歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

近藤勇/Wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

戊辰戦争「甲州勝沼の戦い」とは? 甲陽鎮撫隊と名を改めた新撰組はグダグダの惨敗に追い込まれ、消滅へ

更新日:

学校ではなかなか教わらないことですが、単独行動と団体行動にはそれぞれのメリットがあります。
概ね、「身軽に動けるが失敗した時のフォローがない」のが前者、「まとまって動くのは大変だが、誰かが失敗してもフォローしやすい」のが後者でしょうか。
さて、このメリット・デメリットを把握できないまま、大きな出来事に遭遇したとしたら……本日はそんなお話です。

慶応四年(1868年)3月6日は、戊辰戦争の局地戦の一つ・甲州勝沼の戦いがあった日です。

戊辰戦争は同時期に各地で戦闘が起きているので、時系列ごとに追っていくのは難しいのですが……この戦いの主役である、新選組の側から見ていきましょう。

 

勝海舟に命じられ甲州へ

鳥羽・伏見の戦いの後、新選組は、先に船で江戸に向かっていた徳川慶喜松平容保を追って、江戸へ戻ってきていました。
そして新選組局長・近藤勇は、勝海舟から「ちょっくら甲府まで行って、新政府軍を止めて時間を稼いでくれ」(意訳)と言われます。
近藤はこれを引き受け、新選組は「甲陽鎮撫隊」と名を改め、近藤勇や土方歳三らは偽名を使って、一路甲府へ向かいました。

戦闘の舞台となったのは、現在の甲州市勝沼町。今ではぶどう畑やワイナリーなどで有名なところですが、当時は信濃~甲府~江戸を繋ぐ甲州街道(現・国道20号の一部)の宿場町のひとつでした。
勝沼を越えられてしまえば、新選組にとっては故郷である多摩も近くなります。新選組の隊士の中には、実家や家族を守るために、新政府軍を食い止めたいと考えていた人もいたことでしょう。
「幕府側としては、新選組が扱いにくかったから別行動を取らせた」なんて話もありますが、その辺は当時のお偉いさんの頭の中を覗いてみないとわかりませんしね。

しかし、ここで甲陽鎮撫隊の内部で問題が起きます。
というのも、甲陽鎮撫隊は新選組のメンバーだけで構成されていたわけではなく、やる気があるのかないのかわからん連中が多くいたからです。
そのため、近藤は率いるだけでも一苦労。やる気(ry)な連中のご機嫌を取るために道中で大名行列ばりの遊びをした上、天候の悪化もあって、甲府到着が予想よりはるかに遅れてしまいました。

 

スポンサーリンク

ゲリラ戦に持ち込めれば、少しは勝機も?

既に西洋式兵器の力を見せつけられている後ですから、近藤たちには幕府から同等の兵器を与えられておりました。

しかし、こんな調子では訓練する時間もありません。運ぶ人員すら不足していたせいで、途中で半分ほど捨ててしまったそうです。戦う前から勝敗が決まっていたようなものです。

これを補うために、近藤も土方もいろいろ試みましたが、結局増援は来ませんでした。

いっそ新撰組のメンバーだけで徹底した訓練を行い、砲術部隊と白兵部隊に分けて、ゲリラ戦に持ち込めばまだ勝機があったのかもしれません。
実際、戦力として期待されていたであろう沖田総司が、病気療養のため江戸に引き返していたので、いずれにせよ作戦変更は難しかったでしょうけれども。
何だ、この八方ふさがり感。

一方、新政府軍は、3月1日には3000の兵を率いて甲府城へ入っていました。
甲陽鎮撫隊も布陣を試みますが、江戸を出たときには300いた兵が121にまで減ってしまっていたそうです。さんざんお金も使ったのに、近藤や土方が可哀想すぎて涙がちょちょぎれます。

錦絵『勝沼駅近藤勇驍勇之図』/Wikipediaより引用

 

トップの思い切りが良くないと下の苦労はガチで半端じゃない

3月6日、戦闘は始まりました。

むろん、展開は火を見るより明らか。江戸から引っ張ってきた大砲は新政府軍の砲撃であっという間に破壊され、それに恐れをなした兵が逃亡、甲陽鎮撫隊は戦線を維持できなくなって敗走してしまいます。
八王子付近まではある程度隊の形を保っていたものの、そこから先は中核であった新撰組のメンバーさえも散り散りになり、各自、別の道をたどることになります。

官軍が迫っている割に佐幕派の行動がアレすぎますが、おそらく「朝敵」になってしまったことで「今、積極的に参戦したら、負けた後どんな目に遭うかわからない」「もっと大勢でも長州にすら勝てなかったのに、今更勝てるわけがない」といった空気が強まってしまったからなのでしょうね。

そうでなければ、せめて江戸城に残っていた抗戦派だけでも甲陽鎮撫隊に協力したのでは……。まあ、身分の壁や差別意識などの理由で動かなかったかもしれませんし、動いていても不和を起こして結果は変わらなかったかもしれませんが。

ともかく慶喜なども大政奉還した時点で、新政府内での生き残りばかりを考えていたわけですし、そこに錦の御旗まで持ちだされてきては、軍事的にまともな抵抗ができる可能性はほとんどなかったでしょう。
でもそれならそれで、もうちょっと周りの人を抑えても良かった気はしますね。慶喜が抑えきれなかったために、会津その他の箇所で悲惨な戦闘が起きてしまったわけですから。

幕末の話ではお決まりですけれども、トップの思い切りが良くないと下の苦労はガチで半端じゃないという例と言えそうです。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:甲州勝沼の戦い/Wikipedia

 

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.