日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

8月31日は野(8)菜(31)の日なり! されど大根も人参も日本原産ではございやせん

更新日:

 

「身近なものの由来が実は外国だった」という話はよくありますよね。
わかりやすいところでいうと、鉛筆は16世紀のスイスで作られたものが原点とか、「たばこ」はスペイン語及びポルトガル語の「tabaco」そのまんまとか、色々と。
むろん、最も身近な食べ物も決して例外ではありません。

8月31日は「野菜の日」ということで、本日は身近な野菜の出身と伝来について触れてみたいと思います。

どうでもいい話ですが、これほど合点のいく語呂合わせもなかなかないですよね。「なくよ(794)ウグイス平安京」と同じくらい秀逸かもしれません。

まぁそれはさておき、日本料理で欠かせない野菜といえば、やはり煮物や天ぷらに使われる根菜類ではないでしょうか。特ににんじんや大根は出番が多いですよね。

しかし、この二つ、実は日本原産ではありません

tomorroweye43

【TOP画像】[puamelia]さん@flicker

 

人参は戦国時代にやってきた 現代品種は江戸時代から

大根は地中海や中東地域を原産とし、弥生時代に日本へ入ってきたといわれています。おそらくはシルクロードを伝って、他の文物と共にやってきたのでしょうね。外来の野菜としては古株ともいえます。
だからこそ、春の七草のひとつ、「すずしろ」として数えられているのでしょう。
練馬大根や桜島大根など、土着品種の多さもうなずけます。

にんじんは中央アジア・アフガニスタン周辺が原産地で、意外にも日本へ入ってきたのは16世紀、戦国時代のことでした。

しかし、この時点で伝わったのは京野菜のひとつ・京人参に代表される東洋系の品種で、栽培が難しかったため出回る量も少なかったようです。今でもあまり頻繁に見かけるものではありませんしね。
となると、にんじんを食べたことがない戦国大名もかなりいたのではないでしょうか。

現在スーパーでよく見かけるのは、江戸時代に入ってきた西洋系の品種です。栽培も容易で味も良いものになって……いることになっていますが、にんじん嫌いの人にとっては「あれで!?」と言いたくなってしまいますよね。
ワタクシもあの甘みと苦味がマッチしていない感じがどうにも苦手です。にんじん農家の方すいません。

大根やにんじんほどの出番はありませんが、煮物にやはり欠かせない野菜としてもうひとつ挙げられるのがサトイモ。

これも実は日本原産ではありません。

 

スポンサーリンク

熊本城では籠城用のずいきが建材の中に

外来のサトイモですが、歴史は古く、縄文時代には伝来していたといわれています。このあたりとなると考古学や人類学の範疇ですねぇ。
サトイモは熱帯地域で主食とされているタロイモ類に入るので、おそらく日本人のご先祖のうち、南から来た人々が持ってきたのでしょう。
とても壮大な話です。

戦国時代にはサトイモの茎(ずいき)を保存食にするということもよく行われていました。加藤清正が熊本城を建てたとき、篭城戦を見越してずいきを建材の中に入れていたという話が有名ですね。
北陸地方ではサトイモの葉を乾燥させたものをずいきと同様に食していたこともあるそうですので、葉・茎・根(イモ)全部食べられるという万能な野菜ということになりますね。

しかし、日本料理の代表格である煮物に使われるような野菜がことごとく外国原産となると、「じゃあ日本原産の野菜ってないの?」と(´・ω・`)な顔になってしまいますよね。
存在しなくもないのですが、野菜というよりも山菜に近いものがほとんどです。
うどや三つ葉、みょうが、わさびなど。洋食派の方や薬味が苦手な方にとっては無縁かもしれません。

お蕎麦や麦飯の友・山芋も日本原産です。

 

歴史の授業の最初に縄文時代のことを習ったとき、「この時代の人々はどんぐりなどを食べていました」と聞いて驚いた人も多かったと思います。

が、食べられそうな植物がほとんど山菜だけだったら、ちょっとでも実の大きいものを食べたくもなりますよね。アク抜きするのは面倒ですが、栄養価としてはなかなかのもののようですし。

とはいえ、イタリア料理に欠かせないトマトや、ドイツでほぼ主食になっているジャガイモなど、「原産地と消費量が多い国が違う」というのはよくある話ですけども。ちなみに、どちらも南米・アンデス山脈付近が原産地です。

野菜の種類を事細かに挙げるとキリがないのでこの辺にしておきますが、自由研究のいいネタになるかもしれませんねえ。

え? 夏休み最後の日にンなもん書くなって? いやいや、始業式が始まって数日経過するまでが夏休みですよw

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:日本原産の食用栽培植物/wikipedia サトイモ/wikipedia ダイコン/wikipedia ドングリは食用になるのか/食の雑学

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.