日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

江藤新平/国立国会図書館蔵

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

佐賀の乱はなぜ起きた? そして、どのように鎮圧された? 江藤新平と大久保利通の思惑

更新日:

 

不平士族の代表的反乱・佐賀の乱

変化には犠牲がつきものです。
大きな変化であればあるほど基本的には犠牲がつきまとい、逆に無血であることのほうが珍しいでしょう。本日は明治初期の「変化」に伴う、大きな犠牲のお話です。

明治七年(1874年)2月1日は、佐賀の乱が勃発した日です。

明治初期に頻発した不平士族の反乱のひとつ、といえばそうなのですが、この乱についてはもう一つポイントがあります。
「征韓論に対する賛成・反対」です。
この辺は用語が多いので、漢字が並んでるのを見ただけで頭が痛くなってしまう人も多いですよね。では見て参りましょう。

【TOP画像】江藤新平/国立国会図書館蔵

 

スポンサーリンク

西南戦争へと続く【明治初期まとめ】

まず征韓論を中心に、明治初期のできごとを時系列順にまとめると、こんな感じになります。

【受験にも出そうな明治初期まとめ】
明治元年(1868年) 戊辰戦争開始・明治へ改元

明治二年 戊辰戦争終結・版籍奉還

明治四年 廃藩置県・岩倉使節団出発

明治六年 徴兵令・岩倉使節団帰国・明治六年の政変

明治七年 佐賀の乱

明治十年 西南戦争

最初にザックリと「佐賀の乱は明治六年の政変と西南戦争の間にあった」ということを押さえていただければ、今回のお話についての支障はないかと。
ことのキッカケとも言える征韓論は、岩倉使節団が欧米に行っている間、日本国内での政治的対立を生んでおりました。

「征」という字がつくことから、「征韓論賛成派は、すぐに戦争をしようとした物騒な人たち」というイメージが先立ちますが、西郷隆盛などは「朝鮮に開国を勧めよう」と考えており、そうとも限りません。
一方、西郷の友人でもあった大久保利通をはじめ、その他の反対派は「今は朝鮮に構うより、欧米やロシアとの関係について熟考して動くべきだ」としていました。
ですので、厳密にいうなら「朝鮮との関係を優先するか、後回しにするか」という議論だった、とするほうが正しいような気もします。

大久保利通/国立国会図書館蔵

 

スポンサーリンク

征韓論に敗れた数百名が下野してしまい

結果として「朝鮮に積極的に関わるのは時期尚早」ということになりました。
同時に賛成派の600人ほどが政界を離れて下野することになり、これが「明治六年の政変」と呼ばれます。

しかし、役人がこんなにいなくなったのでは、反対派にしても困ります。ただでさえ維新から日も浅く、人手はいくらいても足りないのです。
そのため大隈重信らは「今度のことでは対立したけど、いずれまた政治に携わってもらうこともあるだろうから、地元に帰るなんてことはしないように。今帰ったら、大久保たちの思う壺だぞ」と賛成派を慰留しました。

しかし、頭に血が上ってしまっている賛成派の多くは、慰留も聞かず地元へ。
その中に、佐賀の乱で中心となる江藤新平がおりました。
維新の十傑にも数えられ、明治になってからは民法制定などに尽力した人です。当然、影響力も強いワケです。

彼が帰郷した頃、佐賀では征韓論賛成派(以下「征韓党」)と、「新政府なんてくそくらえ! 封建制のほうが日本には合っている!」とする「憂国党」という派閥ができていました。
征韓党が同じ考えを持つ江藤を旗頭にするのも、ごく自然な流れです。

少しずつ情勢がきな臭くなる中、憂国党がちょっとしたトラブルで暴力沙汰を起こしてしまい、明治政府から軍へ鎮圧命令が出されます。
これが佐賀の乱の端緒となりました。

 

一般人を集めた軍隊が氏族相手に通用するか?

