歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた 文化人

茶の湯(侘び茶)は室町に始まり戦国で開花!そして江戸の茶道へ続いていく

投稿日:

室町・戦国時代は、現代に繋がる日本文化が数多く生まれました。

その代表格が和風建築だったり歌舞伎だったり、今回のテーマ【茶の湯(侘び茶)】です。外国の方がイメージする「日本らしさ」でも、だいたい「フジヤマ・ゲイシャ・テンプラ」の次くらいに出てきますかね。

この茶の湯が江戸時代に茶道となって今へと続くワケですが、今回は起源となる【茶の湯】がどのような経緯で日本で広まったか?確認してみたいと思います。

実は日本史受験でも得点源になるところだったりして、意外と大事なんですよね。
とはいえ知識の羅列にならぬよう、今回は中国の起源から流れを把握しておきましょう!

 

唐王朝で生まれ、8世紀には専門書「茶経」も記される

お茶を味わう「喫茶」の習慣は、中国の唐王朝(618~907年)で広まりました。

8世紀頃には、最古となるお茶の専門書「茶経」も記されているほど。
唐以前の時代には、お茶の持つ苦味を緩和させるため、生姜や紫蘇(しそ)など香りのあるものを入れて飲むのが主流だったそうです。

しかし「茶経」で
「それじゃあ、お茶の葉そのものの美味しさが薄れてしまうじゃないか!」
と主張され、それがだんだん広まり、茶葉だけのお茶が主流になりました。

この時期には既に
「眠気を覚ます作用がある」
ということも知られており、禅寺などで修行中の眠気覚ましに使われていたといいます。

カフェインの作用が、千年以上前から経験則で知られていたんですね。

 

スポンサーリンク

日本での最古の史料は嵯峨天皇

喫茶は、唐の習慣の一つとして、遣唐使を通じて日本へ伝わりました。

上海万博で復元された遣唐使船/photo by ぱちょぴ Wikipediaより引用

【関連記事】遣唐使

最古の史料では、弘仁六年(815年)に嵯峨天皇が近江へ行幸した際、お寺でお茶を出されて「なんだこれうめえ!」(超訳)と大喜びしたことが記録されています。
そのノリで近畿圏に茶の栽培を始めさせたとか。

近畿でお茶というとやはり京都府宇治市の印象が強いですが、宇治のお茶は鎌倉時代からということですので、もうちょっと後のことです。

実はお茶の習慣は、遣唐使が廃止されて国風文化に切り替わっていった際、徐々に廃れてしまっています。

現代風にざっくりいうと
「お茶って中国の風習でしょ? まだ唐で消耗しているの?」
みたいな感じでしょうか。

この時代のお茶は今のような煎茶や抹茶ではなく、団茶でした。
団茶とは、一度粉状にした茶葉を整形し、麹を植え付けて発酵させたものだったので、作るのに手間と時間がかかることも衰退した理由の一つだったでしょう。

日本の気候では湿度が高すぎて、管理が難しかったというのもありそうです。

 

「お茶は五臓の調和を保つ薬である」

一方、中国では、唐の後に宋王朝が来て、その時代にもお茶が飲まれ続けます。
そして、従来の団茶に加え、抹茶が飲まれるようになっていきました。

さらに南宋の時代になると、都が良茶の産地である臨安(杭州)に移ったことや、その近辺に禅寺が多かったことから、喫茶の風尚は禅僧社会に再度流行します。

やはり眠気覚ましとしての目的が強かったようですが、この頃になると
「お茶は五臓の調和を保つ薬である」
という考え方も出てきています。

「五臓六腑」の五臓であり、肝・心・脾・肺・腎を指しますが、西洋医学とは少々異なるものを指しているので、詳しく知りたい方はググる先生へお尋ねください。

現代の漢方医学の世界でも、似たような意味合いでお茶を勧めることがあるようです。
厳密に言えば、日本の漢方医学は「中国の考えを元にして、日本人の体質に合わせた医学」なんですけども。
※中国伝統の医学は「中国医学」、または「中医学」

 

スポンサーリンク

源実朝の病気を治し「お茶ってスゲー!」

こういった新たな喫茶の習慣と考えは、臨済宗の祖・栄西によって日本へ伝えられました。

まずは平戸・博多・栂尾・鎌倉などで茶の栽培がスタート。
特に、栄西の献じた茶が、鎌倉幕府三代将軍・源実朝の病気を治したことで「お茶ってスゲー!」という世論となり、禅寺だけでなく公家や武家にも健康的な習慣として広まっていきます。

