歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

平治物語絵巻/wikipediaより引用

源平 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

平治の乱ってオモロイじゃん!単なる【平清盛vs源義朝】の覚え方では損ですよ

投稿日:

平安時代に京都で起きた【保元の乱】と【平治の乱】は、戦というより政争に近い性格を持ちます。

特に保元の乱は、皇室の争い(後白河天皇vs崇徳上皇)に源平や藤原摂関家などが絡み合い、超ややこしや。
単純に勝敗を論じるのではなく、流れをシッカリ掴んだ方が結局は理解しやすく、受験生の方は暗記しやすい――と以下の記事を公開させていただきました。

保元の乱を分かりやすくするには【平安時代版・関が原の戦い】と考えれば良い!?

図式化するとこんな感じでスッキリなんですけど。

◆保元の乱
敗北
【崇徳上皇方】
藤原頼長
源為義・頼賢・為朝
平忠正

勝利
【後白河天皇方】
藤原忠通・信西(しんぜい)
源義朝
平清盛

ひたすら暗記するより、流れを掴んだ方が絶対良いです。だってスグに忘れてしまうから。

一方、平治の乱。
こちらも受験用に図式化すると一見カンタンです。

◆平治の乱

敗北
源義朝
藤原信頼

勝利
平清盛
藤原通憲

学校の授業ですと
「保元の乱で勝った源義朝と平清盛が戦い、今度は清盛が勝ったんだね!」
で終わるかもしれませんが、実態はだいぶ異なります。

というか、ちゃんと流れを掴むと、こんなにドラマチックな乱もそうそうありません。

今回は、平治の乱がいかなる経緯で起き、そしてどうなったか?
少し詳しく見てみましょう。

 

信西、保元の乱後に主導権を握る

保元の乱が起きた後、政治の主導権を握ったのは後白河天皇方の藤原信西(しんぜい)でした。
彼の妻が後白河天皇の乳母だったため、実質的には天皇の義父のようなものだったからです。

具体的には、荘園を整理するための法令を出したり、御所の手入れを行ったり、公事・行事の整備や役人の綱紀粛正などにも力を入れました。

そして、これらの政策のためには、治安維持が含まれるため武力が不可欠。
そこで信西は、北面の武士で最大兵力を持つ平清盛を優遇し、活用することにします。

清盛たちにとっても、自分たちの力を示して官位を得たり、朝廷で重い立場になれることは大きなメリットでした。

また、興福寺のシマである大和に平基盛(清盛の次男)が任じられたことで、寺社が強い勢力を持つ同国の切り崩しを図ります。
とはいえ力づくではなく、それまでの権利もある程度は認めながら、懐柔する方針を取りました。

さらに清盛は、大宰大弐(大宰府のNo.2)に就任して日宋貿易に深く関与し、経済力も高めます。
最終的に負けたので清盛には悪人のイメージが根強いですけれども、政治的な能力は歴代の武士の中でも一・二を争うレベル……と言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

交渉の末に守仁親王が即位

こうした清盛の働きに満足したのでしょう。
藤原信西は、息子・成憲と清盛の娘を婚約させ、さらに結び付きを強めます。

また、保元の乱で敗れた藤原頼長の所領を没収し、信西自身がその担当者になるなど、自分たちの経済基盤確保も図りました。

しかし、もともと故・鳥羽法皇が「次の天皇に」と決めたのは、後白河天皇ではなくその皇子・守仁親王です。

あくまで後白河天皇は中継ぎ。
守仁親王が20歳を超えた時点で、その役目は終わっている……と考えたのが、故・鳥羽法皇の寵妃だった美福門院(藤原得子・なりこ)です。

美福門院/wikipediaより引用

彼女は鳥羽法皇の広大な荘園を相続しており、政治的な発言力も強いものでした。
そして、後白河天皇や信西を相手に粘り強い交渉を重ね、保元三年(1158年)、守仁親王が二条天皇として即位します。

第74代 鳥羽天皇(父)
(1107-1123年)

第75代 崇徳天皇(兄)
(1123-1141年)

第76代 近衛天皇(弟)
(1141-1155年)

第77代 後白河天皇(弟)
(1155-1158年)

第78代 二条天皇(後白河天皇の子)
(1158-1165年)

 

「仏と仏との評定」で交渉は成立するが……

藤原信西と美福門院の交渉は、両者が出家の身だったため「仏と仏との評定」と称されました。

というかもともと後白河上皇と二条天皇は親子ですしね。
後白河上皇が院政をすることも可能だからこそ、この交渉は成立したと思われます。しかし……。

ここで動きがキナ臭くなってきます。
美福門院を始めとする二条天皇の側近が、後白河上皇による院政を拒もうとするのです。

どうしてこうなっちゃうんだろう。
と、ふと考えたときに思い浮かんでくるのが、故・鳥羽法皇による崇徳上皇への異様な冷遇です。

あくまで俗説ですが、崇徳上皇は自分(鳥羽法皇)の子ではない、そんな疑惑から最終的に保元の乱が起きており、新興勢力である武家(源平)が台頭という流れになるのではないかなぁ、と。

