日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

おんな城主直虎特集 井伊家

井伊直虎46年の生涯をスッキリ解説! おんな城主になった理由とは? 2017年大河ドラマ

更新日:

 

【人物概略】井伊直虎とは……

井伊直虎は、戦国時代ど真ん中の1535年頃、遠江国の井伊谷(現在の静岡県浜松市)で生まれました。

父は、井伊家22代宗主の井伊直盛。地元の国衆(小領主)です。
母は、新野左馬助の妹でした。

新野家は今川家一族の出身で、桶狭間の戦い織田信長に討たれたあの今川義元の親戚に連なるワケですね。

となると、
『井伊家と今川家は結びつきが強かったのか?』
そんな疑問が湧いてくると思いますが、意外とコトは単純です。

今川家の拠点(駿河国)は、直虎の地元・遠江のスグ隣でしたので、井伊一族は常に、その強い影響を受けて戦国の世を生き抜いていくワケです。

ときには味方、ときには敵。
そんな風に今川家をはじめ、武田家や徳川家など、名だたる大名たちと関わり合いながら、最終的に井伊家は直政が跡を継ぎ、徳川家康のもとで大出世を遂げるのです。

では井伊直虎は?
もちろん井伊家にとって彼女は欠かせません。井伊直政が徳川家康に仕えることになったのも、彼女の存在があったからこそ。

言わば井伊家をあげて直政をバックアップし、その直政も井伊の赤鬼として期待に応え、江戸時代には彦根30万石の大名となるワケで、おそらくや大河ドラマでもそこが終盤の見所になると思われます。

そこで本稿ではドラマで想定される象徴的なシーンを取り上げつつ、直虎の生涯をまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

井伊家は1000年超の歴史 最初の600年は浜松で

歴史上で「井伊」の名称と言えば、徳川四天王の一人・井伊直政や、その子孫であり江戸幕府の大老でもあった井伊直弼が有名だ。

ゆえに井伊家は「井伊直政から始まる」、「彦根に始まる」と考えられがちである。
が、同家には1000年を超える歴史があり、最初の600年間は浜名湖の北に位置する井伊谷(いいのや)の地で刻まれていた。

井伊直虎は、そのうち22代宗主・井伊直盛の娘であり、24代宗主・井伊直政の後見人という立ち位置である。

――あれ? 彼女は城主で、宗主じゃないの?
と思われたかもしれないが、直虎は「女性」であるから、宗主として系図には載せられず、それでいて実質的に井伊家存続の危機を救った人物である。

直政も直弼も、ひいては徳川家の栄光も彼女の存在なくして運命が変わっていた可能性は否定しきれない。

まずは次の家系図を見ていただきたい(井伊家の家系図には諸種あるが、今回は『寛政重修諸家譜』を基に制作)。

井伊家系図

井伊家では、嫡流の22代宗主直盛に嫡男がいなかった。
そこで井伊家がとった方法は、直盛の娘(後の直虎)と直親を結婚させて、御家を存続させるという方法であった。
しかし……。

 

今川に監視され続けた井伊家の過酷な命運

そもそも井伊氏の本拠地・井伊谷は、遠江国(静岡県西部)に位置し、駿河(静岡県中部)を本拠地としていた大名・今川氏の支配下にあった。

西の三河国は徳川領で、北は信濃国の武田領、南は浜名湖を通じて太平洋。
名だたる大名に囲まれ、そのポジションが非常に過酷であったことは想像できるであろう。

当時、国の「端」に位置する地侍たちは他国からのお誘いを最も受けやすく、かつ最も早く裏切る場所でもあるから、井伊家も常に今川氏の監視下に置かれ、常に翻弄されて生きてきた。

井伊家の男たちは次々に謀殺されたり、戦死したりして消えていったのだ。

戦国時代の井伊領イメージ(推定)

例えば直虎が生まれた1535年頃から、彼女が女地頭(おんな城主)となる1565年までの30年間で生き残った一族は、直虎自身と井伊直政、そして築山殿(徳川家康正室)を産んだ姫、血の繋がりのない住職・南渓瑞聞の4名ほどしかいない。