実朝は深く感謝していたようで、栄西が最晩年に病になったとき、大江親広(源頼朝の側近・大江広元の息子)を見舞いに行かせています。

栄西は「喫茶養生記」という本も実朝に贈っていますから、おそらく実朝は、ただ単にお茶を飲むだけではなくて、この本に書かれていることを実践して健康になったのでしょう。

特に武家における喫茶ブームは長く続き、一時の熱狂に留まらず、日々の習慣の中に入り込んでいきました。

栄西/wikipediaより引用

「闘茶」と呼ばれる茶の飲み比べ大会といいますか、利き酒ならぬ利き茶みたいなことも流行っていたようです。
しかし、次第にお茶そのものを楽しむより、豪華な飾り付けを競い合うようになったり、お茶の後に大宴会をおっぱじめるという会が主流になったそうで……。

純粋にお茶を楽しみたい層からはさぞ不快だったでしょうが、これをきっかけにして茶の栽培・生産量と喫茶を楽しむ人数が増えていったという面もあります。
なんでも下世話な方がストレートに突き刺さって、人々の間で流行しがちなのは、いつの時代も同じですね。

また、寺社の前などに、参拝客向けの茶店ができたのもこの頃です。
この時代に庶民が遠出するというと、行き先はだいたいお寺か神社への参拝ですから、これは現代で「お茶する」のと似たような感覚だったと思われます。

 

銀閣寺の将軍・義政も味わっていた

もちろん、お上品にお茶を楽しんでいる層もいました。

お茶と共に静かに芸術鑑賞を行うという習慣は、室町幕府の六代将軍・足利義教の頃からはじまったといわれています。
キレてばっかり(超訳)なイメージがある義教に、お茶のような静かな趣味があったというのは意外な気もしますが、実はもともと彼も僧侶ですもんね……。

最近の研究では、「一日に緑茶10杯程度まではメリットのほうが大きい」そうですが、当時のお茶は現代のものほど鮮度が良くなかったでしょうし、義教のキレっぷりはお茶の飲み過ぎが原因だった……なんて可能性があったりなかったり!?

次にお茶が進歩を遂げるのは、八代将軍・足利義政の代です。

足利義政/Wikipediaより引用

「心静かに茶を味わいつつ、芸術品を鑑賞する」という、現代の茶席に近い傾向になったのが彼の頃だと考えられています。

まぁ、義政がお茶飲んで落ち着いてる頃、大多数の京都市民は上から下まで、応仁の乱やら何やらで大騒ぎだったわけですが。

 

スポンサーリンク

珠光→紹鴎→利休ライン始まる

そして15世紀後半、村田珠光という僧侶の出現が、劇的にお茶の世界を変化させます。

いわゆる「侘び茶(わびちゃ)」です。

四畳半程度の小さな茶室で静かに嗜む渋い味。
義政の時代から、多少は地味目な方向性も出てはいましたが、大名などの間ではやはり豪華絢爛に傾きがちだったため、珠光スタイルは真っ向から対立する形を作ったことになります。

そしてその後の著名な茶人たちは、珠光の教えを受け継ぎました。

特に、それまで「絵画を飾るべき」とされていた床の間に、和歌の色紙を飾った武野紹鴎(1502~1555年)がインパクトだったでしょう。
「これこそわび茶の心だ」となり、茶室はより簡素な空間になっていくのです。

大仙公園内の武野紹鴎像/photo by 田英 wikipediaより引用

こうして、茶席は誰でも楽しめる空間でありながら、洗練された場でもあるという特異な場所となりました。
堺や京都の豪商、そして戦国大名もこの方向性を支持していきます。

 

茶器大好きなボンバー松永

茶釜を抱いて自爆した――そんなエピソードで知られるボンバー松永久秀も、実は名高い文化人として知られます。

茶器や茶の湯に高い価値を見出した最初期の大名の一人。
彼は、織田信長の軍門に降ったとき、名器として知られる茶入れ「付藻茄子」(九十九髪茄子とも)を献上しました。

また、同じ頃に堺の商人・今井宗久からも茶壺「松島」が信長の手元に渡っています。

あまり知られていませんが、信長は和歌も嗜む文化人的なところも持っていましたし、新しもの好きでもありましたから、これらの良い茶器が用いられる場にも興味を持ちました。

