参勤交代(園部藩・南丹市文化博物館蔵)/wikipediaより引用

江戸時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

参勤交代と大名行列が一気にわかる!期間は?妻子は?経済負担もハンパねぇ

更新日:

江戸時代で、パッと思いつく【制度】とは何ぞや?

そんな問いに真っ先に出てくる答えは
鎖国
参勤交代
の2つではないでしょうか。

外交と内政に関する違いはあれど、両政策がこの時代に与えた非常にインパクトは大きい。

今回は、大名行列とセットで語られることの多い参勤交代をおさらいしてみましょう。

 

鎌倉の頃から原型はあった

参勤交代といえば江戸幕府のイメージが大です。
が、原型といえる状況は鎌倉幕府の頃からありました。

鎌倉時代の初期においては有力な御家人ほど
「重役ほど鎌倉住まいが多く、国元は親戚や家臣に任せる」
という状況が多かったようです。

もしも幕府から距離を置いてしまうと、他の御家人(特に北条氏)に潰されかねなかったというマイナス面も影響しています。

まぁ、いくら鎌倉に居ても、北条氏がアレコレやって潰された御家人が多いんですけど……。
その辺は以下のリンクに関連記事が多々ありますので、よろしければご参照ください。

北条泰時/wikipediaより引用

【関連記事】
鎌倉武士 北条時頼 北条泰時 北条義時 御家人 守護地頭

では鎌倉の次、室町時代の場合は?

幕政に参与するため守護大名が自ら京都に定住したり、短いスパンで上方と地元を行き来したりという状況がほとんど。

「将軍の許可がなければ帰国できない」
という決まりもあり、これを義務&強化しようとしたのが、さらに時代が下って織田信長豊臣秀吉です。

◆有力者は基本的に政治の中心地に住むこと

特に秀吉は、大名やその家臣の妻子を上方へ住まわせ、人質としました。
関が原のときのゴタゴタは、そうした経過があって起きたものです。

では、本題の江戸時代へ向かいましょう。

 

参勤交代の基本

江戸幕府の場合、秀吉の人質確保といった理由に加え、さらに以下のような目的を付加して参勤交代を明確に定義づけました。
あらため定義を確認してみましょう。

・徳川との主従関係を確立
・藩主は1年間を江戸で過ごし、次の1年間は地元在住のサイクルを繰り返す
・正室と世継ぎは江戸に常住
→大名が国元に財を蓄え、反乱することを防ぐ

かくしてカオスだった戦国以前の反省を活かし、
「幕府の運営は将軍と幕閣だけが行う」
という体制も築きました。

家康の頃には「豊臣家が既に天下人でないことを示す」という目的も大きかったんですね。

慶長十六年(1611年)に、家康が豊臣秀頼と京都二条城で会見したのもその一環です。一応「会見」ということになっていますが、時勢の読める人であれば悟ったでしょう。
事実、これ以降、豊臣家へ参勤する大名はほぼいなくなりました。

【徳川との主従関係を確立】したワケです。

江戸城/wikipediaより引用

 

大大名に対しては自ら出迎えも

とはいえ、まだ戦国の気風が色濃い時代には、幕府も慎重です。
江戸幕府は、各大名に江戸で滞在するための屋敷と土地の他に、刀剣や書画だけでなく、鷹、馬、米なども下賜しました。

エサとしては安いものの、各地の大名たちも拒否しようもんなら「さては謀反を企んでいるな! 成敗!」みたいな流れで叩き潰されるのは明白です。大人しく受け取るしかありませんでした。

ちなみに、大大名に対しては【鷹狩】を名目として、将軍が途中まで出迎えに行くこともありました。

東海道→高輪御殿
中仙道→白山御殿
奥州街道→小菅御殿
といったように、大体の場所も決まっていたほどです。

大大名に反乱を起こされるとヤバイので、名目だけでも優遇しておこうというわけです。

「そんなことで、大名がおとなしく引き下がるの?」
現代人の感覚だと、そんな風に思ってしまいますが、この時代の【体面】に関する価値観は、我々の想像を絶するところがあります。

体面を保たせようとする相手を無下に扱えば、それがそのまま跳ね返ってくるし、相応におもてなしすれば互いにwin-win。
地元での小競り合い程度なら力尽くで押さえられるかもしれませんが、幕府や全国の大名の場合にはそうもいきません。

穏便にコトを進める上で必要だったのですね。

 