実際、1565年当時は、後に宗主となる直政はまだ5歳であったので、井伊直盛の娘・直虎が、男勝りの名前を掲げて女地頭(女城主)にならざるを得なかった――結論から申し上げると、それが彼女が「おんな城主となった理由」である。

ここであらためて断っておくと、井伊直虎については圧倒的に史料が少ない。
直虎の書状についてはわずか数点のみとされている。

城跡や神社、古戦場など、日頃から地元浜松で直虎ゆかりの史蹟を巡っている私にしてみれば、ドラマ化は激しく喜びを感じる反面、『どうやってストーリを描くのか?』不安でならない一面もある。

そこでこの先は周辺の史実を描くことで彼女の実像を浮かび上がらせるとともに、多少は誇張があっても映像で描かれるであろう逸話も織り交ぜて進めたい。

井伊直虎井伊谷城(城山城)6

井伊谷城(城山城)がある城山

 

「我々は無実である。必ず、お前(今川義元)を呪い殺す」

井伊家は平安末期から続く名家で、鎌倉時代には御家人「日本八介の一人・井伊介」としてその名は全国に鳴り響いていた。

直虎が生まれたのは、それから約300年後の戦国時代。
この頃の井伊家は、国衆として今川義元に従属しており、嫡男がいなかったため御家の存続に不安要素があったことは前述の通りである。

実際、天文11年(1542年)、今川氏の命で出陣した直宗(21代)が田原城攻めにおいて討死すると、井伊家の繁栄に影がさしはじめ、井伊直平(20代)はある決断を下した。

「このまま直盛(22代)に男児が生まれなければ、娘の直虎と、傍流の井伊直親(なおちか・ドラマでは三浦春馬さん)を結婚させて、直親に井伊家を継がせる」

これに反発したのが井伊家の家老・小野政直である。

小野家は、小野篁(たかむら・9世紀の天才的貴族)を祖とするという一族で、本貫地は小野篁の墓もある赤佐郷小野(静岡県浜松市浜北区尾野)。
政道は、今川氏の与力とも井伊家の庶子家ともいわれているが、いずれにせよ井伊家の家老であり同時に今川寄りの配下であって、跡取りについては次のように主張した。

「直盛の娘である直虎の婿にも、今川氏の縁者を迎えるのがよい」
あるいは
「自分の息子である小野但馬守政次を、直盛の娘の婿にすればよい」

小野氏は井伊家宗主の座を奪おうとしていた。
そのため上記のように今川と小野寄りの主張を展開し、そして今川義元に対しても「井伊直平の子の井伊直満・直義兄弟が、武田信玄に内通している」と讒言したのである。

直満・直義兄弟の両名は、弁明のために今川氏の本拠地・駿府(静岡県静岡市)の今川館へ出向き、結局、切腹させられた。
そのとき「我々は無実である。必ず、お前(今川義元)を呪い殺す」と言って腹を裂いたと伝わる。

井伊谷城(城山城)を別の角度から

井伊谷城(城山城)を別の角度から

 

許婚者の直親が信州・松源寺へ逃亡し、自らは出家す

井伊家に対する殺害命令は、直満の子である直親にも下された。

直親は、当時の直虎の許婚者であり、婚姻後は井伊家宗主の候補者でもあるが、上級権力者である今川氏に命を狙われれば逃げないワケにはいかない。
『井伊家遠州渋川村古跡事』によると、直親は「病死」と発表して渋川の東光寺に身を隠し、そこから信州市田郷(現在の長野県下伊那郡高森町)の松源寺への逃亡を果たす。

一方、許婚(直親)の死を聞いた直虎は、世をはかなむと同時に、小野氏との縁談を断って直親への愛を貫き、自ら断髪。龍潭寺の住職である南渓和尚に「出家したい」と申し出た。

実は直親が生きていることを知っていた直虎の両親は、彼女の出家に反対したが、結局、南渓和尚が井伊家宗主の通称「次郎」という俗名と「法師」という僧名を組み合わせた名前を付けて、直虎を出家させる。

「備中次郎と申名は、井伊家惣領の名、次郎法師は、女(をなご)にこそあれ井伊家惣領に生候間、僧俗の名を兼て次郎法師とは無是非、南渓和尚、御付被成候名なり」(『井伊家伝記』)

