納得もできるでしょう。

しかし、故郷なんてぶん投げて、東京で贅沢な暮らしをしているんですから。
そりゃあ久光だって、言いたいことありますよ。

ついでに彼には学識があり、日本の伝統を守りたい意識がありました。
それが明治新政府は、どんどん西洋流になってゆくわけです。

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~幕末薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

「攘夷とか言って、だらしない幕府を倒したら、きっちりやるために新政府を作ったんだろ!」
という不満は、日本全国で噴き上がっていたんです。

ついでに言いますと、
倒幕したら外国に支払っている金もチャラ!」
という、大嘘をこいてますからね。続行して賠償金支払っています。

幕末外国人
幕末の外国人は侍にガクブル 銃でも勝てない日本刀も切腹もヤバすぎ

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-西郷どん感想あらすじ