イギリス その日、歴史が動いた

なぜアイルランドとイギリスは不仲? 日本人には理解しにくいお国事情をスッキリ解説

更新日:

21世紀になっても当時から増えていないアイルランドの人口

実は21世紀に入っても、アイルランドの人口はジャガイモ飢饉以前の人口を超えていません。
日本最大の飢饉といわれる天明の大飢饉(1782~1788年)でも、ほぼ同じ92万人前後の死者が出たといわれていますが、日本の人口は当時の何倍にもなっていますよね。
気候や他の要因もありますので、単純な比較はできませんが、ジャガイモ飢饉がいかにアイルランドへダメージを与えたかがわかろうというもの。
このためにアイルランドの地元の言葉を話す人も激減してしまい、生き残った人々は仕事を得るために、英語を習得せざるを得なくなりました。

結果としてイギリスの支配力がより強まりましたが、同時に独立を目指す動きも高まることになります。そりゃ、これだけひどい目に遭わされ続けたら、どこの国の人だって黙っちゃいないですよね。
ついでにいうと、ジャガイモ飢饉の時期はヴィクトリア女王の治世の初期に当たります。つまり、アイルランドの人口が激減して悲惨なことになったのと入れ替わりに、「パクス・ブリタニカ」と呼ばれるイギリスの最盛期が始まるわけです。これも、アイルランド人にとっては腹が立つどころじゃないですよね……。

イギリス

しかし、アイルランドの中にも平和的解決を図る人々と、「暴力を使ってでも独立すべきだ!」とする過激な人々がいたため、なかなか方針がまとまらず、結果として独立が延びてしまいます。
第一次世界大戦の前には、イギリスで「アイルランドの自治を認める」とする法律も作られていたのですが、大戦によって施行が遅れに遅れました。
その間も過激派によるイギリス軍等へのテロやゲリラ攻撃が続き、大戦が終わる頃には、双方ともにすっかり疲弊。そんな中で結ばれたのが英愛条約というわけです。

ところが、です。これもスッキリとは解決いたしません。
「イギリス系住民の居場所として、北アイルランドのうち6州だけをイギリス領のままにしておいてほしい」と提案が出されたことで、火種が残り続けます。
これが現在も続く、俗に“北アイルランド問題”と呼ばれるものです。

 

スポンサーリンク

日本にとっては意外に身近な国だった

独立したほうの(南)アイルランドではカトリックが主流なので、当然議会やお偉いさんたちもカトリックが多いわけですが、イギリスの一部である北アイルランドでは、相変わらずプロテスタント=支配層、カトリック=被支配層という状態が続いたことが直接の原因。
例によって平等を求めても改善されないため、やっぱり暴力的手段に出る人々が表れ始めます。
イギリスの警察や軍が鎮圧しようとするも、アイルランド人をブッコロしてしまったために余計反感を買い、泥沼化してしまいました。

たぶん一定以上の世代の方はご記憶かと思うのですが、十年ちょっと前までは、ヨーロッパのニュースというと「またアイルランドのテロか」みたいな状態でしたよね。
その印象が強すぎて、「アイルランドは物騒な国」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。2016年にも、銃撃事件が起きてしまいましたね……。

その一方で、日本とはワーキングホリデーの協定国になっているため、若者には少しだけ身近な国となりました。
まあ、経験者の話からすると、日本(というかアジア全般)のことは全く知らない方のほうが多いようですし、やはりイギリスやオーストラリアなどに比べると人気が……なので、まだまだこれから、といったところですが。

実は、日本との関係も悪いわけではありません。
第二次世界大戦中のアイルランドは中立国でしたし、東日本大震災の際も日本赤十字に100万ユーロを寄付してくれています。
ここ数年では要人の往来も盛んになってきていますので、今後一気に距離が近づくこともあるかもしれません。
今はどこもかしこもアヤシイ状況ですから、一か所でも仲良くなれる国ができたら、お互いに安心できますし。

もしもアイルランド人と仲良くなる機会ができたときには、上記の経緯を踏まえ、イギリスの話題だけは本当に避けたほうが良さそうです。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
とびきり陽気なヨーロッパ史
アイルランドの歴史/wikipedia 外務省

 



-イギリス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.