日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 伊達家 幕末・維新

奥羽越列藩同盟とは? 戊辰戦争を長期化させた東北31藩たち 中心は仙台藩の白石城だった

更新日:

 

「三人寄れば文殊の知恵」とはいいますが、集まりすぎると「船頭多くして船山に登る」ことになってしまいますよね。
それと同一視していいのかは微妙なところですが、「大所帯になったがために事態の悪化を招いた」という例はままあります。現代の政党乱立も多分似たような……。

慶応四年=明治元年(1868年)の5月3日に結成された「奥羽越列藩同盟」も、事態を解決しようとしたのにかえって悪化したという一例ではないでしょうか。

江戸城無血開城や会津戦争のインパクトに隠れて比較的目立ちませんが、一応教科書にも載ってるのでたまには思い出してあげてください(´・ω・`)
戊辰戦争のことは今までも何回か取り扱ってきましたけども、ここらで一度時系列をまとめてみましょうか。ついでに過去記事も繋げてみました。

 

【1分でわかる戊辰戦争のあらすじ】

鳥羽・伏見の戦い(過去記事:武士の世が終わるカウントダウンが始まった!鳥羽伏見の戦いで戊辰戦争勃発 )

江戸城無血開城(過去記事:アンパン大好き山岡鉄舟は 敵味方から信頼されたイケメン武士だった

奥羽越列藩同盟結成 ←今日ここ

会津戦争(過去記事:実は明日だった 会津の若松城降伏

函館戦争により戊辰戦争終結

実際には戦線があっちこっちに分かれて同時進行していたので、もっと複雑なんですが……特に大きなできごとを並べるとこんな感じです。
他に当コーナーで扱った戊辰戦争中の出来事としては、上野戦争(過去記事:彰義隊 上野に散った旧幕府軍の悲しき結末)もありますね。函館戦争についてはまたいずれ取り扱いましょう。

 

スポンサーリンク

謝っても許されない……ならば「見せましょう、東北の力を」

さて、前置きが長くなりましたがいよいよ本題です。
会津・庄内両藩は、幕府の要職についていたり「尊皇攘夷派ブッコロ!」なことをしていたため新政府に睨まれており、武力で潰される恐れがありました。

会津藩主松平容保(かたもり)は隠居し、新政府へ恭順する意思を示しましたが、新政府に「そんなんでチャラになると思ってんの?^^」(※イメージです)と言われて受け入れられませんでした。
庄内藩も同じように新政府へ恭順の意を示したのですが、“市民”が「なんでウチが謝らなきゃいけないんですか! 何も悪いことしてないのに!」と奥羽鎮撫総督(新政府側の東北担当部署)に訴えたため、かえって武力討伐の口実を作ってしまったのです。

一部の人は自藩の一部だった北海道の領地をプロイセンへ譲る代わりに助力を頼んでいたのですが、これはビスマルクに「ウチ中立なんで」という理由で断られています。プロイセンの中には賛同しようとする人もいたらしいですけどね。
ここでプロイセンがノリノリだったら、今頃日本の領土はもうちょっと減ってたかもしれませんねワロエナイ。たぶんビスマルクがいる限りそんなことはなかったでしょうけども。(過去記事:なぜ「鉄血」と呼ばれたか? ドイツ・ビスマルクの宰相伝説スタート

この流れによって、会津・庄内藩は「あれ? これもう話し合っても解決できなくね?」と悟り、会庄同盟を結成しました。要するに「口でわからないなら殴ってでも」というわけです。

そしてお偉いさんよりも先に、もっと下の人々が戦をおっぱじめてしまいました。

 

