日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた 藤原家

藤原伊周(これちか)と長徳の変 女性関係がキッカケで法皇に矢を放ち、藤原道長に負けたスーパーエリート貴族

更新日:

 

一度上りつめれば権力安泰!……とはいかないのが政治の世界です。
諸々の理由で地位を追われたり、ブッコロされてしまったり、はたまたもっとひどい目に遭うことも珍しくありません。本日は古代の日本において、そんな運命をたどったある家のお話です。

寛弘七年(1010年)1月28日は、藤原伊周(これちか)が亡くなった日です。

彼についての印象は、「誰ソレ?」という人と、「道長に負けた人だっけ?」という人の真っ二つに分かれるでしょうね。教科書に載っているのがそのくらいなので仕方ありません。
が、彼とその兄弟たちの生涯は「一族揃ってお祓いでもしてもらえ」と言いたくなるようなものでした。

まずは伊周からいきましょう。

 

道長たちを飛び越え内大臣となる

伊周は、藤原北家の当主だった道隆の三男として生まれました。長兄・次兄は正室の生まれではなかったため、伊周は幼い頃から次期当主として育ったものと思われます。
父・道隆のことを「中関白」とも呼ぶので、藤原北家の道隆系は「中関白家」とも称します。歴史的には「道長のライバルだった家」くらいの感じでしょうか(ちなみに道隆と道長は兄弟ですので、伊周にとって道長は叔父に当たりますね)。

当時は中関白家の絶頂期で、伊周も11歳で元服してからトントン拍子に官位も上がっていきました。特に父が一条天皇の摂政に、妹の定子が中宮になってからは、異例ともいえるスピードで昇進していきます。18歳のときには妻の父から譲られたとはいえ、権大納言になっているのですから、その異様さがうかがえるというものです。いやいや、まだ終わりません。

20歳のときには、父のゴリ押しで道長たちを飛び越えて内大臣にまでなっています。
この官位がどれほどのものかというと……徳川家康が53歳のとき、豊臣秀吉の推挙で就いたのが内大臣です。秀吉の最晩年から大坂の役が終わるくらいまでの家康のことを「内府(だいふorないふ)」と呼ぶことがあるのは内大臣の中国名からきています。
そんな高い地位に、まだまだ若造がついたのですから、道長や藤原氏の他の面々はもちろん、公家のあっちこっちから恨みや妬みを買っていたであろうことは想像できます。
そしてこれが後々、伊周自身を苦しめることになってしまうのです。

父・道隆は長徳元年(995年)に糖尿病が悪化。最後の最後まで伊周をゴリ押しして「私がやっていた仕事を、伊周にそのまま引き継がせてほしい」と言い残しました。
一条天皇としては『そうはいっても、身分上、一度は道隆が目を通してくれないと困るんだけど(´・ω・`)』と思い、まずは道隆に書類を回した後、伊周が見るという形式を取るよう命じます。が、ノリノリの伊周としてはこれを不服に思い、その気持を隠そうともしませんでした。
ようやく言い分が認められた後も、伊周は「節約のために服の裾の長さを統一しよう」などといった無茶苦茶な政策をやろうとして、またしても貴族たちの不評を買います。

こうして不穏な空気が漂う中、道隆が亡くなりました。
関白と藤氏長者(藤原氏のトップ)の座は、道隆の弟である道兼(伊周の叔父)が引き継ぐものの、道兼もまた病ですぐに亡くなってしまいます。

こうなると政局が混乱するのは当たり前で、伊周と道長は熾烈な政争を繰り広げることになりました。ときには宮廷で激しく口論し、その声が御殿の外まで聞こえることもあったといいます。それにしたがって従者たちもお互いに憎み合うわけで、伊周のすぐ下の弟・隆家の従者と、道長の従者が町中で大乱闘になり、道長の従者が殺されるという事件まで起きました。
さらに、伊周の母方の祖父・高階成忠が道長に呪詛をかけている、という噂まで立っています。現代なら「オカルト乙」で済む話ですが、当時「他人に呪詛をかける」というのはお咎めを受けてしかるべきことでした。
伊周に自覚はなかったでしょうが、彼は着々と破滅に向かっていたのです。

 

スポンサーリンク

花山法皇に矢を放ってしまった……って、えっ?

