豊川信用金庫事件とは? 女子高生の一言からパニックとなって取り付け騒ぎへ

 

人間誰しも一度くらいは、他人の噂話や悪口を言ってしまうことはありますよね。
仲間内で盛り上がるくらいならまぁ良いですけれども、巡り巡って本人に伝わったり、もっと深刻な事態を引き起こすことがあるからこそ、「そういうのは良くない」ことなのでありましょう。
本日はそういった実例の中から、多額のお金が関わる一件をご紹介します。

昭和四十八年(1973年)12月8日は、豊川信用金庫事件の元となった噂話が広まり始めたとされる日です。

比較的最近の話ですし、当時をご記憶の方も多いでしょうか。また、後述する諸々の理由で、若い世代でも「それ聞いたことある」と思われるかもしれませんね。改めてこの事件の発端と収束をみていきましょう。

 

「銀行は危ないよ、強盗が来るかもしれない」この一言から……

きっかけはごくごく普通の、日常の一コマでした。
とある女子高生・Aさんが豊川信用金庫への就職が決まり、友人たちに電車内でその話をしたのです。当時は高卒で働く人もかなりの割合でいましたし、銀行となれば安定していると思われていましたから、それ自体は珍しくもなんともないことでした。
しかし、その友人たちが「銀行は危ないよ、強盗が来るかもしれないし、将来性も怪しいし」と冗談で言ったことが、この事件の種となってしまいます。

真面目なAさんは家に帰った後、「信用金庫ってそういうことがあるの?」と親戚に聞きました。
親戚もまた別の人に「あの銀行は危ないのか?」と聞き、いつしか「豊川信用金庫の“経営が”危ないらしい」という話にエスカレート。そりゃ大変だ。
と、ばかりに更に町のおっちゃんおばちゃんたちが井戸端会議で広めてしまい、「豊川信用金庫はもうすぐ潰れるから、すぐに預金を降ろさないと!」と信じ込んだ人たちによって、合計26億円が一気に引き出されました。

こうなると、この騒ぎ自体が銀行を潰しかねません。
豊川信用金庫は「ただの噂なんでウチは大丈夫です」とコメントしたものの、町の人達は「そんなの嘘に決まってる」と思い込み、「職員の誰かが勝手に信金の金を使い込んだらしい」「理事長が責任を感じて自殺したらしい」といった悪質なデマまで流れ、パニックに拍車をかけることになります。

豊川信用金庫本店(2006年)/wikipediaより引用

豊川信用金庫本店(2006年)/wikipediaより引用

 

事態を重く見た日銀が動いてようやく鎮火する

マスコミも「デマだから大丈夫です」という報道を流しました。が、ここまでいくとなかなか収まりません。
事態を重く見た日銀が豊川信用金庫に文字通り札束を積み上げ、さらに豊川信用金庫の理事長が自ら窓口で対応したことで、やっと騒ぎが収まる方向に向かったといいます。

その後、豊川信用金庫は無事に信頼を取り戻し、現在も営業を続けています。この騒ぎから二年後には預金が500億円を突破したとされていますので、まさに「人の噂も七十五日」というところでしょうか。
ちなみに、1973年の事件は同行の沿革には書かれていません。そりゃ書きたくないですよね。

こういった「銀行が危ない」というデマや情報を元に、預金者が一斉に預金を引き出そうとすることを「取り付け騒ぎ」といいます。
豊川信用金庫以外でも例はありますが、この件が最も有名なのは、かなり前にバラエティ番組で再現VTRが流れたからでしょうかね。私も見た記憶があります。
今でもYouTubeで見ることができますね。話の流れが少々異なっていますが、全体的には変わらないので「こまけえこたあいいんだよ」ということで。
どうでもいい話ですが、この再現VTRのクリーニング店主婦役の方がすごい演技力で笑えます。本業の方なんですかね。

 

ネット社会だからこそ安心なのか危険なのか

豊川信用金庫事件は、当時の人の情報源の中で、「ご近所同士の井戸端会議」や「噂話」がかなりの比重だったことを示す例と言えるでしょう。また、悪い話ほど急速に広まる&大げさになる、そして「何度も同じ話を聞くと、真偽がわからなくても事実だと思いこんでしまう」例でもありますね。
そうした面から、「デマが社会に与える影響」のモデルケースとして、心理学や社会学の研究対象になったことも、知名度が高い理由かと。

インターネットが普及した現在、似たような経緯(デマ)が主原因となって、日本でこうした「取り付け騒ぎ」が起こることはほぼない……と言いたいところですが、「金融に関する不安が広まっていた際にデマメールが広まり、騒ぎになった」ことはあります。
最近は一般の人でもすぐ検索して「それってホント? どこのニュースでもやってないよ」という視点ができてきましたので、これからはないと思いたいですね。

むろん即座に実害が出るような騒ぎになるよりは、ネットで炎上して終わり、というケースのほうが多いように感じます。
今後日本で取り付け騒ぎが起こるとしたら、銀行のシステム障害や大規模な天災が起きた場合でしょうか。システム障害もいつ起こるかわからないものなので、まとめて災害扱いにしてしまってもいいかもしれません。

2008年に香港の東亜銀行で起きた取り付け騒ぎ/wikipediaより引用

2008年に香港の東亜銀行で起きた取り付け騒ぎ/wikipediaより引用

豊川信用金庫の一件も、同じ年の10月にトイレットペーパー騒動(※)や洗剤パニック、他行の倒産があったからこそ、ここまで拡大したのでしょう。

まあ、東日本大震災のときも慌てすぎて不要な買いだめをして、食品などを無駄にしてしまった人がいたといいますから、豊川信用金庫事件の関係者を笑えませんね。

災害は仕方ないにしても、人災が加わってより大きな混乱を招くことのないように、日頃から備えておきたいものです。

長月 七紀・記

(※)第四次中東戦争による原油の高騰+政府からの「紙節約のお願い」+スーパーやマスコミのアオリで全国的にトイレットペーパーの買い占めが起きた事件。収まったのは1974年春頃なので、豊川信用金庫事件のときも並行して起きていた

参考:豊川信用金庫事件/wikipedia 取り付け騒ぎ/wikipedia

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る