スポンサーリンク

奥羽越列藩同盟が結ばれ戊辰戦争長期化の一因に

庄内藩主・酒井忠篤は、その様子を聞いてビックリ仰天。すぐに撤退を命じましたが、官位を剥奪されて見事「朝敵」になってしまいます。藩主カワイソス。

こうした中、奥羽鎮撫総督に対し他の東北諸藩が「会津藩も庄内藩も好きでやったわけじゃないんですよ。どうかもう一度話を聞いてやってください」と願い出ました。しかし新政府側は既に朝敵認定をした後ですから、「やーなこったw」(※イメージです)と突っぱねます。
そして奥羽鎮撫総督のとある人物が解決(物理)のため増援を願い出る手紙を上方へ送ろうとし、それを持った密使が東北諸藩側の人間に捕まるという出来事がありました。

まあ、当然のことながら中身を見ますよね。その中に「奥羽皆敵」と書いてあったため、諸藩は見事ブチギレ。「そっちがその気ならやられる前にやってやんよ!!」とばかりに、これを書いた人物を急襲・処刑してしまいました。
どう見てもオリハルコン製のフラグが立ってます。本当にありがとうございました。

が、これを隠して奥羽越列藩同盟を結び、今度は京都の新政府に直接交渉することにしました。ですが、これもまた決裂。会庄同盟と同じくこちらの同盟も武力を伴った性格に変わり、戊辰戦争が長期化する一因となりました。
といっても1年半くらいですから、過去の大きな内乱に比べれば短いものですけども。もしこれ以上長引いていたら欧米列強からどんなちょっかい出されるかわかったもんじゃありませんしね。

奥羽越列藩同盟旗/Wikipediaより引用

 

外国の資料では「現在日本には二人の帝がいる」

正式な盟約書を交わした5月3日の時点では25藩だったのですが、6日までにさらに6藩が加わり、計31藩の大規模な同盟と化します。このため正式発足の日付には諸説ありますが、今回は盟約書が交わされた日のこととさせていただきました。

この後、奥羽越列藩同盟側の中心になっていたのは仙台藩の白石城(宮城県南部)という城です。
かつて「一国一条制度」が定められたとき、例外とされた城ですね。関が原の際には東北戦線(伊達政宗VS上杉景勝で上杉方の拠点)の舞台となり、その後、伊達政宗の右腕だった片倉景綱(過去記事:人気急上昇中の片倉小十郎と伊達政宗のほんわかしないエピソード集)とその子孫たちが預かっていたところでもあります。

政策や戦略もここで立てられ、北白川宮能久親王という皇族の方を盟主に戴き、その下に仙台藩主・伊達慶邦と米沢藩主・上杉斉憲がついて、制度はきちんと整えられていました。
そのため、外国の資料では「現在日本には二人の帝がいる」とも書かれていることもあります。なぜか外国人には同盟側のほうが優勢に思えていたようですね。戦に負けてしまったため、実際の政治能力については評価できないようですけれども。

いや、むしろ「制度が整えられた団体ができてしまったからこそ、戊辰戦争が長引いた」と取るべきですかね。
もし東北諸藩が庄内・会津両藩の側につかず、新政府側との間に立って降伏を促していたら、会津戦争までで終わっていたかもしれないのですから。

北白川宮能久親王/Wikipediaより引用

戦の話まですると長くなりすぎるので今回は割愛しますけども、戦線が分かれ過ぎたこと、秋田藩の裏切りでさらに戦場が増えたこと、近代化の遅れなど諸々の悪条件が重なったため、同盟側は各地で敗退を重ねます。
そして戊辰戦争最後の戦い・箱館戦争の後、半分以上の藩が減封や改易、お偉いさんの投獄・死罪という重い罪を課せられました。

もし会津・庄内藩を含めた他東北諸藩に、一人でも山岡鉄舟のような優れた交渉役がいれば、もう少し被害が少なくて済んだのかもしれないと思うと、現実の世知辛さを感じずにはいられません。
白虎隊などのことはもちろんですが、戦が終わった後の扱いが酷すぎますからね……。(過去記事:アンパン大好き山岡鉄舟は 敵味方から信頼されたイケメン武士だった

さすがにもうこんな内乱が起きることはないでしょうが、対立する相手への寛大な処置はいつの時代でもお偉いさん方に心がけていただきたいものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:奥羽越列藩同盟/Wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 伊達家, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.