日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ロシア

ロシアに「おそロシア」のイメージが付いたのはイヴァン4世がキッカケだったかもしれない

更新日:

国家の個性や国民性の違いって面白いですよね。
気候や周辺国との位置関係、はたまた食べ物や行事などいろいろなところに現れますが、少なからず影響を与えているのは、歴代の支配者でしょう。
本日はあの国が「◯◯◯◯◯」と呼ばれるようになったきっかけの一つっぽい、とある君主のお話です。

1584年(天正十二年)3月18日は、ロシア皇帝・イヴァン4世が亡くなった日です。当時はまだ「ロシア」という名前の国ではなかったのですが、わかりやすさ優先で行きますね。

「雷帝」というファンタジー系のRPGででも出てきそうな異名のある皇帝ですが、これが洒落になっていないのですからたまりません。
どんな人だったのか、さっそく生涯を追いかけてみましょう。

……と、その前に当時のロシアがどんなところだったかを簡単にお話しておきましょうか。

イヴァン4世/wikipediaより引用

 

ウクライナの首都キエフからロシアの歴史は始まった

今でこそ「おそロシア」ですが、そんな雰囲気になったのは、長い歴史の中ではさほど昔ではありません。今日「ロシア」と呼ばれる国は、現在のウクライナ付近から始まりました。

ヨーロッパでフランク王国ができ、北欧ではヴァイキングがいろいろやっていた頃にあたります。概ね8~10世紀くらいでしょうか。
都市国家がいくつかできていき、その中で中心になったのがキエフでした。現在はウクライナの首都ですね。
余談ですが、ロシアのイメージが強いものの中には、ウクライナ発祥のものがたびたび見受けられます。ボルシチとか。

10世紀の末にはキリスト教(ギリシア正教)が伝来し、都市国家よりも少し大きな規模の国がいくつか生まれてきます。
が、国が大きくなる前に、東西両方向からイヤなお客さんがやってきました。

西からはカトリックを布教する騎士修道会、東からは中世世界史でお馴染みのモンゴル帝国です。

 

スポンサーリンク

モンゴルに反撃できたのは14世紀のモスクワ大公国

13世紀はそんなこんなで国が強くなる余裕もありませんでしたが、14世紀中頃にはモスクワ大公国という国ができ、モンゴルに反撃できるようになっていきます。
モスクワ大公国は周辺の小さな国を吸収し、成長していきました。イヴァン4世のじーちゃんであるイヴァン3世の頃には、モンゴルの支配から完全に脱することに成功。
つまり、イヴァン4世が生まれたころのロシアはまだ、「独り立ちしたばかりの若者」といった状態だったのです。

しかも、父親のヴァシーリー3世が正教会の反対を押し切って再婚した、二人めの妃との間に生まれたため、「邪悪な息子」とまでいわれていました。
さらに、イヴァン4世がたった3歳のときにヴァシーリー3世が亡くなってしまい、文字通りの幼君として君主になっています。
かなりハードモードな人生のスタートですよね。

もちろん始めのうちは、母や貴族たちが政務をとっていました。
母が亡くなると貴族たちの間で権力争いも起きましたが、イヴァン4世は熱心に勉強し、君主としての心得を身につけていきます。
しかし、その一方で動物をいたずらに殺したり、同年代の貴族の少年たちと暴れまわったりと、秀才の一言ではあらわしがたい性格も見せています。
どこの国でも、一人や二人はいますけれどね。

象牙で出来たイヴァン4世の玉座/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

17才頃から親政をスタート 一番幸せな時代だった!?

名実共にロシアの主、そして皇帝として戴冠したのは、イヴァン4世が17歳の時のことでした。
「ツァーリ」という称号はこれ以前からありましたが、この称号を戴いたうえで戴冠したのは、イヴァン4世が初めてだったのです。
イヴァン4世の誕生にはケチをつけた正教会も、戴冠式で皇帝に冠を授けることで権力を誇示できたので、溜飲を下げた感があります。

それまでは母方の親戚がデカい顔をしていたのですが、イヴァン4世の即位と同じ年に起きたモスクワ大火の責任を疑われて失脚しました。
こうして若き皇帝は、さっそく親政を行っていくことになります。

また、貴族のロマノフ家からアナスタシアというお嬢さんを妃に迎え、プライベートでも充実した生活を送っていたようです。この辺が彼の一番幸せな時代だったでしょうね。
後々ロマノフ家が皇帝になるのは、このとき皇帝の姻戚になっていたことも大きいのだとか。ロマノフ朝の初代ミハイル・ロマノフは、アナスタシアの兄ニキータの孫にあたります。

 

政治改革を敢行するも、愛する妻アナスタシアが亡くなり……

イヴァン4世はさまざまな政治改革を行って、ロシアを発展させていきました。
それまでロシアの政治は大貴族による会議を主軸にしていましたが、もう少し勢力の弱い中小貴族や聖職者なども参加できるようにしています。
また、地方の政治についても代官を送るのではなく、自治を行わせることによって政治の腐敗を防ごうと試みました。

ロシア正教会についてはあまり幅を利かせないよう、「皇帝の許可を得なければ領地を増やせない」という制度を作っています。この後もロシア皇帝とロシア正教会は静かな戦いを続け、両者の力関係がはっきりするのはピョートル1世の時代のことです。

