高階貴子

左下の女性が高階貴子で右の男性が藤原道隆(枕草子絵詞より)/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

高階貴子~道隆の妻で定子の母はどんな女性だった?光る君へ板谷由夏

平安貴族の頂点と言えば藤原道長ばかりがイメージされますが、その直前に権勢を振るっていたのが兄の藤原道隆

関白となり、娘の藤原定子を入内させる――。

今回注目したいのは、その道隆の妻であり、定子の母である高階貴子(たかしなのきし/たかこ)です。

大河ドラマ『光る君へ』では板谷由夏さんが演じる、いわゆる才媛タイプの女性で、今なお彼女の名を高めている歌が『百人一首』に収められています。

ロマンチックな和歌として知られる、この一首です。

忘れじの 行く末までは 難(かた)ければ 今日を限りの 命ともがな

「いつまでもあなたのことは忘れない」

あなたはそう言うけれど、その約束がずっと変わらないことは難しいでしょう。

だからいっそ、その言葉を聞いた今日、命が尽きてしまえばよいのに……。

『新古今集』に収められ、『百人一首』では「儀同三司母(ぎどうさんしのはは・藤原伊周の母)」として再録されたこの歌。

なんて優しいのか、技巧に頼らず素直だな……と現代人の胸にも響きそうですが、同時に、幸せの絶頂にある中でどこか不安も感じさせる内容でもあります。

それは一体なぜなのか。

高階貴子の一生を振り返ってみましょう。

 


才女として、貴公子にみそめられる

円融天皇の時代、高階貴子は内侍として出仕していました。

高階家はさほど身分は高くはなく、貴子の生年も不明ながら才知あふれる女性であり、やがて和歌や漢籍の知識が周囲に知られるようになってゆきます。

そして中関白の藤原道隆に見初められました。

※以下は藤原道隆の関連記事となります

藤原道隆
なぜ藤原道隆は弟の道長に権力の座を奪われたのか?光る君へ井浦新

続きを見る

朗らかで明るい性格な道隆は、酔って乱れてしまう様もあり、そんなところも好ましい人物です。

しかし、当時の貴族社会は、男性が女性のもとへ足を運ぶ「通い婚」の時代。

藤原北家の貴公子・道隆に愛されることは幸せの絶頂と言える一方、それがいつまで続くのかもわからない。

幸せと不安を同時に抱えながら、貴子の愛は実ります。

道隆の妻となり、彼女は複数の子を産みました。

藤原伊周(974-1010)

藤原隆家(979-1044)

藤原隆円(980-1015)

藤原定子(977-1001)

他3女

時の権力者・藤原隆家の妻として、子に恵まれ、その子も栄達してゆき、貴子は永遠の幸せの中にいるようにも思えます。

しかしそれは、長くは続きません。

 


娘・定子が一条天皇の寵愛を受ける

高階貴子の夫・道隆は、順調に出世を重ね、永延3年(989年)には内大臣、永祚2年(990年)に関白、そして摂政となりました。

夫妻の間に生まれた藤原定子は美しく、才知あふれる女性として育っていく。

そして同年、定子は一条天皇の中宮とされます。

なぜ藤原定子は自ら髪を切った?一条天皇の愛に支えられた儚き一生

続きを見る

更なる高みへ歩み始めた道隆の一族――こう書くと素晴らしいようで、当時の貴族たちは暗い予感を抱いてもおかしくはありません。

彼らは白居易の『長恨歌』をこよなく愛していました。

そこに描かれているのは、玄宗に寵愛される楊貴妃の姿。

あれほど美しく愛された楊貴妃であっても、運命は儚いものだった……いや、愛されたからこそか……という教訓も含んだ詩。

そんな伝説的な寵愛を彷彿させるような愛を、定子は受けていました。

白居易
『長恨歌』の作者・白居易は史実でどんな人物だった?水都百景録

続きを見る

定子が一条天皇から深く愛されると、兄弟たちも華々しく出世してゆきます。

嫡男である藤原伊周は正暦3年(992年)、わずか19歳で権大納言へ上り詰め、さらに翌年には内大臣となる。

まさに楊貴妃とその一族を思い起こさせるような出世ぶりであり、栄華は貴子の父・高階成忠まで及び、従二位と朝臣の姓まで賜ります。

しかし、です。

やはり栄華とは儚いもの。長徳元年(995年)、夫の道隆が病で没すると、一族に翳りが見えてきました。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×