当初は三条実美が「佐賀の七賢人」の一人である島義勇(しま・よしたけ)に「ちょっとなだめてきて」と依頼した事もありました。
が、島は佐賀へ向かう船の途中、佐賀士族を見下す役人の言動を目にして「先祖代々の土地を守るため、明治政府の軍を追い払わなければ!」と、愛国心ならぬ愛郷心を爆発。
共通の敵は、人を団結させる最も強力なキッカケになるわけで……。中央にいた頃、江藤は不仲だった島ですが、これにより協力して明治政府と軍に対抗することになってしまいます。

こうして佐賀の征韓党と憂国党は、協力して明治政府を相手に戦うことに……となりそうなものですけれども、実際にはそうではありません。
この二つは別々に司令部が存在していたので、連合軍とはいえなかったのです。たまたま同時期に明治政府への反感を持っただけで、その理由もポリシーも全く違いました。

一方、明治政府は強力な中央集権をモットーとしています。それは軍事面でも同じで、徴兵令はその一環でした。
一般人を軍事的な意味での一人前にすることができれば、いつまでも士族に頼らなくて済む。士族の権益を保ては、いずれ旧佐幕派が勢力を伸ばし、政府を転覆しようと企みかねません。
封建制にもそれなりのメリットはありますが、明治政府としては何としても防ぎたい事態でした。

明治政府からすれば、佐賀の乱が起こったタイミングはまさに天与の機会ようなものでした。

ここで「明治政府が一から育てた軍」が「士族を主体とする軍」に勝つことができれば、不平士族を封じ込めることができます。「キミたち、ウチの軍に勝てなかったでしょ? だったらもういらないよね^^」というわけですね。
明治政府の中枢にも武士出身者が大量にいるのに、実にゲスい話です。うがった見方をすれば、下層武士の上流武士に対する復讐……ともいえるでしょうか。
まあ、古今東西問わず、政治なんてそんなものです。戦国時代と違って、なんだか生々し~く感じるのは、時代が近いせいでありましょう。

 

佐賀城での攻防で鎮圧軍の1/3が戦死!?

話を佐賀の乱に戻します。
こうしてちょっとしたトラブルから始まった佐賀の乱。さっそく、大久保の主導で鎮圧軍が差し向けられました。

現地に近い熊本鎮台(基地のようなもの)では、佐賀出身者も多く混乱も起きましたが、やがて陸海両路で進軍開始。鎮圧軍が佐賀城に入ると、まず江藤から使者がやってきました。
江藤としても、改めて政府の意思を確かめたかったのです。

しかし、ここで鎮圧軍のトップが「答える必要はない」と完全に拒絶してしまったことで、名実ともに戦闘が始まってしまいます。

籠城戦の場合、通常であれば城側が有利になるはずです。
実際、この反乱における鎮圧軍の死者のほとんどは、この佐賀城攻防戦でのものでした。ここにいた鎮圧軍の約1/3が戦死したそうです。何がどうしてそうなった。

佐賀城の鯱門

こうして緒戦で鎮圧軍が敗走した後、大久保率いる後続が福岡までやってきました。
大久保は兵をいくつかに分け、福岡の多方面から佐賀へ進軍させました。途中であまり協力的でない地域にも、征伐に加わるよう説得させたりもしています。

一方、征韓党は長崎街道沿い、憂国党は筑後川沿いに兵を進めることで同意し、それぞれの鎮圧軍を迎撃しました。
このあたりから、両軍の物理的な優劣が際立ち始めます。

戦にはセオリーとも呼べる戦術がいくつかありますが、その中でも「小勢で大軍と真正面から戦ってはならない」というのは最たるものです。数で対抗できないのなら、地の利や天候を利用したり、夜襲や奇策を用いたり、地元民に協力を頼むなど、別の工夫で補わなくてはなりません。
征韓党にも憂国党にもこの概念があまりなかったらしく、敗退が続きます。
それぞれの党内での結束は固く、狭い道で一時的に善戦したり、「官兵殆ど敗れんとす」と評されるまでの戦いぶりも見せたのですが、ここで想定外の事態が起きます。

敗戦が続くのを見て、江藤が憂国党への相談なしに、征韓党を解散してしまったのです。
しかも江藤自身は鹿児島の西郷隆盛を頼って、佐賀からも離れてしまいました。

佐賀城の鯱門に残る銃痕、生々しいですね……/Wikipediaより引用

 

島は逮捕され、西郷や土佐を頼ろうとした江藤も捕まり

当然ながら憂国党は激怒しますが、そう簡単に降伏することもできません。さらに数日間戦って意地を見せました。

しかし、戦力差はどうにもならず、ついに2月28日になって降伏の使者を送ったものの、受け入れられません。「文書の内容が失礼」という理由だったそうですが、ここまでで鎮圧軍も相当の犠牲を出していますので、どちらにしろ簡単には降伏を認めなかったでしょうね。
島はこれを知って討ち死にを覚悟したものの、弟たちが無理やり脱出させています。その後は島津久光を頼ろうとして鹿児島に向かい、その途中で捕まりました。