当初はこのような先進的な政治を行っていたのですが、23歳のときに患った大病が治ったころから、イヴァン4世に少しずつ暗雲が立ち込めてきます。

快癒を神に感謝するための巡礼からの帰りに皇太子を失ったり、対外戦争の戦況が思わしくなく、近臣に対して疑いを抱いたり……挙句の果てに、愛する妻・アナスタシアが若くして亡くなってしまいました。
アナスタシアはイヴァン4世の短気ぶりをうまくなだめすかして、家庭でも国政の上でも空気を和らげていたのですが、その彼女がいなくなっては、イヴァン4世の激しい部分が抑えきれなくなるのも時間の問題でした。

アナスタシアのブロンズ像/wikipediaより引用

 

部下を罰し、悪政を働き、人心は離れるばかり

アナスタシアの死は病死だろうといわれているのですけれども、イヴァン4世は「妻の死は暗殺ではないか」と疑ったり、「戦況が芳しくないのは、誰かが自分を陥れようとしているのではないか」と考えたり、文字通り疑心暗鬼に陥ってしまったのです。
部下を理不尽に罰するわ、貴族の女性が土地を相続できないようにするわ……ますます人心が離れるようなことばかりをし始めます。
当然のことながら方々から大ブーイングをくらいました。

さらに、最も信頼されていた部下が交戦相手であるリトアニアに亡命した上、イヴァン4世を避難する手紙を送りつけてきたため、ついに皇帝はプッツン。
なんと、いきなり家族を連れてモスクワを出ていき、退位宣言をしてしまったのです。34歳のやることとは思えません。上杉謙信かアンタは。

どうでもいい話ではありますが、イヴァン4世と上杉謙信は同い年だったりします。ダイナミック家出をしたのもだいたい同じ年頃でした。
ロシア人に干支の概念はないでしょうけれども、干支が同じだと、やっぱりある程度気性が似通うんですかね。

 

秘密警察のような組織を作り罪のない者たちが犠牲に

謙信の場合は内輪もめに呆れたという流れだったので、家臣たちが「すいません私達が悪かったです」(超訳)と頭を下げて血判まで出して何とかなっていますが、イヴァン4世の場合も似たような経緯で解決しています。
というのも、政治でも宗教でも中心である皇帝がいなくなってしまっては、国の何もかもが滞ってしまうからです。

「陛下、お願いですから帰ってきてください;;」(超訳)という声を聞いたイヴァン4世は少しだけ機嫌を治し、モスクワへ二通の手紙を送ります。
一通は貴族や聖職者に向けて避難する内容、もう一通は一般市民に向けて「ワシはお前たちには怒ってないよ。貴族たちに苦しめられている仲間だよ」(超訳)という優しい感じのものでした。

これに対し、貴族たちが頭を下げたことで、ようやくイヴァン4世はモスクワへ帰ってきます。そして思うままに統治をするため、強引な手段を用いるようになりました。
中央集権化を徹底しようと、オプリーチニナという秘密警察のような組織を作り、犯行の兆しがある貴族を見つけ出しては処刑していったのです。

とはいえ、こういう組織はほぼ100%の確率で暴走するもの。このときも案の定暴走し、罪のない一般市民や聖職者、真面目な役人までが犠牲になりました。
こうなると、当時にも後世にも「イヴァン4世は恐ろしい人だ」ということしか記憶されないのは当然のことです。

これによってロシアでは「皇帝=逆らえない絶対的な権力者」という認識が広まったのでした。

 

もはや暴君、間違いなし ついには息子も殺してしまう

他にもイングランド女王エリザベス1世に求婚したり、オスマン帝国にケンカを売ったり、ノヴゴロドという都市がまるごと「リトアニアに寝返ろうとしている」と思い込んで虐殺を命じたり、もはや暴君としか言えないようなことばかりしています。

そうこうしているうちにモンゴル系国家のひとつ、クリミア・ハン国から攻められてモスクワは焼かれてしまいました。クリミア・ハン国の公表では6万人、また別の記録では30~80万人もの人が虐殺されたといわれています。
幅がありすぎる気もしますが、これは三国志の時代からおなじみの、残虐さや強さを強調するための脚色でしょうね。
イヴァン4世はここで自らの過ちに気づきました。が、その反省の仕方がオプリーチニナのお偉いさんを処刑するというダイナミックすぎるものだったので、やはり彼の恐ろしい印象は拭えませんでした。なんで1か0かしか考えられないんですかね……。
しかもその後も粛清はしてますし。

家庭内でもかなり暴力的になっており、頭に血が上って跡を継ぐはずだった次男とその妻、そしてお腹にいた子供を殴り殺してしまっています。
さすがにこれは自分でもショックだったらしく、精神的にも肉体的にもボロボロになった皇帝は、三年後に突如死亡。
晩年は息子たちのことや、虐殺した人々にたいして懺悔をしていたこともあったようです。遅すぎるがな(´・ω・`)

自ら殺した息子の遺骸の傍に座るイヴァン4世/wikipediaより引用

もしも最初の妻・アナスタシアがもっと長生きしていたら、イヴァン4世はこんなには荒れず、その後のロシアの歴史は違ったものになっていたかもしれません。
イヴァン4世は8回結婚しているのですが、最初の妻にして最愛の妻だった彼女がいれば、イヴァン4世の猜疑心は史実ほど悪化しなかったように思えます。
もしくは、アナスタシアの他に信頼できる人がいれば、もう少しマシだったのでは……。

人間、一番の敵は他の誰でもなく、自分の内側にあるものなのでしょうね。

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

参考:イヴァン4世/wikipedia

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, ロシア

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.