なお、この一件は流派こそ異なるが太原雪斎(今川家の軍師とされる僧侶)と同じ臨済宗妙心寺派の南渓和尚が考えた「策」であったことが後に分かる。

井伊家に大きな転機が訪れたのは、天文23年(1554)のこと。

この年、武田信玄北条氏康・今川義元による甲相駿三国同盟が成立したことを契機に、翌弘治元年(1555)、井伊直親が信州から帰国した。

直親を保護していた松岡氏が武田氏に従属したことや、今川氏に讒言した小野和泉守が死んだことなどから、もう逃亡する理由がなくなったのだ。

このとき「次郎法師」を名乗っていた直虎が「出家のため(帰国した直親と)結婚できなかった」と著す書物は多いが、実のところ還俗すれば婚姻は成立できるため少々ニュアンスがおかしい(これが尼だと還俗できないが、あくまで「次郎法師」という僧であるから還俗可能。方便ではある。しかし、そこが重要でもある)。

2人が結ばれなかった要因は主に2つ考えられる。

『もう二度と帰国はできないであろう』と考えていた井伊直親が逃亡先で別の女性(塩沢氏の娘・ひよとは別で帰国後)と結婚して娘をもうけており、出家までして愛を貫いた直虎が直親に失望すると同時に、井伊家嫡流の娘が傍流の男の側室になることを恥じたのであろう。

また、適齢期をとうの昔に過ぎていたことも大きいはず。

とにもかくにも、帰国した井伊直親は、井伊直盛の養子となり、次の宗主の第一候補となった。
つまり直虎とは姉弟(兄妹とも)の関係になったということである。

そして迎えた1560年、戦国史に残る最大の逆転劇が起きた。

桶狭間の戦いだ。

【織田信長の生涯を最新研究にもとづいてまとめた関連記事→織田信長の生涯まとめ】

 

桶狭間の戦いで直虎の父・直盛は殉死してしまう

直虎の父・直盛は優れた武将であった。

それは今川義元の近習に抜擢されたことでも明らかだが、こともあろうに直盛が先鋒の大将を務めた永禄3年(1560年)の合戦があの「桶狭間の戦い」であった。

讒言で殺された直満・直義兄弟の呪いが叶ったのか。皆さんご存知のように今川義元は織田信長に討たれる。
そして直盛も、他の近習と共に追い腹をめされたのである。
つまり殉死だ。

【関連記事:桶狭間の戦い、そのリアルに迫る!】

直盛の首は、介錯人の奥山孫市郎(奥山家は井伊家の庶子家)によって井伊谷に持ち帰られた。

父の生首を見た直虎は、さぞかし驚いたことだろう。引佐の伝承では「直虎は、直親と別れて出家したのではなく、父の生首を見て母と共に出家した」ということになっているほどだ。

ただしこの時期は井伊家にとって悪い事ばかりでもなかった。22代直盛が死んで23代宗主となった直親に待望の男子が生まれたのである。

名は虎松。後の徳川四天王・井伊直政である。

井伊家の人間の目は野性的であるがゆえに「虎の目の一族」と言われており、21代直宗(幼名:虎松)、22代直盛(幼名:虎松。虎丸とも)、直虎、24代直政(幼名:虎松)と「虎の系譜」が続いた。

しかし、またもや悲劇は繰り返される。

永禄5年(1562年)、家老の小野政次今川氏真(うじざね)に対し「井伊直親が徳川家康と内通している」と内部告発をしたのだ。

龍潭寺を別の角度から

龍潭寺

井伊谷の奥の井平は鹿狩りで有名である。

確かに井伊直親は「鹿狩りに行く」と言って城を出ては、徳川家康の家臣に会っていた。岡崎へ行ったこともあるという。

いずれにせよ目の前の疑いを晴らす弁明のため井伊直親は氏真のいる駿府へ出向こうとした。しかし、掛川城下で、今川家の宿老で遠江方面を担当する城主・朝比奈泰朝に討たれてしまうのだ。

