食・暮らし

ダ・ヴィンチやビスマルクたち偉人ってどんなメシ食ってたん?書評『歴メシ!』

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
歴メシ
をクリックお願いします。

 

ルネサンスと「ベルばら」時代はレベルがちがーう!

本書でグッとレベルが上がるのが、第5章から。

「第5章のレオナルド・ダ・ヴィンチの饗宴」

「第6章 マリー・アントワネットの晩餐会」

と、まぁ、いかにも再現が難しそうで、そのぶんとにかく豪華です。

特に第6章は作りながら、オスカル気分も味わえるはず。

塩だけ入れた湯に野菜の切れ端を浮かべたものと比較して、食事とロザリーの出してくれた粗末なスープを前に「これだけ……!?」と動揺するオスカルごっこもできます。

これぞ食べるコスプレって感じですね。

 

味は歴史とともに変わる

「第7章 ヴィクトル・ユーゴーのごちそう会」と「第8章 ビスマルクの遺言」まで進むと、現代人の食べているものにかなり近づいてくることがわかります。

第7章ではフランス革命がもたらした食文化の変化についても解説されており、歴史と味の関係がよくわかります。

味は歴史とともに変化してきました。

香辛料。

新大陸からもたらされた新たな野菜。

今ではありふれている胡椒やジャガイモも、かつては高価な珍味であったと、改めて理解できます。

本書の素晴らしいところは、レシピの再現だけではなく、なぜこうしたレシピが当時存在したか、どのような歴史を経てそうなったか、きちんと解説してくれるところです。

美味しそうだなぁ……と思うだけというのも勿体無い。

そこに至る過程まで脳内で味わえます。

歴史を知り、味わう。

そんな贅沢な経験がこのお値段で叶えられるって、本って本当に素晴らしいですね。

皆様もご自宅のキッチンを是非タイムスリップさせてみてください!

 

実際に作ってみた!

「第4章リチャード三世の愉しみ」よりマーメニー(黄金色のビーフシチュー)

びっくりするくらい簡単。素朴で優しい味わいです。

牛乳を大量消費するため、牛乳が余った時にもオススメ。パンにも白米にもあいそうな味わいです。

「第8章ビスマルクの遺言」よりフランケン風焼きソーセージ

これもかなり簡単です。リンゴとソーセージってそんな組み合わせ、本当にありなのかとドキドキしながら食べてみました。

ほのかな甘さと酸味がソーセージにマッチ!

これはありです。冬の食卓にぴったりですよ!

あわせて読みたい関連記事

『英雄たちの食卓』を実践!チンギス・ハンやエリザベスは何を食べてた?

続きを見る

お米の歴史~Love&Riceは日本だけじゃない~全世界2/3の人が主食だった

続きを見る

中国料理(中華料理)の歴史
下手すりゃスープ一杯で国滅びる~中国料理(中華料理)の歴史がマジぱねぇ!

続きを見る

宣教師や第一次世界大戦のドイツ人捕虜が日本に広めた洋菓子

続きを見る

イギリス料理をマズイと小馬鹿にするのはブーメラン!大英帝国の食文化考

続きを見る

藤村シシン『古代ギリシャのリアル』が空前絶後のぉおおおお~極彩色!

続きを見る

信長御前
信長が家康を接待したときどんな料理が出されたか?現代に蘇る「信長御膳」

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

文:小檜山青

【参考】

『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』(→amazon

TOPページへ

 



-食・暮らし