伊周の処遇はどうなるのか――。一条天皇としても迷っていたようですが、母の東三条院詮子が日頃から伊周のふるまいを苦々しく思っていたため、「あんなのを関白にしないでください!!(`;ω;´)」と泣いて説得したのだとか。
天子といえど、カーチャンには勝てないんですかねぇ。

こうした不穏な情勢の中、さらに事件が起きてしまいます。
先代の天皇である花山法皇に、伊周と隆家(の従者)が矢を放ってしまったのです。

物騒な上に不敬にもほどがありますが、詳細も割と間抜けな上にシャレにならない話でして……。
花山法皇は、ときの太政大臣・藤原為光の四番目の姫に心を寄せて、お忍びで屋敷に通っていました。運の悪いことに、伊周は同じく為光の“三番目”の姫の元に通っていたのです。
この姫たちは二人とも為光の継室(二番目の正室)から生まれており、同じ屋敷に住んでいました。そのため、伊周は「俺が目をつけた姫に、別の誰かが迫っている。許せん!」と頭に血を上らせてしまい、従者に命じて射掛けさせてしまったのです。

ほとんど明かりのないところで、しかも仏門に入ったはずの法皇が相手とは思わなかったとはいえ、これはマズすぎる失態でした。しかも、矢の一本は花山法皇の袖を貫通したといわれています。
花山法皇は出家の身で女性の元に通っていたことに対して後ろめたさと、初めて命の危険を感じた恐ろしさとで口をつぐんでいましたが、こういうことほど真相がバレるのは早いものです。

伊周と隆家が青ざめた頃には、とき既に遅し。道長は早速、伊周の追い落としにかかります。
結局は一条天皇が「この件は私の裁量で裁くから、先走らないように」と道長に伝えたのですが、どのみち末路は同じでした。花山法皇の一件から一ヶ月と少し経った頃、伊周は太宰府に、隆家は出雲権守に左遷され、中関白家の他の人々や、母の実家である高階家なども罰せられています。

この一連の騒動を「長徳の変」とも呼びます。
テストに出るかどうかはビミョーなところですが、道長関連の用語ですので、学生の方は一応見ておくとよさそうです。

 

病気だから太宰府には……他にも……って往生際が悪い!

伊周は病気と称して太宰府への出発を拒んだとか、父の墓や藤原氏の氏神である春日大社に詣でてから出発したとか、いろいろいわれています。
後者なら殊勝なことですが、前者はただの悪あがきですね……。

しかも、出発した後も「母が病気だから心配で」という公人としてはダメすぎる理由で、こっそり京都に戻ってきています。このときは出産間近のため、実家に戻っていた定子の屋敷に潜んでいました。当然バレ、ひっ捕らえられて太宰府に送られています。
定子がこのときショックのあまり、身重の体ながら自らはさみで髪を切り、出家してしまった……等々の流れは、以前こちらの藤原定子の記事でもお話しましたね。
(細かい政治事情や兄のアレっぷりを知らなかったであろう)定子の側から見ると悲劇なのですが、上記のような伊周の言動を知ってしまうと、「自業自得じゃね?」とも思ってしまいます。

翌年、東三条院の病気快癒のために大赦が行われ、伊周と隆家も許されて京都に戻っています。
しかし、留守の間に道長の立場は絶対的なものになっており、中関白家の隆盛を取り戻すことは不可能になっていました。既に道長の娘・彰子が中宮になって「一帝二后」が成立したことで、さすがの伊周も自覚したことでしょう。
定子も3人目の子供である内親王の出産で亡くなったとき、伊周は大いに悲しんだといわれています。
中関白家は情の濃い人が多かったらしく、身内の死去に関する逸話がたびたびみられます。なのに、なぜ他人の視線や心象が心に留まらないのかが不思議ですが。

一方、東三条院は大赦の後も体調が良くならず、伊周を元の位である正三位に戻すよう一条天皇に促しました。しかし、最愛の皇后を苦しめた原因である伊周を、一条天皇はどうしても許せなかったようです。
道長が「そろそろ伊周を復位させてもよろしいのでは?」と奏上したときも、一条天皇は激怒したといわれています。
一条天皇からすれば、「あのアホのせいで、せっかく皇子を授かったのに定子は落飾してしまった。きっと三回目の出産であんなことになったのも、伊周の行いに対して神仏がお怒りになったからに違いない。おのれ!!!!」ってなもんだったでしょうからね……。

それでも長保五年(1003年)に伊周は従二位になっているので、この頃には一条天皇の怒りも解けていたようです。
道長と交流した話もあり、少しは関係が改善したものと思われます。
こうしてみると、道長割とイイ奴ですね。当社比もとい教科書比ですが。

また、定子が亡くなったとはいえ、その子である敦康親王はまだ皇位継承第一位だったので、他の貴族も伊周の機嫌を伺うようになりました。
しかし、彰子が敦成親王(後の後一条天皇)を産むと、道長は態度を豹変させ、他の人も右にならえとばかりにそっぽを向きます。母の実家の事情がものを言う、この時代の政治事情がよくわかりますね。

 