更には直親の子である虎松(後の井伊直政)にも殺害命令が下される。

しかし、今川庶子家の新野左馬助(妹が直盛の妻となり、直虎の叔父にあたる)が「養子にする」と言って助命を嘆願。
これが認められ、虎松は母と共に井伊谷の新野親矩宅に住んだ。
このとき、井伊直親が誅殺されて領主不在となった井伊領は、庶子家の中野直由が一時的に管理したという。

さらに悲劇は続く。
直虎の曽祖父にして井伊家を取り仕切ってきたご意見番の直平が、永禄6年(1563)に急死したのだ。

今川氏真の命令で天野氏の杜山城攻めに向かう最中のことだった。

 

井伊家の男が5歳の直政以外にすべて消え……

直平はなぜ急死したのか。
天野氏と縁のある引馬城主・飯尾連龍(つらたつ)の妻・お田鶴の方が毒茶を飲ませたとか、敵の急襲とか、落馬などの諸説が伝わる。

そしてその飯尾連龍は、徳川家康と内通したのが翌永禄7年(1564年)に発覚し、今川氏真との合戦に発展。
氏真から攻撃命令を下された中野直由と新野親矩(にいの ちかのり)は討死してしまった。

井伊家所領の管理を任されたばかりの中野直由と、直政の助命を嘆願した新野親矩という、いわば味方の武将たちが亡き人となり、井伊家に存続の危機に陥った。

直虎が「おんな城主」となるのはまさにこのタイミング。
直虎の母・祐椿尼(ゆうちんに)と南渓和尚が話し合って、次郎法師を女地頭とし、井伊直政の後見人とすることが決定した。

次郎法師は還俗し、「井伊直虎」と名を変えて「女地頭」となったのである。
※当時の「地頭」は「領主」の意

更に別の角度の井伊谷城(城山城)

更に別の角度の井伊谷城(城山城)

 

直政を支えるのは女性3名 小野政次が虎視眈々と……

そもそも「次郎法師」という名は、「尼ではなく僧だから還俗できる」という方便であった。南渓和尚が考え出したもので、詭弁とも苦肉の策とも言い換えられるかもしれない。
※武田信玄のように還俗しないで城主になったとする説もある。実際、現地・引佐での直虎のイメージは尼だ

いずれにせよ女地頭となった直虎にとってその道は容易なものではなかった。

目の前には、井伊家の所領を虎視眈々と狙う小野政次(道好)がいたのである。直親殺害のキッカケともなった憎き相手だ。

一方、小野政次にとってそのときの井伊家は非常に与し易い相手だっただろう。
宗主候補の井伊直政は幼少である上に、その脇を固めるのが直虎をはじめ、彼女の母・祐椿尼と、直政の実母・ひよしかいなかったのである。

3名だけの女所帯をよいことに政次はやりたい放題振る舞うようになり、井伊領を奪おうと企んでいたという。

当時、井伊家の家臣団は、
『井伊直虎・直政――井伊谷七人衆――親戚衆・被官衆』
という構成であった。

豊臣家で言えば、
【直虎が淀君】
【直政が秀頼】
【井伊谷七人衆が五大老】
に相当すると考えてよいだろう。

たしかに女性だけで配下の男武将たちを束ねるのは簡単なコトではなかったのである。

 

今川家の徳政令に対し、巧みな交渉力と内政手腕を発揮→しかし井伊家滅亡

では、女城主となった直虎は、何をしたのだろうか。

地元浜松で彼女は「女地頭 次郎法師」として知られている。その手腕が発揮されたのは合戦ではない。
たとえば「今川氏が出した井伊谷徳政令の施行を、巧みな交渉力と内政手腕を発揮して2年間引き伸ばすなど、有能な政治家(地頭=領主)」としての評価である。

ここでいう徳政令とは、どういうことか?