いずれにせよ即位した二条天皇と、その親政を図った藤原経宗(つねむね)・惟方(これかた)などの動きが活発となり、局面は次の段階へと向かっていくのでした。

 

スポンサーリンク

あの道長や紫式部・夫の流れを汲んでいる

ここで新しく出てきた藤原経宗と惟方を確認しておきますと……。

藤原経宗は、二条天皇の母方の伯父です。
藤原惟方は、二条天皇の乳兄弟かつ、若い頃から美福門院に仕えておりました。

要は2人とも、臣下の中では特に二条天皇・美福門院に近い人々といえます。

血筋的にはいずれも藤原北家に属していて、経宗は藤原道長の玄孫、惟方のご先祖様は紫式部の夫・藤原宣孝です。
なんだか時代の移り変わりが感じられますね。

紫式部日記絵巻の藤原道長/wikipediaより引用

おそらくや経宗や惟方は
「道長のように娘を入内させて天皇の外祖父となり、実権を握りたい。そのためには院政という仕組みと院の近臣が邪魔だ!」
と考えていたのでしょう。

そうでなくても、鎌足の時代からずっと高官を務めてきた藤原氏の一員なわけですから、一族まとめて返り咲きたいと思うのが自然ですしね。

 

道長の兄・道隆の子孫にあたる信頼は源氏に接近

こうした藤原の思惑に加え、後白河上皇の近臣たちの中にも、藤原信西に反感を持つ者も現れ始めました。

筆頭が藤原信頼です。

彼も藤原北家の一員ですが、経宗や惟方とは違う系統で、藤原道長の兄・藤原道隆の子孫にあたります。
若い頃から昇進しており、後白河天皇が譲位する前からかなりの寵愛を受けていたようです。

また、信頼は比較的視野の広い人物でもありました。
遠戚にあたる奥州藤原氏に娘を嫁がせたり、武士の力を利用して、自らの地位も高めようと考えたりしています。

上記の通り、藤原信西が平家を味方につけていたため、信頼はその対抗馬として、源氏に接近するのです。

 

スポンサーリンク

恩賞が少ない! 源義朝は不平を漏らしていた

一方その頃、ときの源氏当主・源義朝は不満を抱いておりました。

平治の乱で敗走する源義朝/wikipediaより引用

源氏一門に対する【保元の乱】の恩賞が少ない。
平清盛とその兄弟は大和国を含め、四ヶ国の受領(国司の現地責任者)に任じられていたのに対し、源氏では、受領になったのが一人と、他に微々たる官位……という感じです。

理由としては、源氏が同時期にいくつも内ゲバをして、中央への政治的アプローチがなかったからでは? 要は自業自得では?
と思ってしまいます。
一族の統率を図る人がいなかったようで、こういうところに平氏との差が見えてきますよね。

かくして二条天皇親政派と信頼・義朝は
「信西ブッコロ!!」
という点で一致。

まぁ、信西うんぬんより、その後のことを予め考えていなかったせいで全員敗者になるんですけどね。

 

熊野詣で清盛の留守中にクーデター

コトは、藤原信西の協力者である平清盛が、熊野詣のため京都から離れていた隙をついて起こされました。

藤原信頼たちは後白河上皇の御所・三条殿を襲って、上皇を皇居に軟禁、続いて信西の屋敷を焼き払うという荒すぎる手段でクーデターを試みるのです。
皇居には当然二条天皇もいるため、上皇と天皇の両方を人質に取ったカタチになりますね。

ちなみにこのとき、後白河上皇の姉・上西門院も巻き込まれています。
保元の乱のときもとばっちりをくった人です。
いくら崇徳上皇・後白河上皇両方と同母きょうだいとはいえ、可哀想すぎるやろ(´・ω・`)

信西は一度逃げたものの、見つかって首をはねられました。

なんでも、「信西は土中に埋めた箱の中に隠れたが、掘り起こされる音を聞き、喉を突いて自害した」そうで。
日本史上、他に例を見ない最期でしょう。

信西としては、何日かやり過ごせば京に戻れると思っていたのかもしれません。
でなければ、死に物狂いで少しでも遠くへ行こうとしたはずです。

いずれにせよ信西は恨み買いすぎたせいか、京で首を晒されています。

 

スポンサーリンク

【平清盛が帰ってきたらどうするか?】

信西の排除という最大の目的を達成した信頼は、二条天皇親政派と結んで朝廷の実権を握り、源氏を含めた協力者たちに恩賞を与えました。

なんだか、あまりにスムーズな動きです。
こうなると、なぜ彼らが負けたのか、不思議に思いませんか?

