日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

日露戦争で活躍! 謙虚だった天才・児玉源太郎の義

更新日:

 

司馬遼太郎に天才と呼ばれた児玉源太郎

天才だろうと秀才だろうと凡人だろうと、自分が思っている実力と他人から見たそれが一致することはほとんどありません。ときにはハッパをかけるために過剰評価をするのも手ではありますが。
こと武将や軍人については、自己評価の正しさが家や国家の命運を分けますから、妄信はやめていただきたいものです。
戦国時代は自己過大評価をした当主の家はほとんど滅亡の憂き目を見ていますし、幕末に自らを省みず目先の権力に飛びついた幕閣もほぼ同様でした。
ところが、ほんの少し後の明治時代の軍人には、自己評価の上手さで人から慕われた人もいたのです。

それは、嘉永五年(1852年)の2月25日に生まれた児玉源太郎です。

教科書に出てこないので知らない方のほうが多いと思われますが、日露戦争を早めに終わらせることができたのはこの人の考えによるものでした。
名前でググると関連用語で「天才」とでてきちゃうのは、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」などでは生まれながらの天才というような扱いになっていますが、少年時代にはかなりの苦労もしています。

 

スポンサーリンク

徳山藩(山口県周南市)で中級武士の家に生まれ

児玉家は長州藩の支藩(分家のようなもの)である徳山藩(山口県周南市)の中級武士の家に生まれました。
長男なので、順当に行けばいずれ当主となって藩に仕えていたのでしょうが、わずか5歳のとき父親と死別したときから不運が続きます。
さすがに5歳で家督を継ぐわけにも行かず、姉婿が一度当主になりました。しかしこの姉婿が佐幕派に惨殺されてしまい、児玉家は収入を失って貧乏生活を余儀なくされます。

それを何とか乗り切り、成長した児玉は戊辰戦争最後の一幕・箱館(函館)戦争で初陣を果たします。

箱館戦争の様子を描いた麦叢録/函館市中央図書館蔵

武功に関する記録は特にありませんが、その後陸軍に入り、軍人としての道を進みました。
西南戦争を始め、明治時代初期の旧士族による反乱鎮圧で経験を積み、いつしか軍の中でもかなりの期待を寄せられるようになっていきます。
まだ若く名門の出身でもないのに「児玉は無事か」という電報を送られたとか、日露戦争の時にはクレメンス・メッケル(司馬さんによって、関が原の布陣図を見て「西軍が勝つ」って言ったことなった人、真偽不明)には「児玉がいる限り、日本が勝つだろう」とまで言われたとか、普通の人だったら天狗になりそうなほどのベタ褒めを受けています。

しかし、児玉にはそういうことがありませんでした。
実家の困窮のためきちんとした教育を受けていないことによる引け目があったのかもしれませんし、当時としても男性としてはかなり小柄なほう(150~155cm)だったことも無関係ではないでしょう。
具体的な理由は本人のみぞ知るところですが、彼が他人の欠点や失敗について咎め立てるようなことがなかったのは、自分にも引け目があったからではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

日露戦争の立役者

それが最も顕著に出たのが日露戦争のときです。
このとき児玉は内務大臣だったのですが、対ロシア作戦を立てていた人が急死してしまい、大山巌に請われたため大臣を辞めてまで参謀次長についています。
旧軍で降格を了承したのは児玉ただ一人といいますから、身分の高さよりも「必要とされているところに行く」ことを重視していたのでしょう。
また、大山とは個人的に息も合ったようです。
苦戦中に大山が「児玉さん、今日もどこかで戦(ゆっさ)がごわすか」と惚けたことを言ったおかげで空気が丸くなったとか、妻・大山捨松が「大山が一番好きなのは、私ではなくて児玉さんですわ」と評するほどですから。

大山巌/国立国会図書館蔵

また、乃木希典とも浅からぬ縁があります。
児玉と乃木は同郷であり、少なくとも西南戦争の時には戦友でした。日露戦争の時には30年近い付き合いだったということになります。
生来謹厳で責任感の強い乃木は、西南戦争のときにも失敗に自責の念を感じて切腹しようとしたことがあるのですが、これを止めたのは児玉でした。
旅順要塞での戦いに関する被害の大きさについて、国民や陸軍内から乃木に対する不信や非難の声が高まったとき「乃木でなければ旅順は落とせない」と擁護したのも児玉です。
後々児玉が亡くなったとき、乃木は大雨の中ずっと棺に付き添っていたそうですから、お互いに良い戦友と思っていたのではないでしょうかね。

 

講和を進めた「軍功」

日露戦争の主な戦闘についてはまた別途取り上げますのでここでは扱いませんが、最後の会戦(大規模な陸での戦闘)である奉天会戦で日本軍が勝ったとき、真っ先に講和の準備を始めたのは児玉でした。

一度勝ったからまた勝てるだろうと楽観視する本土の軍人達に、「今講和しなければ負ける、ぐずぐずしている暇はない!」と主張したのです。
ロシア軍の規模の大きさやシベリア鉄道で迅速に次の部隊や物資が補給されること、講和交渉にかかる期間、日本側の戦費や死傷者数の大きさなどを考えてのことだったのでしょうね。
それでも魔の三歳児よろしくぐずる陸軍でしたが、海軍大臣の山本権兵衛が児玉に同意したことで、ようやく講和への道を探り始めます。この頃って陸海軍の仲はまだマシだったんですnウォッホン。

日本の勝利が決定的になったことで有名な日本海海戦は奉天会戦の後なのですが、その間約2ヶ月空いており、ポーツマス条約で講和が決まったのは日本海海戦からさらに約3ヶ月後のことです。
つまり、もし講和を始めたのが日本海海戦の後だったら、また陸か海かで同規模の戦闘が起き、日本は戦費や兵数の不足によって押し切られ、負けていたかもしれないのです。
そうなった場合、おそらく朝鮮半島はおろか日本のどこかを割譲していた可能性もなくはないでしょう。ああおそロシア。
ですので、ある意味児玉のおかげで日露戦争に勝てたということもできるのです。

撤退中のロシア軍/wikipediaより引用

 

日本のナポレオン!→本人否定

とはいえ、児玉本人はたいした功績とも思っていなかった節があります。
晩年、浅草で日露戦争に関する展示が行われた際のエピソードに、こんなものがあるのです。

展示会場で、児玉を同じく小柄で優秀な軍人として有名なナポレオンになぞらえ「児玉参謀長は日本のナポレオンに違いない!」というようなことを言っていた若い軍人たちがいたそうです。
そのとき、背後から「児玉はそんなにたいした人間ではありませんよ」とささやく声が聞こえました。
ムッとした軍人は振り返りながら「なんて失礼なことを言うんだ!」と反論しましたが、そこにいたのが他ならぬ児玉本人だったのですからビックリ仰天。見事ドッキリを成功させた児玉はご満悦だったとか。
背後から囁くなんて仕事人か乙女ゲーの男性キャラでもなきゃやらないと思うんですが、さすが児玉さん!おれたちにできないことを(ry

この手の自虐ジョークは昔から言っていたそうで、ほぼ成り上がり者だった児玉が身分の上下問わず慕われたのはこういうところからきていたのかもしれませんね。
そういう面を知ると、勲章をたくさんつけた軍服姿の写真も何だか愛嬌があるように見えてくるから不思議なものです。
お偉いさんほどユーモアを持つのが大切ということですかね。

長月七紀・記

スポンサーリンク

参考:児玉源太郎/wikipedia 日露戦争/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.