最近では割と当たり前になった
「茶の湯や名茶器に価値を付け、領地の代わりに与える」
という狙いもあったと思われます。

信長は、茶の湯自体も楽しみながら、京や堺で名物と呼ばれる茶器を買い集め、宗久をはじめとした茶人も多く召し抱えて、茶会を催すようになりました。
織田家に仕える武将たちも、主にならって茶の湯に親しんでいきます。

 

スポンサーリンク

利休の登場と退場 秀吉と色々あって……

戦国時代のお茶を語る上で欠かせない人物は、何と言っても千利休でしょう。

彼はもともと信長に召し抱えられていました。
後に豊臣秀吉のもとで自害させられますが、秀吉も信長の家臣だった頃から茶の湯に熱中していたといいます。

特に自身が関白となり、宮中でも茶会を催してからは、公家社会でも改めて茶の湯が浸透していきました。
この頃は秀吉好みの「はで(派手)の美」と、これまで継承され利休らによってさらに洗練された「わびの美」に分かれていました。

豊臣秀吉の「黄金の茶室(復元)」

趣味が違うといかにも対立しそうなものですが、しばらくの間、利休は茶の湯だけでなく秀吉近辺の政治的なことも行っています。
秀吉の弟であり、良き相棒でもあった豊臣秀長も、大友宗麟に「内々のことは宗易(利休)、公のことは私に」と語っていたことがあるほどです。

もちろん、利休は政治的なことだけではなく、茶に関することも続けていて、天正十五年(1587年)の北野大茶会では、秀吉に次ぐ第二席の座にいました。

しかし、天正十九年(1591年)1月に秀長が亡くなってから、豊臣政権には各所に暗雲が立ち込めます。

といいますか、この年は秀吉の周りでさまざまな変化が立て続けに起きているんですよね。
ここで出すのも何ですが、利休にも大きく関わってきますので、簡単にまとめておきましょう。

【天正十九年~激動の豊臣家~】
1月20日 秀吉、唐入り(文禄の役)への遠征準備を命令
1月22日 豊臣秀長死去
2月28日 千利休切腹
8月5日 秀吉の嫡男・鶴松夭折
8月23日 秀吉、「唐入り」を正式発表
10月10日 名護屋城の築城を開始
11月28日 豊臣秀次が権大納言に
12月4日 秀次、内大臣に昇進
12月20日 秀吉、秀次に訓戒状を送る
12月28日 秀次、関白と豊臣家当主に就任

実は秀長が亡くなってから一ヶ月程度で、利休が切腹したことになりますね。
さらにその後、秀吉の息子・鶴松が亡くなっているというのが何とも……。

利休が切腹させられた理由は、今なお不明です。

・利休の娘(商人に嫁いだ後未亡人になっていた)を秀吉が差し出せと言ったが、断られたため
石田三成との政争に敗れたため
・大徳寺三門(金毛閣)を改修した際、利休自身の像を門の上に飾らせ、その下を秀吉に通らせたから
・安物の茶器を高額で売りつける詐欺をしていたから
・利休が唐入りを批判したから

それっぽいものはいくつか挙げられているのですが、どれも切腹までさせるほどのことではありませんよね。
全部だったとしたら「そりゃしょうがない」といえないこともないですが。

サン=フェリペ号事件なども含めて、秀吉の時代は、肝心なところの記録がないケースがままあります。

 

小庵が三千家の祖となる

その後、利休の息子・道安や、娘婿・少庵が一時蟄居を強いられ、赦免された後に道安が千家の家督を継いでいます。

千家の者たちが静かな間は、細川忠興など、利休の弟子だった大名や、他の茶人大名が茶の湯の中心になっていました。
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」理論でお茶そのものまで禁じられなかったのが不幸中の幸いですかね。

道安は早くに亡くなったため、少庵が現代まで続く三千家の祖となっています。

【三千家】
・表千家
・裏千家
・武者小路千家

その後のことは江戸時代の話になってきますので、一旦ここで区切りとしましょう。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「茶道」「千利休」「」
茶道/wikipedia
千利休/wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた, 文化人

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.