もちろんコトはそう単純ではなく、とって大きな問題がありました。

【平清盛が帰ってきたらどうするか?】

源氏にとって清盛と平家はウザったくて仕方ない存在ですが、この件に関してはそもそも京都にいませんでしたし、何をしたわけでもありません。
また、藤原信頼の嫡子・信親が清盛の娘と結婚していたため、信頼にとっては縁戚にあたります。
兵力の多さも見逃せませんでした。

そのため、源義平(義朝の長庶子)が「追討すべき!」と進言しても、信頼は首を縦に振りません。
信頼としては、おそらく縁戚関係を利用して、平家も味方に引き込むつもりだったのでしょう。

時代が前後しますが、本能寺の変における明智光秀と細川家を彷彿とさせる関係ですね(信長を討った光秀は、細川家に娘を嫁がせていて、変の後、味方に引き込む予定だった)。

 

なぜこんなアッサリ逃げられるのか?

事の経緯を聞いた清盛は、ひとまず京の六波羅邸に戻りました。

すると、今度は二条天皇親政派が接近してきます。
この時点での勝者は藤原信頼ですが、そもそも彼は後白河上皇派なので、二条天皇親政派からすると「次は信頼を始末しないと……」と考えるのです。

そして、二条天皇親政派の三条公教(さんじょう きみのり)と藤原惟方によって、二条天皇の六波羅行幸(という名の脱出)計画が立てられました。
惟方はさらに、後白河上皇にも二条天皇の脱出計画を知らせます。

これを受けて、後白河上皇は直ちに仁和寺へ脱出。
その後すぐ、二条天皇も密かに内裏から清盛の六波羅邸へ移動します。

人質は大事に見張るべきだと思うんですが、なんでこんなアッサリ逃げられたんですかね……。

平治物語絵巻六波羅行幸/wikipediaより引用

まあそれはさておき、惟方の弟・藤原成頼(なりより)が天皇・上皇の脱出成功を他の公家たちに知らせてまわると、彼らもまた六波羅邸へ。
その中には、信頼派だった摂関家の忠通・基実父子もいました。

これにより、六波羅は現職の天皇・摂関家・多くの公家が集まり、「もうここが内裏じゃね?」状態。
そして二条天皇から信頼・義朝の追討宣旨が下され、清盛ら平家は名実ともに官軍同然となりました。

 

義朝は信頼を「日本第一の不覚人」と罵倒す

清盛にとって不幸中の幸いは、自分の家が“伊勢”平氏と呼ばれる通り、熊野にも京にも近い伊勢周辺に基盤があったことです。

実際、帰京までに伊賀・伊勢の郎党が合流しており、兵力は充分。
また、政治的には中立という立場を貫いていたため、どちらにでもつける状況でした。

一方、人質も名分もなくなった信頼方は揃ってパニック!

源義朝は信頼を「日本第一の不覚人」とまで罵倒したそうです。
うーーーん。これはどうなんでしょう。

当時、京で最大の兵力を持っていた平家を敵に回すのに、準備が万全でなかったと思われる義朝にも問題はあったのでは?
京都に大軍を用意しておくのは不信や警戒を招くにしても、ただでさえ基盤が関東という遠隔地なのですから、何か別の手を打っておかないとマズイはずです。

信頼方は源義平(よしひら)の活躍で一時平氏を退けたものの、結局は多勢に無勢。
六条河原で敗れてしまい、義朝は東国に落ちていく途中で殺され、頼朝は捕えられて伊豆に流罪、信頼は六条河原で斬首と、壊滅状態に陥りました。

超ザックリまとめますと、
「当時の権力者たちがお互いブッコロしあった末、最終的に平家が一番オイシイところを持っていった」
のが平治の乱といえます。

 

知行は一気に七カ国! 平家の台頭ついに

乱の後。
当然のことながら、平家に対する恩賞は多く、知行国は七カ国に及びました。
また、二条天皇の行幸の警固を清盛が担当するなど、信任もより厚くなっています。

後白河上皇にとっても、片腕だった信西の仇討ちを平家が果たしたような形になりますから、悪くは思っていなかったでしょう。

しかし、経宗と惟方は「これで二条天皇が親政をできる!」と早合点し、後白河上皇に嫌がらせをはじめます。

御所だった三条殿が焼けてしまったため、後白河上皇は仮の御所として、藤原顕長(あきなが)という公家の屋敷を使っていました。
ここは京都の八条大路沿いにあり、後白河上皇は御所では見られない市井の生活を見物するのが好きだったそうです。

しかし、藤原経宗と惟方が、後白河上皇から外を見られるような位置に材木を打ち付けさせ、見物をさせないようにしたといいます。
みみっちいというかせこいというか、小学生みたいなイジメですね。

気の弱い人であればこれで政治から身を引いたかもしれませんが、あいにく後白河上皇は真逆。
(出家してるけど)怒髪天を衝く勢いで怒り、清盛に経宗と惟方の捕縛を命じた上、目の前に引き出させて拷問にかけています。
その後、経宗が阿波、惟方が長門に流罪になりました。

うまくやれば政治の中枢に居続けられたでしょうに、一時の悪ノリでだいぶ損をしていますね。

こうして院政派も親政派も軒並みいなくなり、天皇・上皇両方から信任されていた平家が台頭……というか、そうならざるをえない状況です。

むろん流された源頼朝からすれば、平清盛は父や一門の仇になるわけで……それが源平の戦いに繋がっていきます。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「平治の乱」 平治の乱/wikipedia

 

-源平, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.