日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



まんが戦国ブギウギ 前田家

この男があと少し長生きすれば江戸時代はなかった!? 王佐の武将・前田利家、眠る【戦国boogie-woogie136】

更新日:

 

【前回はコチラから】

「王佐の才」という言葉をご存知だろうか?
文字通り「王を補佐して主君を出世させる才能」という意味で、その代名詞的に使われるのが三国志の荀彧であろう。
高度な知識でもって曹操を支えたとされる文官である。

では、日本の戦国時代でこれに当てはまる武将の代表は?
荀彧とはかなりタイプが異なるが、個人的には前田利家を推奨したい。
まだ海の物とも山の物ともつかぬ若かりし頃の織田信長に仕え、これを機に豊臣秀吉とも家族ぐるみで付き合いを進め、同時に徳川家との関係も保って、結果的に加賀百万石を手に入れる。

ひとたび戦場に出れば「槍の又左」と恐れ称され、上記3英傑の天下に多大なる貢献を果たした。実際、前田利家の死が五大老のバランスを崩し、ひいては徳川政権に繋がったとも言えるワケで……。
涙なくしてスクロールできない、利家の最期、とにかく惜しい!哀しい!間違いない!

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

病床にて

戦国ブギウギ20161120-1

◆前田利家と言えば、妻のまつ。
2人は本当に仲が良かったようで実に11名(2男9女)もの子宝に恵まれました。
織田信長お気に入りの茶坊主をぶった斬って利家が一時期、出入りを禁じられたときには(笄こうがい事件)、桶狭間の戦いに勝手に参戦して首を挙げ、後に信長に帰参を許されております。やはり若い頃から相当に熱い人だったのでしょう。
それが急激に力も衰え……。

 

スポンサーリンク

信長さんと秀吉がオレを呼んでいたんだぜ

戦国ブギウギ20161120-2

◆織田信長・豊臣秀吉・徳川家康ではなく信長・秀吉・利家。
豊臣のサポートに回っていた利家が、天下を望むことはさすがになかったと思われますが、信長と秀吉の天下を支え続けた多大な功績から【4英傑】でマトメた方が自然かもしれませんね。

【関連マンガ】◆若き前田利家が織田家を飛び出す!だんな失業で怒りのまつ 4コマ漫画『戦国boogie-woogie』vol.9

 

息子・利長は家康派だった?

戦国ブギウギ20161120-3

◆秀吉亡き後の豊臣政権は五大老・ご奉行の合議制で進める――そんな決まりを簡単に破ったのが家康でした。

第134回でも触れましたように秀吉の死後「伊達家・福島家・蜂須賀家・加藤家・黒田家」等との婚姻を勝手にすすめ、字固めを進めたワケです。もともと気性の激しい方ではありますから、ガチで刺し違えようと思ったらできたかもしれませんね。
そうすれば関ヶ原の戦いも大きく変わったわけで、そもそも起きなかった可能性だってあります。まぁ、歴史にIFは禁物ですが、それだけ利家の存在は大きかった、ということで。

 

いつかの夢みたいに盛大に泣いてくれ

戦国ブギウギ20161120-4

◆うわぁああああああああああああああああああああああ><;
ひそかに一番好きだったキャラがついに……。わかっていても月日の流れってほんとに切ない。
スピンオフ作品での再降臨、お待ちしております。利家、フォーエバー……。

 

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む



スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 前田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.