1615年の武家諸法度で法的整備

正式な法律としては、元和元年(1615年)の『武家諸法度』が起点です。

大坂夏の陣後に出され、参勤交代に関する文言が出現。
その後、いったん削除されたり、新たに書き直されたりして、寛永十二年(1635年)版の武家諸法度で明文化されました。

ここで
「各地の大名は、毎年四月交代で一年間江戸に住むこと」
が義務付けられています。

しかし、立場や職務上の理由で、毎年交代ではない大名もいました。

例えば、各地の外交窓口です。

・対馬の宗氏
・蝦夷地の松前氏
・長崎警備担当の黒田・鍋島両氏

対馬の宗氏は三年に一度で、蝦夷地の松前氏は六年に一度、黒田・鍋島両氏が長崎警備との関係で11月に参府・2月に就封など、場合によって加減されておりました。

また、「定府」と言って、そもそも参勤交代がない大名もいました。

例えば水戸徳川家は、将軍家のご意見番という名目があったので、水戸との行き来は基本的にしません。
幕府の老中・若年寄・奉行なども領地は持っていますが、定府とされていたため、国元に行くことは基本的にありませんでした。

 

【大名行列】の規則も1615年から事細かに

参勤交代といえば、制度そのものよりも
【大名行列】
の方が印象深いかもしれません。

大名の前後に大勢の家臣が並んで歩き、ゾロゾロ、ゾロゾロ……。
元々は、戦のときに行軍を整えたのが始まりで、江戸時代には「大名が参勤交代するときの形式」になりました。

参勤交代/wikipediaより引用

一歩間違えば、単なる行列ではなくガチの行軍になってしまうものです。
藩主を護衛するための武器や兵は必要にしても、ある程度の制限は設けなければなりません。

そこで幕府は、元和元年(1615年)から、行列についての規則も事細かに定めました。

基本的には石高が多ければ多いほど格式が高く、大きな藩ほど大行列に――ざっとこんな感じで。

加賀の前田氏で2500人規模
薩摩の島津氏で1200人規模

もちろん全てが武士ではなく、また、本当にエライ人達は藩主以下数十名だけです。

藩によっては、体裁を保つため領内だけ周辺の住民を雇って水増ししたり、江戸に入る直前にも人を雇ったりしていたようです。
こうすると、道中の費用がいくらか抑えられますからね。

映画『超高速!参勤交代』(amazon)でも、そんなシーンがありました。

雇われる側からしても臨時収入になるので、悪い話でもなかったとか。
現代でいえば、ドラマのエキストラに一日だけ出演するとか、そんな感じでしょうか。

 

街道や橋などの交通整備も進んだ

大名行列は、大人数での行軍ゆえに街道が混雑したり、宿の手配に困ることもありました。

参勤交代の日程はあらかじめ決まっているわけではなく、
「この辺の時期に江戸へ来るように」
というざっくりしたものだったので、近所の大名とかち合ってしまうのです。

そのため時期が近くなると、近所の藩同士でひっそり連絡をとって、迷惑がかからないようにしていたとか。
それでも天候不順などで、どうしてもぶつかってしまったり……。

また、自分の領地を通行される大名でも、街道の整備などを行い、できるだけスムーズな通過に協力していました。

この辺は、戦国時代とかなり様変わりしていますね。
それまでは【街道=敵の進路】という考えが強かったので、道や橋の整備をしたがらない、あるいはそんな余裕がない大名が多数派でした。

参勤交代が常態化することによって、各大名の間に「協力」という意識が定着したのかもしれません。
交通整備については、武家諸法度にも「やれ」(超訳)と書かれているため、そうしないと幕府に睨まれる、というのもありました。

一方、江戸の幕府のほうでも、商売や庶民の妨げにならないように、従者の数を制限するよう、承応二年(1653年)以降はたびたびお触れを出しています。

国元から大人数を連れてこさせると、江戸での住まいに困ったり、日々の生活に難渋したり。
あるいは近隣住民とのトラブルが起きたりして、様々な問題が起きてしまうからです。

ただでさえ、外交問題などで頭を悩ませていた幕閣からすれば、この上大名とのトラブルまで増やしたくはなかったでしょう。

 

米から銭へ 経済の主役も変化する

時代が下ると、さらに別の問題も噴出し始めました。

江戸時代になると、貨幣や物流の拡大によって、社会体制がどんどん金融へとシフト。
大名の力を弱めるには成功したものの、参勤交代によって財政難も加速したのです。

彼らの収入源である米は冷害に弱く、地球的に寒冷な気候だった江戸時代には不作や飢饉も頻発していました。
どこの藩も財政は右肩下がりで、それは幕府も例外ではありませんでした。

