『服装の歴史 (中公文庫)』(→amazon link

江戸時代 その日、歴史が動いた

日本人は和服をいつから着ていた?小袖が武家の正装となり、そして江戸期へ

投稿日:

衣食住は生活の基本です。
ただ、個々人によって大きく関心の度合いが異りますよね。

グルメにお金をかける芸人さんもいれば、タワマンにさえ住めればよいというIT社長さんもいるでしょう(妄想)。
本日はそのうちの「衣」から、日本独自のアレに関するお話です。

5月29日は「呉服の日」だそうです。

語呂合わせ(5=ご、2=ふ、9=く)まんまなので特筆すべきことがありませんね(´・ω・`)

日本の服飾史は、大きく3つに分けられます。

①中国からの影響が強かった時期
②日本独自の服装ができていった時期
③洋装が中心になった時期

時代区分で見るとこうなりますね。

①奈良時代まで
②平安~江戸時代まで
③明治時代~現在

今回はその中でも【和服】に注目してみたいと思います。

 

平安時代から存在していた小袖が進化

現在の和服の原型になったのは【小袖】という種類の服です。
平安時代から存在していて、元は庶民の普段着でした。

また、それまで貴族の装束の下に使われていた下着が使いにくくなったため、「あいつらが着てるものを下着にすればちょうどいいじゃん」ということで、やがて貴族にも着られるようになっていきます。

そのため長らく下着としての扱いだったのですが、重ねて普段着にした貴族もいたとか。
もちろん、生地や作りは豪勢なもので。

武家の中にも「小袖をいろいろ工夫して重ね着したような派手な格好で源頼朝の前に出た」という人の記録があります。

頼朝はカチンと来て、その人の袖を刀で切り落として「倹約せんかい!」と命じたそうです。

失礼というよりも、要は、贅沢をしていたんですね。
鎌倉幕府ができて間もない頃ですから、武士たるもの浮かれてる場合じゃない。
オシャレをするよりも、いざというときのために兵や兵糧、武具、馬にコストをかけておきなさい、というのが頼朝のスタンスでした。

しかし、戦国時代あたりから小袖の地位が上がります。
他の服と比べて動きやすいため、武家の女性に好まれたのです。

小袖と着物/photo by Hanachiru Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

現在の着物は武家に由来している

武家女性の間では、小袖に打掛(うちかけ)という上着を羽織るのがいつしか正装となりました。
よく戦国・江戸時代のドラマで正室役の人や、大奥のお偉いさんが着ているような、豪奢で裾の長い上着が打掛です。

また、武士の服装としても、動きやすさが評価され、小袖と袴が普段着として定着しました。

今でも高級下着というものはありますし、タンクトップやキャミソールをそのまま着ることも珍しくなくなりましたから、小袖を外に着始めたのもそんな感覚だったのでしょう。

余談ですが、日本人の男性がワイシャツの下に下着を着るのって、欧米圏からだとかなり異様に見えるそうですね。
「ワイシャツが下着じゃないか」という理屈だそうで。まあ、気候の問題でもありますけれども。

下着を普通に着るようになる、というのは古今東西よくある話なんでしょうか。

というわけで、現在我々が「着物」と呼んでいる服装は、おおむね武家に由来するものなんですね。

天皇陛下が「着物」を着ないのもこのためだといわれています。
天皇から見れば武家は臣下ですから、臣下の服装をするわけにはいかないというわけです。

天皇の正装としての着物ももちろんありますが、裾が長すぎて現代では非実用的なため、儀式の際にしか使われていません。
各国の首脳などを相手にするような会見でも洋装なのは、おそらく椅子に座ることを意識してだと思われます。宮内庁が明言しているわけでもない……というかできなさそうなので、推測ですけれども。

皇族の女性たちが着物OKなのはよくわからんところですが、女性は他家から嫁いできたり、他家へ嫁いでいくからでしょうか。
海外への公務の時などは、日本文化のPRも兼ねているでしょうし。

また、こちらにしても十二単はやはり実用的とは言い難いですよね。

 