同じく鹿児島に向かった江藤らは先に到着し、西郷にも会ったようです。
しかし、西郷は元々手荒な手段には反対でしたから、この時点では決起するつもりもありませんでした。そのため江藤は土佐の征韓派を頼ろうとしましたが、手配書が回っており、やはり逮捕されてしまいます。

二人を含む佐賀軍の中心人物は裁判にかけられた後、判決が出た4月13日に斬首刑となりました。江藤と島の首は晒されています。
ウィキペディア先生の江藤のページにその写真があるので、苦手な方はご注意ください。ブラウザの環境によってはいきなり出てきますからね……。

江藤新平/国立国会図書館蔵

あまりにも処刑が早かったので、当時すでに「最初から判決が決まっていたのではないか」と言われていたようです。
それだけに江藤や島へ同情する庶民も多く、「江藤の首塚に参ると眼病が治る」「訴訟がうまくいく」「災いが去る」などの迷信もささやかれました。
また、このとき日本にいたイギリス公使ハリー・パークスも「この判決は大きな不満を呼んでいる」と自国の外務大臣宛てに書き送っています。

この動きは数十年残り、大正八年(1919年)になってから江藤や島を含めて特赦が行われ、地元民によって佐賀の乱戦没者の慰霊碑が建てられました。

また、佐賀の乱で生き残った征韓党や憂国党の残党の中には、西南戦争に参加した人もいたそうです。
この二つからも、佐賀の乱の心理的な影響は長く続いたことがわかりますね。

長月 七紀・記

明治天皇のエピソードと功績をスッキリ解説! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

【関連記事】
西郷隆盛49年の生涯をスッキリ解説! 薩摩の一藩士から維新三傑となり西南戦争で自刃するまで
大久保利通49年の波乱な生涯マトメ! 私財を投じて国に尽くすも紀尾井坂の変で暗殺される
島津斉彬50年の生涯~西郷隆盛や大久保利通を発掘した人材育成達人の功績とは?
木戸孝允(桂小五郎)の出世道 意外なほど気さくな「維新の三傑」
ホントはすごい西郷従道! お兄ちゃん(隆盛)に隠れがちな有能っぷりとは?
薩長同盟 「尺牘」の朱文字から滲み出る坂本龍馬の苦労と功績
「ワシは清正公に負けた」と西郷隆盛が嘆いた 西南戦争・熊本城の戦い
哀しき内乱・西南戦争がスッキリわかる 「視察」が「刺殺」で大久保は号泣した!?
西郷どん・2018大河ドラマの全キャストと人物紹介!【常時更新】
2018年大河ドラマ『西郷どん』を率直予想! 大いに期待したいけど悪夢が頭をよぎるのです
幕末明治貴族の出世頭・岩倉具視 キャラは奇抜なれどバランス感覚に優れた政治家だった!?
小松清廉(小松帯刀)惜しまれる早逝の志士 幕末のビッグイベントは彼抜きには語れない
最後の将軍・徳川慶喜が大政奉還 それでも江戸幕府は残ると信じていた!?
開国したことにさせられた井伊直弼がガチギレ! 安政の大獄はじまる
明治維新後の天璋院篤姫は? 1万人に見送られながら徳川の女として生涯終える
明治天皇や西郷隆盛の肖像画を描いたキヨッソーネ 立つ鳥跡を濁さないイタリア人の功績
隠れたラストサムライ・河井継之助 長岡の傑物が幕末に見せた手腕とは?
山本権兵衛~西郷隆盛の教えを受けて海軍を背負う 陸軍・政治家からも一目置かれた理由は?
生麦事件~そしてイギリス人奥さんは丸坊主にされ、薩英戦争から友情が生まれる
彰義隊が散った上野戦争 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る
市川・船橋戦争って注目度が低いよね…… 上野戦争前に起きていた戊辰戦争の局地戦
池田屋事件は新撰組vs長州や土佐藩など 坂本龍馬は直接関係ありません
松平容保とは? 会津藩祖・保科正之の教訓に縛られた悲劇の血筋

スポンサーリンク

参考:佐賀の乱/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.