今川氏真は、徳川家康の遠江侵攻を食い止めるため、堀川城や刑部城を築かせた。
と、これが地元住民への負担が大きかったため、彼らの要望に応えて徳政令を出し、不満を和らげることを画策したのだが、地元の小領主=直虎にとっては必ずしもありがたいことばかりではない。

徳政令とは、借金をチャラにすることである。
金を借りていた庶民も武将も一時的には助かるが、地元の商人(ドラマではムロツヨシさんが演じる瀬戸方久など)には大打撃を与え、これをたやすく承認すれば、井伊領の経済が混乱すること必至。
また、今川による内政干渉を許すことになり、国衆から家臣への格下げにも繋がりかねない。

そこで直虎は、被害が最小限に収まるよう黒印状(直虎の数少ない文書)を発行するなどの手を打った上で、永禄11年(1568年)になって徳政令を施行する。

結果、直虎は地頭職を罷免され、井伊領は計画通り小野氏のものになる。

あらためて直虎と直政は殺されかけるが、ここでも「出家」を条件に許され、直虎は龍潭寺で「祐圓尼(ゆうえんに)」と名乗り、実母「祐椿尼(ゆうちんに)」と暮らすことになった。

井伊家・宗主候補の直政は、新野親矩の叔父が住職である浄土寺(浜松市中区広沢)で出家。
しばらくしてから僧・守源(珠源とも)の付添で遠江から山を越え、三河の山中にある鳳来寺に移った。

むろん、話はここで終わらない。

小野政次や今川氏真のやり方が気に入らなかった井伊谷七人衆のうちの3人(後に「井伊谷三人衆」と呼ばれる宇利城の近藤康用・柿本城の鈴木重時・都田城の菅沼忠久)は、密かに徳川方に寝返り、年末の家康の遠江侵攻時には、道案内を買って出ている。

そして、いざ井伊谷城攻略が始まると、小野政次はスグに城から逃亡。
戦わずして陥落し、翌永禄12年(1569)4月には徳川方に捕えられて処刑された。

自業自得としか思えないものの、その後、怨霊になったとの噂が広まり、鎮魂のため但馬社が建てられたことはあまり知られてない。

ほぼ戦わずして小野氏が陥落したため、徳川は、井伊谷を簡単に通り過ぎた。

が、気賀では強い反発があり、永禄12年(1569年)に行われた「堀川城の戦い」では多くの戦死者が出た。気賀の寺の僧も死んだので葬儀の手が足りず、南渓和尚と直虎(祐圓尼)が井伊谷から来て死者たちを弔ったという話もある。

方広寺の三重塔(瀬戸方休と堀尾室の建てた三重塔は焼失し、現在の三重塔は山口玄洞が再建したものである)

方広寺の三重塔(瀬戸方久と堀尾室の建てた三重塔は焼失し、現在の三重塔は山口玄洞が再建)

 

武田の赤備え・山県昌景を相手に直談判!

さて、徳川領となった遠江国に元亀3年(1572年)、武田信玄が侵攻してきた。
大軍を引き連れての進軍に対し、織田・徳川方が狼狽したのは既に知るところであろう。

一方、細かな合戦はあまり報じられていないが、このとき井平城主と武田の赤備え(山県昌景隊)が仏坂で戦った記録があり、その直前、井伊直虎が山県昌景に直談判して、仏坂観音堂のご本尊(行基作の十一面観音像)の焼失を防いだというエピソードがあるという。
井平では寺も城も焼かれて多くの人々が命を落とし、観音様だけが無事という有様であった。

そして「仏坂の戦い」に次ぐ「三方ヶ原の戦い」で、武田信玄は、徳川・織田連合軍を破ると、旧井伊領刑部で越年、井伊谷を焼き払い、野田城攻めに向かった。
この争乱がキッカケで龍潭寺は全焼し、現在の建物は江戸時代に再建されたものである。

大河ドラマ『おんな城主 直虎』の撮影は、都内スタジオに再現した戦国バージョンの龍潭寺で行われるので少々楽しみだが、それはともかく、このときの信玄に興味深いエピソードが伝わっている。

野田城攻めの時に体調が急変した信玄は、長篠を経て、鳳来寺(峯之薬師)に逗留。秘仏の薬師観音像を出させ、「助けて下さい」と泣きながら抱きついたというのだ。

「なんと罰当たりな事ことを。これでもう長生きできなくなった」

信玄の罰当たりな行いに対し、僧侶たちは口々に言い合ったというが、この時、鳳来寺にいた直政の目に、自分の故郷を焼き払った大大名の惨めな姿は、どう映ったであろうか?
ドラマでどう扱われるか楽しみなエピソードの1つである。

 

