学者・医師

「足の匂いの原因となる化学物質」が初受賞!イグノーベル賞の日本人たち

余計なお世話ながらお尋ねしますが、最近笑っておりますか?

ストレス解消や場の雰囲気を和ますのに「笑い」がいいとはわかっていても、忙しいと大事なことを忘れてしまいますよね。

本日はそんなときに「プッ」と吹き出させてくれそうな、とあるもののお話です。

1935年(昭和十年)3月12日は、第一回イグノーベル賞受賞者であるジャック・バンヴェニストが誕生した日です。

初っ端からいろいろとツッコミどころがありますが、一つずつ見ていきましょう。

 

「いかにふざけた・笑える研究をしたか?」

まず「イグノーベル賞」とは、ノーベル賞に対するアンチテーゼ……ではありません。

「卑しい」とか「下劣な」という意味の単語”ignoble”と、ノーベル賞のノーベル(noble)が極めて似ていたことから名付けられた賞です。つまり、賞の名前からしておふざけなわけですね。

対象になるのは、とにかく次の一点!

「いかにふざけた・笑える研究をしたか?」

上記のジャック・バンヴェニストも「水は物事を記憶する」という割とトンデモ化学な論文により受賞しています。

本人は大真面目だったでしょうが、世間の人から見れば「笑わせてくれたから何か賞やるよw」みたいな感じだったでしょうね。

 

バナナの皮を踏んづけたらなぜ転ぶ?

本家ノーベル賞と同じくいくつかの部門があります。そもそもおふざけの賞なので、ノーベル賞にはない部門もあります。

例えば心理学賞とか経済学賞とか。どちらかというと学術的にうんぬんというより、世間に与えた影響の大きさで選定している気がします。

1997年に「たまごっち」がイグノーベル経済学賞を受賞したりしてますしね。

ちなみに、日本人の場合「本人は大真面目だけどトンデモ」というより、「それを研究しようと思ったことと、きちんと学術的にまとめたのがすげえ」というものが入賞していることが多いようです。

って、アヤフヤすぎてよくわかりませんかね?

実例を上げましょう。
日本人の初受賞が「足の匂いの原因となる化学物質(1992年)」で、ほかには「牛の排泄物からバニリン(バニラの香り成分)を抽出したこと(2007年)」に対しても、イグノーベル化学賞が送られています。

傑作なのは
「床に置かれたバナナの皮を人間が踏んだときの摩擦を研究したこと(2014年)」
でしょうか。

イグノーベル物理学賞が送られました。

また「キスでアレルギー反応が減弱する研究(2015年)」でもイグノーベル医学賞を受賞しております。

どれも目の付け所が異次元ですね。

以下に、日本人の受賞一覧をマトメておきました。

分野 内容
1992年 医学賞 足の匂いの原因となる化学物質の特定
1995年 心理学賞 ハトを訓練してピカソの絵とモネの絵を区別させる
1996年 生物多様性賞 岩手県の岩石からミニ恐竜、ミニ馬、ミニドラゴン、ミニ王女など「ミニ種」の化石を発見※いずれも体長0.3mm以下で絶滅(つまりいない)
1997年 生物学賞 人がガムを噛んでいるときに、ガムの味によって脳波はどう変わるのか
1997年 経済学賞 「たまごっち」→数百万人分の労働時間を仮想ペットの飼育に費やす
1999年 化学賞 「Sチェック」を開発 ※夫のパンツに吹きかけて浮気を発見するスプレー
2002年 平和賞 犬語翻訳機「バウリンガル」※ヒトとイヌに平和と調和をもたらす
2003年 化学賞 ハトに嫌われた銅像の化学的考察
※兼六園・日本武尊の銅像にハトが寄り付かないことをヒントに、カラス除けの合金を開発
2004年 平和賞 「カラオケ」の発明※人々が互いに寛容になる新しい手段を提供した
2005年 生物学賞 蛙(131種類)がストレスを感じているときに出す特有のにおいを分別
2005年 栄養学賞 34年間、自分の食事を写真に撮影→脳の働きや体調に与える影響を分析
2007年 化学賞 ウシの排泄物からバニラの香り成分「バニリン」を抽出
2008年 認知科学賞 単細胞生物の真正粘菌がパズル読解能力
2009年 生物学賞 ジャイアントパンダの排泄物から採取したバクテリアが、
台所の生ゴミを質量で90パーセント以上削減できる
2010年 交通計画賞 鉄道網など都市のインフラ整備は、真正粘菌が、輸送効率に優れた最適なネットワークを設計
2011年 化学賞 緊急時に眠っている人を起こすための「わさびの濃度」を発見
2012年 音響賞 「スピーチジャマー(Speech Jammer)」の発明
※自身が発する言葉を、ほんの少し遅れて聞かせて言葉を妨害
2013年 化学賞 たまねぎが涙を誘う「催涙物質」の研究
2013年 医学賞 オペラの『椿姫』を心臓移植をしたマウスに聞かせると
他の音楽より拒絶反応が抑えられるという研究
2014年 物理学賞 床に置かれたバナナの皮を踏んづけたときの摩擦計測
2015年 医学賞 キスがアレルギー患者の反応を軽減させる
2016年 知覚賞 「股のぞき効果」の研究※前かがみになって股の間から後ろを見ると、実際より小さく見える
2017年 生物学賞 昆虫トリカヘチャタテの存在※雄と雌で生殖器の形状が逆転している
2018年 医学教育賞 「座位で行う大腸内視鏡検査―自ら試してわかった教訓」
2019年 化学賞 5歳児が一日に分泌する唾液量の測定

当初は動物モノが多いですね。

確かに「クスッ」となってしまうものばかりですが、将来的に、意外と何かに役立ったりするんじゃないか? そんな気分にもなってしまいます。

 

皮肉を込めて水爆の開発者にも送られている

『お国柄が出ているなぁ』と思えるのは、イギリスが複数の部門で紅茶についての研究を行い、受賞していることでしょうか。全部違う人だというところが、笑えるを通り越して恐ろしいほどです。

また、イグノーベル平和賞については欧米圏特有のどぎついブラックジョークで選ばれている節が強く、日本人にとっては「それ言うか?」な感じのものもあります。例えば……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-学者・医師
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.