藤原伊周のきょうだいたち

その後もKYな言動や呪詛疑惑などで立場の浮上と沈下を繰り返した後、伊周は36歳で亡くなりました。
娘二人には「宮仕えをして親に恥をかかせるようなことをしてはならない」、息子には「人の言いなりになりながら出仕するくらいなら出家しろ」といった遺言を残していたとか。
「お前が言うな」とツッコミたくなりますけれども、自覚があったからこそ、子供たちにはもっと穏やかに生きてほしいと思ったのかもしれませんね。

そんなわけで半分は自業自得、半分は運の無さで不遇をかこった伊周でしたが、他のきょうだいたちも似たようなものでした。
定子については別の記事がありますので、他の人についておおよそ上から順に、簡単にご紹介していきましょう。途中「?」がついているのは、生年不明の人です。
藤原北家の出で生まれた年がわからない人がいる、というのは意外ですね。

・長庶子 道頼
庶子ながらに兄弟の中でも一番の美形で、将来を期待されていたそうですが、長徳元年(995年)に25歳の若さで亡くなりました。
伊周絡みの不運に見舞われなかったのが最大の幸運……といっていいのかどうか。

・次男 頼親
伊周よりも昇進が遅いため、正室生まれではないと思われます。
そうこうしているうちに家全体が没落したため、やはり不遇のまま、伊周と同じ寛弘七年(1010年)に38歳で亡くなりました。

・四男 隆家
前述の通り、伊周とともに花山法皇に矢を放つなどの罪で中央を追われた人です。その前から荒くれ者として有名だったそうなので、元々血の気が多かったのでしょうね。
許されてからは比較的真面目に働き、自ら大宰府に行って大陸からの海賊対策などもしています。
が、隆家の帰京後に都で天然痘が大流行し、「隆家が海賊からもらってきたんじゃないの?」という不名誉な噂を立てられました。火のないところに煙は立たぬといいますし、何かしらの理由で不信感を持たれ続けていたのでしょうね。
この時代の中関白家の中では一番長生きしており、寛徳元年(1044年)に65歳で亡くなっています。
「ヤンキーが更生して真面目に仕事をするようになり、結果として長生きした」という感じでしょうか。

・次女 原子
一条天皇の次の代である三条天皇の后になった人です。
しかし伊周らの失脚によって後見者を失い、子供にも恵まれず、長保四年(1002年)に突然血を吐いてそのまま亡くなったといわれています。
あまりにも不自然なので、当時から毒殺されたのでは……といわれていたとか。

・五男 隆円
幼いころに出家し、一条天皇の側近として仕えていました。枕草子にも「僧都の君」としてたびたび登場しており、定子とのエピソードもよく知られています。
伊周・隆家のいる中は定子の側でよく励ましており、定子が亡くなったときも、大雪のなか棺につきそったとか。

・三女 頼子
詳細不明です(´・ω・`)
それだけ平々凡々な生涯を送れた……ということならいいのですが。時代的に、夭折した可能性も高いですね。

・四女 御匣殿(みくしげどの)
中宮時代の定子に仕え、薨去間際の定子に皇子女の養育を任されていました。
そのうち一条天皇に愛され、懐妊したのですが、出産前に亡くなっています。
相次ぐ寵妃の死に、一条天皇はひどく落胆したとか。御匣殿が亡くなってから彰子との子供が生まれるまでに6年ほどの間があるのですが、これは一条天皇が心の傷を癒すのにかかった時間なのかもしれません。

・六男? 周家(ちかいえ)
真面目に仕事をしていたっぽいのですが、あるとき周家の物を盗もうとした家臣にブッコロされてしまっています。
中関白家でも一・二を争う不幸ぶりです。
よほどその家臣がアレな人だったのか、周家が日頃から恨みを買っていたのか……。

・七男? 周頼(ちかより)
サボりすぎてクビになった、という異例の公卿です。マジで。
しかも一度は真面目になったのに、晩年に再びクビになっています。
どうも、中関白家には時折血の気の多い人や不可解な行動をする人が生まれるようです。晩年の頃は病気か何かで出仕できなくなっていたのかもしれませんが、それにしたって……ねぇ。

・八男? 好親(よしちか)
道隆の子供としてはおそらく末っ子と思われる人で、中関白家が没落してから出仕しています。
かといってまともかというとビミョーなところで、三条天皇の行幸についていくはずだったのにサボったりしているのですが。
晩年は出家しているあたりがなんともいえません。

……というわけで、きょうだいのうち半分以上が不遇の死を遂げていることになります。
物忌みやら魔除け・病気快癒の祈祷やらがしょっちゅう行われていたこの時代、これほど不幸に見舞われて何もしなかったというのが信じがたいほどです。
それだけ平安貴族が荒っぽかったということなんですかね。
やっぱり怖いぞ平安京。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:藤原伊周/Wikipedia

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた, 藤原家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.