「井伊直親の実子、取立不叶(取り立てずんば叶わじ)」

天正2年(1573)12月14日、井伊直親の13回忌に際して、虎松(井伊直政)が井伊谷へ帰って来た。
そこで直虎(祐圓尼)は南渓和尚と相談し、そのまま虎松を母親の再婚相手・松下氏の養子に出す。

ここにおいて約600年間続いていた名門・井伊家は絶え、「松下虎松」が誕生したのだが、もちろんこれには狙いがあった。
松下氏は徳川家の家臣だったので、家康に仕官させようと考えたのだ。

そして天正3年(1574)2月15日、初鷹野(その年の最初の鷹狩)に出た家康を狙い、直虎はある仕掛けを施す。
直虎と実母の2人があつらえた着物を着させ、遠くからでも目立つように直虎の自画・自筆による『四神旗』をもたせたのである。

首尾よく家康の目に触れた虎松が浜松城へ連れて行かれると、そこで今川の人質時代に桶狭間で共に先鋒を務めた井伊直盛の親類かつ養子であり、自分に内通したために誅殺された井伊直親の実子と知って驚き、

「井伊直親の実子、取立不叶(取り立てずんば叶わじ)」
(家臣として召し抱えないわけにはいかない)

と言って300石を与えたという。

更には井伊家の再興を許して「井伊万千代」と名乗らせた。
その後の井伊万千代が、戦場では武田の赤備えを率いて「井伊の赤鬼」と恐れられ、徳川四天王と称されるまでに出世し、彦根藩の藩祖となったのはまた別の記事へ譲りたい。

ラストに、桶狭間の戦いに続く、戦国時代の大事変について触れておこう。

天正10年(1582)6月2日、京都で明智光秀による「本能寺の変」が起きた。

この直後、家康に付き従っていた直政は「神君伊賀越え」での働きにより、孔雀の羽根でできた陣羽織(与板歴史民俗資料館蔵)を賜わっているのだが、こうした直政の活躍に安心したのであろうか、同年8月26日、直虎は死去。
墓と位牌は、自耕庵(現在の妙雲寺)にある。

同年冬、直政は元服し、
「この姿をおば上(直虎)に見せたかった」
と涙したと伝わる。

妙雲寺

妙雲寺

 

おんな城主直虎 登場人物の史実解説&キャスト!

井伊直虎(柴咲コウさん)
井伊直盛(杉本哲太さん)
新野千賀(財前直見さん)
井伊直平(前田吟さん)
南渓和尚(小林薫さん)
井伊直親(三浦春馬さん)
小野政次(高橋一生さん)
しの(貫地谷しほりさん)
瀬戸方久(ムロツヨシさん)
井伊直満(宇梶剛士さん)
小野政直(吹越満さん)
新野左馬助(苅谷俊介さん)
奥山朝利(でんでんさん)
中野直由(筧利夫さん)
龍宮小僧(ナレ・中村梅雀さん)
今川義元(春風亭昇太さん)
今川氏真(尾上松也さん)
織田信長(市川海老蔵さん)
寿桂尼(浅丘ルリ子さん)
竹千代(徳川家康・阿部サダヲさん)
築山殿(瀬名姫)(菜々緒さん)
井伊直政(菅田将暉さん)
傑山宗俊(市原隼人さん)
番外編 井伊直虎男性説
昊天宗建(小松和重さん)
佐名と関口親永(花總まりさん)
高瀬姫(高橋ひかるさん)
松下常慶(和田正人さん)
松下清景
今村藤七郎(芹澤興人さん)
㉙僧・守源

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

著者:戦国未来
戦国史と古代史に興味を持ち、お城や神社巡りを趣味とする浜松在住の歴史研究家。
モットーは「本を読むだけじゃ物足りない。現地へ行きたい」行動派。今後、全31回予定で「おんな城主 直虎 人物事典」を連載する。

自らも電子書籍を発行しており、代表作は『遠江井伊氏』『井伊直虎入門』『井伊直虎の十大秘密』の“直虎三部作”など。
公式サイトは「Sengoku Mirai’s 直虎の城」
https://naotora.amebaownd.com/
Sengoku Mirai s 直虎の城

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-おんな城主直虎特集, 井伊家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.