そこで八代将軍・徳川吉宗が考えたのが、享保七年(1722年)の【上米の制】です。

「大名から領地一万石につき百石を幕府に上納させる代わりに、江戸滞在期間を半年に減らし、国元にいられる期間を一年半にする」

各地の大名にしてみれば、地元に目が行き届きやすくなる上、旅費や江戸での滞在費が大幅に削減できる。
幕府にとっては、旗本や御家人などへ払う給料(米)の財源となりました。

逆に言えば、吉宗の時代には、既に幕府本体の収入だけでは直臣を養えないような状況になっていたということですね。

米は、春・秋の二度、半分ずつ、大坂か江戸にある幕府の蔵に納められました。
もしも、米での納入が厳しい場合は、相当する金額を納めれば良いことになっています。割と融通がきくんですね。っていうか、結局、米じゃなくてお金という……。

こうして幕府が得た「上米」は年間19万石弱というすさまじい量になりました。

どのくらいかというと、久保田藩(秋田藩)の表高が約20万石です。
比較的大きな藩ひとつ分くらいの米を、全国から集めることができました。

徳川吉宗/wikipediaより引用

【上米の制】に伴う参勤交代に関する変更をマトメておきましょう。

・1年交代だった大名は在府半年・在国1年半
・半年交代の大名は在府半年・在国1年
・外様は4月、譜代は6月の交代時期を、外譜の区別なく3月・9月に変更

また、上記のように1年交代でない大名や、定府の大名、藩主幼少のため帰国しない大名、幕閣もいくらかの米を納めています。
大なり小なり、全ての大名が米を負担したことで、連帯感や公平感が出たのかもしれません。

しかし、これを長く続けると、参勤交代のそもそものねらいだった「大名の蓄財・反乱防止」が成り立たなくなってしまいます。
そのため、上米の制は7~8年で廃止され、元通り参勤交代が義務付けられました。
この間に、幕府の財政がだいぶ改善したから、という理由もあったようです。

 

江戸・大坂・京「三都」の文化が地方へ

更に時代が下って、幕末へ。
この頃になると、威光で大名を縛り付けることはほぼ不可能になりました。

勢い、大名にとって最大の負担だった参勤交代をどうするか? という点も問題となります。

そこで文久二年(1862年)、一橋慶喜松平慶永らによって幕政改革が実施されました。

「大大名は3年に1年の江戸滞在、その他は3年に100日」

在国期間をかなり多めにし、その分、海防に励むよう――というお触れが出されるのです。
まぁ、悪あがきと言えばそうなんですが……。

結果、幕府の威光は下がり、慶応元年(1865年)、元通りの参勤交代へ戻そうとしても、叶うことはありませんでした。って、そりゃそうだ。
それだけ参勤交代による負担や不満が大きいものだったのです。

江戸期を通じて、大名の負担が増大したことは、必ずしも悪いことばかりではありません。

終着地点である江戸はもちろん、特に西国大名が通過する大坂・京都、そして道中の宿場町の経済が発展を遂げたのです。

単純にいえば
「大名行列が道中でお金を落っことしてくれるので、該当地域の庶民が恩恵を受けた」
というわけです。

本陣の例(東海道 草津宿)/photo by 663highland wikipediaより引用

大名の地元では、藩主が江戸にいる年(江戸詰)は寂れ、そのぶん在国の年は賑わったといいます。
江戸時代のお殿様や領主というと、ひたすら領民をいじめていたかのような創作物が多いですが、お得意様なのでそうとも限りません。

また、江戸・大坂・京都のいわゆる「三都」と各地方を大名とその一行が行き来することにより、それまで政治の中心地でしか発展しなかったような文化が、地方にも伝わりやすくなりました。

戦国時代まで、特に宣教師たちの記録からすると、地方の日本人も古くから一定以上のモラルや教養(短歌を詠めるなど)がわかりますけれども、それがさらにパワーアップしたのが江戸時代であり、そのきっかけのひとつが参勤交代だったということです。

極端にいえば、大名のお財布事情と引き換えに、国全体の文化レベルが上がった……ともとれます。

何がどこでどう影響してくるか。
思ってもいなかったことが起きるのも、また歴史を追いかける楽しみの一つでしょう。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「参勤交代」「上米の制」「国詰」「大名行列」

 



-江戸時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.