歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

フランス その日、歴史が動いた

だからフランスの修道士ドン・ペリニヨンは「シャンパン」を作った

更新日:

 

今年はなんだか様々なビールが発売されていたり、雑誌で特集されていますね。
飲めない方、嫌いな方にとってはあまり面白くないかもしれませんが、製法やお酒に関するストーリーを見てみると、意外に歴史と絡んでいたりします。
本日はその中から、いくつか有名どころをご紹介しましょう。

1693年(日本では江戸時代・元禄六年)8月4日は、フランスの修道士ドン・ペリニヨンがシャンパンを発明したといわれている日です。

お酒自体の作り方や種類について詳しく書くと歴史サイトっぽくないので、今回は歴史にまつわるところだけお話しますね。
ついでに言うと正式に言えばシャンパ「ン」ではなくてシャンパー「ニュ」なんですが、めんd……日本で馴染みのあるほうで統一します。

シャンパンを作った修道士のドン・ペリニヨン/Wikipediaより引用

【TOP画像】カバ(ワイン)/Wikipedia

 

 

ナポレオンやロシア皇帝など権力者に愛飲され

ワインといえばキリスト教圏では「キリストの血」。
ということからか、昔のフランスでは修道院でしかワインを売ることができませんでした。
そこにあぐらをかいていた……わけではないでしょうが、時代が経つにつれてワインの売り上げは減っていってしまいました。

そこを何とかしようとしたのがドン・ペリニヨンです。
彼は原料となるブドウの木に工夫を凝らしたり、ワインの発酵に一手間加えたりして、それまでになかったワインを作り出しました。
それが、白ワインによく似た色合いと、器の底から細かく立ち上る泡を持つシャンパンでした。

……というのが、シャンパンのドン・ペリニヨン発祥説です。
そのため、彼の功績を称えて、今でも最高級シャンパンの一つに「ドン・ペリニヨン」という銘柄があるというわけですね。
が、実はシャンパンの発祥にはいくつか説がありまして、彼一人が生み出したというわけでもなさそうです。イギリスでドン・ペリニヨン以前に作られていた説もあります。
今のところ一番有名なのがこの説ですので、世間的な認識はやはりドン・ペリニヨン発祥というのが正解でしょうかね。

その後シャンパンはエライ人々にも愛され、ナポレオンが「モエ・エ・シャンドン」を愛飲していたとか、ロシア皇帝アレクサンドル2世に捧げるために「ルイ・ロデレール・クリスタル」という特別なシャンパンが作られたとか、いろいろな逸話を生みました。
日本では「某国の公使が富士山の雪でシャンパンを冷やして乾杯した」という嬉しくないエピソードがありますね。詳しくはこちらを→(過去記事:知らないってすげえ…幕末に外国人初の富士山登頂を果たしたイギリス公使のDQNぶり【その日、歴史が動いた】)。

ドン・ペリニヨン/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

日本人が初めて飲んだのはポートワイン?

さて、ワインの起源については5000年前あたりにさかのぼるので、これまた確実なことはわかりません。
しかし、いくつかの変わった特徴を持ったワインには、比較的起源がはっきりしているものもあります。
というわけで、歴史を絡めてその辺をご紹介していきましょう。

・カバ

スペインのカタルーニャ地方で生まれた発泡性ワイン(スパークリングワイン)です。
シャンパンと同じ製法でこの地方の土着品種のブドウをワインにしたもので、最近は日本でも馴染みが出てきました。
シャンパンより熟成期間が短く、流通量も多く、さらに安価だからかもしれませんね。

ちなみにシャンパンと同じ製法で作る発泡性ワインは、カバの他にもいくつかあります。シャンパンが一番有名なのは、名乗るための基準が厳しいのと、熟成期間が長いからです。つまりお高いからです。
大学で例えれば、慶応義塾大学の法学部や医学部に現役で合格するような感じですかね。

・トカイワイン

これは種類というよりは産地の名前なのですが、大体特徴と一致するので、まぁこまけえこたあいいんだよ。
貴腐菌がついていい感じに発酵した白ブドウを使った「貴腐ワイン」という、ワインの中でも特に味が良く、高級なものの一つで、それゆえに歴史上の偉人による逸話が多いものです。

いわく、ルイ14世が「ワインの王にして、王のワイン」と称えたとか。
いわく、マリア・テレジアが「この黄金色……もしかして黄金が入っているのでは!?」と疑い、ウィーン大学で調べさせたとか。
ちなみにトカイというのはハンガリーの一地域なので、昔はオーストリア帝国=マリア・テレジア他ハプスブルク家の支配下であり、それだけに各国の王侯との逸話が多いと思われます。

・ポートワイン

ポルトガルのポルトという町から出荷されたために、ポルトの英語読みである「ポート」という名前がつきました。
これは日本との逸話があるワインです。戦国時代にポルトガル人宣教師が日本に持ってきたといわれています。そのため、日本人が初めて飲んだワインではないか? ともされています。
長期間の航海に耐えるほどの保存性を持たせるために、ブランデーでアルコール度を強化しているので、一発で酔っ払ってしまった人もたくさんいたでしょうね。
ちなみに白と赤があり、白が辛口、赤が甘口です。

日本人に最も馴染み深い(?)ポートワイン/Wikipediaより引用

 

とまあこんな感じで、普通のワインよりちょっと変わった特徴を持ったワインの逸話は結構たくさんあります。

普通のワインで歴史的な逸話というと、「ヴァレンヌ事件の際、馬車にワイン樽を積みすぎて逃げ切れなかった」くらいですかね。
その辺の詳細は以前取り上げていますので、よろしければどうぞ→(過去記事:ルイ16世がフランス革命から逃亡したのは亡命?それとも一戦交えるため?【その日、歴史が動いた】)。

「お酒が飲めないから飲み会はイヤ」という方も多いかと思いますが、こんなトリビアを用意しておくと、話のタネができて楽しめるかもしれませんよ。

あんまりうんちくが長引くとそれはそれで嫌がられますけどね。お酒同様ほどほどに。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:ドンペリ豆知識 シャンパン/Wikipedia カバ(ワイン)/Wikipedia happy-hungary.com ポートワイン/Wikipedia

 

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-フランス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.