江戸時代は身分によって制限されたため細かい所に工夫を

そんなわけで日本人の普段着・正装ともに小袖が基本となりました。

ただし、江戸時代の間は倹約令や経済事情、社会的立場により、かなり違った柄や色のものが着られていました。
上方や江戸でも大きく異なります。

基本的に、上方では鮮やかな色彩が好まれ、江戸では黒や茶色などの渋い色が好まれました。
黒を着こなす男性が「粋」、派手な色を身につけなくても女性らしさを出すのが江戸女の心意気、とされたのです。

また、裕福な商人は豪勢な刺繍を施したものを着たり、一般庶民は「四十八茶百鼠」と呼ばれるくすんだような色合いしか許されなかったり、というように、同じ形の服でも、見た目で身分がわかりやすくなりました。

刺繍や生地、重ね着にお金をかけられない分、庶民は帯の結び方などに工夫をこらしていったようです。

流行りの色や模様もたびたび移り変わりしましたが、それをあえて無視して、自分の好みのスタイルを貫く人も少なくなかったとか。
この辺は現代と変わりませんね。

また、布自体の質も良くなったため、戦国時代以前と比べて現存する着物が多くなってきます。

東京国立博物館でも通年いろいろな着物が展示されていますが、保存状態がいいのはやはり江戸時代のものですよね。
たまに江戸時代のものでもすさまじいことになっているものもありますけれども、まあ元の持ち主の扱いや天災・戦災で傷んでしまったのかもしれませんし。

今回はついでに、当時の服飾界にどんな職業があったか、少しだけご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

・呉服屋とは

裕福な家や武家などに反物や着物を持って行って売る商人です。
現代で言えば訪問販売ですね。

掛売り(代金後払い)で年1~2回払いが基本だったため、貸し倒れになることも珍しくなかったとか……。
時代が進むと、物によっては現金即払いもするようになっていきます。

呉服屋の中には、現代の百貨店になった家や、副業として両替商などをやっていて、そっちで起業した人たちもいました。

反物で買った場合には、自分で仕立てるか、仕立屋に出すという手間がかかります。
大奥や裕福な家ならともかく、庶民にはなかなか手が出ません。

そんなわけで、江戸時代には古着屋も繁盛していました。
古着を綺麗に着こなすことが、江戸っ子のたしなみだったのです。

大奥でも全ての女性が新品を買っていたわけではなく、御台所のお古がお付きの女性に下げ渡されることもありました。
古着とはいえ元がいいものですから、皆ありがたくもらっていたようです。

 

・紺屋(染物屋)とは

元は藍染めを行う業者を「紺屋」と呼んでいて、紺屋が繁盛したため、染物屋全体が紺屋と呼ばれるようになったのだそうです。
本来はさまざまな色の中に藍・紺があるはずなのですが、面白いですね。

他に得意とする色によって「○師」と呼ばれる職人もいました。

特に紫や赤は鮮やかに染めるための染料を作るのに手間がかかるため、高級品とされています。
また、「四十八茶百鼠」の需要から、さまざまな茶色・鼠色を帯びた中間色をうまく染める「茶染師」という職人もいました。

これは、染料の種類によって色を定着させるための灰の種類も違うなど、熟練者でなければわからない機微があったからです。
ただ単に布を染料に突っ込んだだけでは綺麗に染まらないからこそ、職人がやる仕事なんですね。

小学生の頃、夏休みの自由研究などでアサガオや玉ねぎの皮などを使って草木染めをしたことがある人も多いかと思いますが、あれも綺麗な色を保つのは難しいですよね。
日常的に着る衣服であればなおさらです。

現代では着付けや価格などの理由で和服を着る機会は減ってしまいました。

しかし、冠婚葬祭などで着る機会があった場合には、積極的に選ぶのもいいのではないでしょうか。
夏でしたら、花火大会などで浴衣なんてのも。

長月 七紀・記

【参考】

『服装の歴史 (中公文庫)』(→amazon link

『「江戸」な生き方―粋・意地・色の町人生活 (徳間文庫)』(→amazon link




スポンサーリンク


和服/Wikipedia
呉服商/Wikipedia
紺屋/Wikipedia

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.